榊原ゆいさん

榊原ゆいさん

「CHAOS;HEAD」挿入歌「罪過に契約の
血を」を歌う榊原ゆいさんのオフィシ
ャルコメントが到着!

PCゲームメーカー・Nitroplusと音楽制作&コンシューマゲームメーカー・5pb.がタッグを組んで完成した話題のPC用妄想科学ノベルゲーム「CHAOS;HEAD」。その挿入歌として、6月25日にリリースされる「罪過に契約の血を」を歌う榊原ゆいさんのオフィシャルコメントが到着! 作品中に登場するロックバンド“ファンタズム”のヴォーカル“FES(岸本あやせ)”として歌う彼女が語る今作の魅力とは?
--------------------------------------------------------

<榊原ゆいさんオフィシャルコメント>


 今回のシングルの表題曲になっている挿入歌「罪過に契約の血を」は、どこか不思議な感じもあり、力強い感じもあり、ダークなイメージの曲なので、難しい歌だなと思いました。こういう系統の曲は、歌ってきた中ではなかったんじゃないかと思います。
 今回は、作中のバンド“ファンタズム”のボーカルFES(岸本あやせ)として歌っているんですけど、ストーリーの中で、私の演じている岸本あやせが作詞をしたという設定になっているんです。みんなに自分の心の叫びを聞かせたいという意味合いのある歌だったので、岸本あやせとして、どうやって歌うかを悩みました。上手く表現するとか、自分として歌う以外にプラスαも必要な曲だったので、楽しかったですね。
 歌い方もいつもと変えて、あくまでも作品の世界観を崩さないように、岸本あやせとしての静かに凛とした感じを出しつつ、少し低めのトーンで…、でもサビに入ったらメッセージ性がドーンとのっかるように重みのある感じをイメージして歌っています。

 カップリング曲は、作品のエンディングにもなっている「グラジオール」という曲なんですけど、グラジオールという言葉自体、かなり重要なキーポイントになる単語なんですけど、こっちの方が微妙に怖い感じ。この曲は特に岸本あやせで歌ってくださいと言われたわけではないんですけど、やっぱり少し岸本あやせを意識した歌になっていて、どっちの曲も世界観はうまく統一されていると思います。

 私自身、いつも自分のやりたい事を真剣に、カッコ良く、可愛く、「どうだ!」って見せられるかを考えているので、今回の岸本あやせも、これまで榊原が見せた事のなかった一面を見てもらえる役だと思います。是非ゲームも歌も楽しんでいただければ嬉しいです。


(C)2008 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着