奄美の歌姫・城 南海 7年ぶりに出身
地にてワンマン開催!!

奄美民謡「シマ唄」のグイン(こぶし)が印象的なその圧巻の歌声で、テレビにイベントにと各所で活躍する城 南海が、出身地である奄美大島にある奄美観光ホテル3階孔雀の間で「ウタアシビ2016秋」を9月18日(日)開催した。

城 南海がワンマンライブを行うのは2009年のデビュー以来約7年ぶりとなり、本人登場とともに客席にウェーブが起こるなど、会場は熱気に包まれた。

アカペラから始まり圧倒の歌声で聴き惚れた『サンサーラ』(フジテレビ系「ザ・ノンフィクション」エンディング・テーマ曲)のほか、『ただ一つ』(名匠イ・ビョンフン監督の韓国ドラマ「馬医」のテーマ曲に日本語詞をつけカバーしたもの)などをしっとりと歌い上げる城 南海。

シマ唄の唄者 向 珠理(むかい じゅり)と三味線片手に披露した『朝花節』をはじめ、「先輩の曲を歌わせてください」と披露した中 孝介『花』のカバーなど、奄美に纏わる楽曲を中心に12曲を演奏した。

本編最後では、愛を紡ぐという意味と奄美大島の大島紬にかけたタイトルでもあるというデビュー曲「アイツムギ」を一言一言語りかけるように歌い、集まった約300名のファンを湧かせた。

また、この日のMCでニューアルバムについての話も飛び出し、タイトルが「月下美人」であることも発表。月下美人は、ほとんどの花が一年に一晩しか咲かないという、奄美に咲く花の中でも儚く神秘的な存在だという。収録楽曲などの詳細は後日発表されるそうなので、こちらの続報も楽しみに待とう。

■2016年9月18日(日)
「ウタアシビ2016秋」セットリスト

1.朝花節
2.サンサーラ
3.月と月
4.ただ一つ
5.木蘭の涙(カバー)
6.花(カバー)
7.国直よね姉節
8.アカツキ
9.七草の詩
10.アイツムギ
11.祈りうた~トウトガナシ~
12.ワイド節

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着