アリーシャ、アルバム・リリースに先
駆けた来日ライヴで観客を釘付けに!

2月20日(水)にアルバム『ファイアード・アップ』でソロ・デビューを果たす元ミスティークのアリーシャ。そんな彼女が、アルバム発売に先がけ1月21日(月)渋谷duo Music Exchangeにてショウケース・ライヴを行った。
まずは、開場したフロアをDJ MAYUMIが幅広い選曲とマイク・パフォーマンスで徐々に温めると、スクリーンにアリーシャのミュージック・ビデオが映し出され、マッチョなダンサー2名を従えたアリーシャがついに登場!
“モデル顔負けの10頭身”の異名、それが過言ではないことは、彼女を目の当たりにした会場中の誰もが思ったに違いない。そのゴージャスなルックスに、男性だけでなく女性陣からも羨望の眼差しが注がれた。そして、オープニングでミスティーク時代の大ヒット曲「スキャンダラス」を披露すると、会場の熱気は一気に頂点へ!
ロック、ヒップホップ、R&B、レゲエ、クラブ・ミュージックといった多種なジャンルを取り入れたアルバム『ファイアード・アップ』の中から、“ラガマフィン調変形ラップ”と得意のダンス(アリーシャがミュージック・ビデオ出演したN.E.R.D「She Wants To Move」も飛び出す始末!)を次々に披露すると、会場はたちまちダンスフロアと化した。また合間のMCでは「アリガト」「アイシテル」「サ・ワ・ゲ!」と流暢な日本語を連発し、会場をさらに盛り上げる一幕も。
ラストにリード・シングルとなる「Lipstick」をパフォーム、終盤にニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirits」に差し替え、これでもかと盛り上げたライヴは大盛況の内に幕を閉じた。

誰もがうらやむ美貌に、気さくで明るいキャラクター、ジャンルを超越した多彩な楽曲とそれに負けない歌唱力という3拍子揃った彼女の今後の動向から目が離せません!

アーティスト

タグ

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    新着