ユナク&ソンジェ(超新星)、B1A4、VI
XXほか人気アーティスト集合!「スポ
ーツ・オブ・ハート・ミュージック
フェス2016」

そして本公演のトップバッターは超新星のユナクとソンジェ。日本で人気を誇る彼らだけに会場のテンションはいきなりハイに。「クリウンナレ~君に会いたくて~」「Stupid Love」といったグループの曲はもちろん、それぞれのソロアルバムからも数曲披露してまるで単独コンサートのようなステージを繰り広げた。



続いて登場したのはB1A4。「Beautiful Target」「Lonely」「SOLO DAY」などヒット曲満載のステージに大歓声。最近ソロアルバムをリリースしたメンバーのサンドゥルは「久しぶりにB1A4としてステージに立つことができて嬉しいです」とコメント。同調するようにファンも大きく声をあげた。




次に登場したAprilは「MUAH」「Tinkerbell」なとを可愛らしさたっぷりにパフォーマンス、男性ファンの心をつかんだ。最後には所属事務所の先輩グループKARAの「ジェットコースターラブ」をカバー。最後にジンソルは「寂しい」と言って名残惜しそうにステージを後にした。


ステージ中央にDJブースが置かれEPIK HIGHのパフォーマンスがスタート。「Born Hater」「Fly」「Love Love Love」などで会場を自身の世界観に引き込んだ。タブロは「ほかの素敵なアーティストのステージも楽しんでくださいね」とラストのVIXXにバトンタッチ。



そしてトリをつとめるVIXXが登場。エンが「皆さん声は大丈夫ですか?期待してますよ」と客席をあおり、「Dynamite」「Fantasy」「Love me do」などを披露。アンコールでは「Heaven」を熱唱し、豪華アーティスト共演の祭典は幕を下ろした。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着