定額制音楽配信サービス、dヒッツのイメージ画像

定額制音楽配信サービス、dヒッツのイメージ画像

【前編】J-POP好きのための音楽配信
サービス紹介! dヒッツ、Apple M
usic・・・一体どこがいいの?

ストリーミング再生で音楽を好きなだけ聞くことができる定額制の音楽配信サービスが、いま話題となっている。スマホから気軽に音楽を楽しめ、手軽にはじめられるということもありdヒッツ / KKBOX / LINE MUSICなどの定額制音楽配信サービス市場は今後もさらに拡大する見込み。

しかし、日本での定額制音楽配信ブームの一方で、新たなサービスの登場にユーザーらは困惑している。実際に登録したのは良いけれど「自分にあったサービスがわからない」「聞きたい音楽に出会えなかった」といった声も耳にする。後悔しないためにも入会する前に知っておきたいのは、やはり“自分にぴったりの音楽配信サービス”だろう。

今回は、dヒッツ / Apple Music / KKBOX / LINE MUSIC / AWA / Google Play Music / Amazon Prime Musicの激化する定額制音楽配信サービス主要7つの中から、実際に公開されている配信曲のアーティストのカバー率などを参考に各社のサービスを比較。「J-POP好きのための定額制音楽配信サービス」を調査した。

定額制の音楽配信サービス、各社の特徴

2015年にLINE MUSICやApple Musicなどの音楽配信サービスがリリースされ、定額制の音楽配信サービスはCDやダウンロードに並び、音楽を聴く手段の一つとして認知されつつある。

同年いち早くサービスに参入したAWAは、一般のユーザーが公開したプレイリスト数が350万件以上に達しており、シーンにあわせて音楽を楽しみたいユーザーに適したサービスで洋楽のラインナップも豊富だ。

iPhoneユーザーが増加した近年では、Apple製品と同期できるApple Musicが最もなじみのあるサービスと言っても過言ではない。またLINEユーザーにとって非常に利便性が高いLINE MUSICは、“音楽をLINEする”という新感覚の発想が話題を呼び、新たなコミュニケーションとして若者の注目を集めた。

この年には「Google Play Music」「Amazon Prime Music」の他にも台湾から「KKBOX」が上陸するなど、すでに海外で流行していた定額制音楽配信サービスが日本で普及するようになった。そんな中、国内でいち早く定額制音楽配信サービスに目を付けていたのは、今年で5年目を迎えるdヒッツ。

NTTドコモが提供する同サービスは2012年からスタート。現在では2015年オリコンアーティストトータルセールスランキングtop100の配信アーティスト数No.1(2016年8月インプレス総合研究所調べ)を誇っており、国内の人気アーティストの楽曲はほとんどカバーしていると言っていい。サザンオールスターズ、DREAMS COME TRUE、ONE OK ROCKなど、CD発売前の先行配信や独占配信を行っているアーティストも少なくない。

国内で人気の配信アーティスト数No.1を
誇る“dヒッツ”

選べる9つのプログラムと自動でオススメの楽曲を提案してくれるレコメンド機能があるdヒッツは、再生楽曲の傾向からユーザーにぴったりの曲が自動で選出される仕組み。これだけ充実しているサービスであれば、J-POP好きは登録しない理由がない。今回は「J-POP好きのための定額制音楽配信サービス」を紹介と言うことで、オリコン2015アーティストトータルセールスランキングtop100の配信アーティストをもっともカバーしている、同サービスの魅力に迫る。

選べる9つのプログラムと“myヒッツ
機能”

選べる9つのプログラム

・新曲
・アーティスト
・タイアップ
・恋うた
・特集
・年代別
・ジャンル
・キモチ
・シュチュエーション
豊富な楽曲ラインナップのほかにも、dヒッツはオフラインでも利用できる“myヒッツ機能”が用意されており、事前に楽曲を登録し一度キャッシュを残しておけば機内モードやトンネルの中など、通信環境のないシーンでも音楽を聴くことが可能。その際、パケット代がかからないというのも、日常でネットを利用する方にとっては非常に嬉しいポイント。ドコモ以外で契約している方も同サービスが利用できるため、携帯キャリアを気にしていた方も安心だ。

懐かしのアーティストから新曲まで聞き放題となっている同サービス。年代別やキモチで選べる全9つのプログラムも用意されており、音楽を聴きながらその歌詞が表示できるのも魅力のひとつだ。

基本的には月額500円(税抜)で聴き放題となっているが、dヒッツは現在初回31日間無料のキャンペーンを実施中。まずはサービスの使い心地を試したいという方は、この機会にお試しで登録してみてはいかがだろうか。
Text by 後藤千尋
[PR] NTTドコモ
定額制音楽配信サービス、dヒッツのイメージ画像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着