完全実写で話題の映画『美女と野獣』
ビルボードTOP100初登場3位など驚異
的な記録を驀進中のサントラ英語版が
ついに発売!

ビルボードTOP100初登場3位!15か国のiTunesにて1位!主題歌「美女と野獣 / アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド」のMV再生回数は2週間で3,000万回!という驚異的な記録を驀進中の、サウンドトラック英語版が本日いよいよ発売!

全米では3月10日にサウンドトラックが発売され、3/16付けビルボードTOP200チャートに初登場3位で登場。

さらに15ヶ国のiTunesで1位にランクイン。

アルバムに収録されている主題歌「美女と野獣 / アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド」のミュージック・ビデオの再生回数は2週間で3,000万回を記録。

美女と野獣の音楽が世界中の人々を魅了している中、ここ日本でもサウンドトラック英語版がついに発売された。

主題歌には、最も音楽界で急上昇中のアーティストとして世界中のメディアから注目され、ヒット曲を連発し、グラミー賞のノミネートの実績も持つアリアナ・グランデと、グラミー賞10個、アカデミー賞の受賞経験もあり、数々ヒットアルバムを生み出した実績を誇るシンガーソングライター/ミュージシャンのジョン・レジェンドがタイトルトラックの「美女と野獣」をデュエットで新たにレコーディング。映画のエンドロールにて披露されている。

名曲「美女と野獣」は、ディズニーが長編アニメーション映画化の際にセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンによって歌われ、1991年にアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞を獲得。

さらに、グラミー賞5回受賞し、数多くの大ヒット曲を持つあのセリーヌ・ディオンが、今回ディズニーの実写映画『美女と野獣』のために、オリジナルの新曲「時は永遠に」もサウンドトラックに収録。

アカデミー賞を8回受賞しているアラン・メンケンが作曲を(「リトル・マーメイド」や「アラジン」)、歌詞を、アカデミー賞を3回受賞しているティム・ライス(「ライオンキング」や「エヴィータ」)が手掛けたこの新曲「時は永遠に」は、人生のかけがえのない時間を決して手放したくないという気持ちを歌った感動的なバラード。

楽曲は部分的に映画全編に渡り流され映画の挿入歌として使われ、セリーヌ・ディオンが歌うフルバージョンはこちらも映画のエンドロールにて披露。

さらにもう1曲の新曲は、トップセールスを誇るアーティストであり、ソングライターのジョシュ・グローバンが新曲「ひそかな夢」をレコーディングし、サウンドトラックに収録。「Evermore」は、映画の中で野獣(ダン・スティーヴンス)がベル(エマ・ワトソン)を彼女の父の元に戻した後に歌うバラード。

もちろんこちらも作曲はアラン・メンケン、作詞をティム・ライスが手がけている。

Disc1にはこれら楽曲を含む歌もの楽曲完全収録!そしてデラックス・エディションのDisc2にはスコア楽曲を収録。さらに初回盤にはエマ・ワトソンの特製ポスター&スリーブ仕様という史上最強のサウンドトラックが完成。

そして、プレミアム吹き替え版に参加した豪華キャストの参加したサウンドトラック<日本版>が4月19日に発売。

『美女と野獣』の音楽に期待の声が高まっている。

映画は先日全米で3月17日映画が公開され、グローバルボックスオフィスで1位を獲得。日本では4月21日全国ロードショー。

『美女と野獣』は、映画とサウンドトラックが、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメント作品の名に恥じない素晴らしい仕上がりになることが期待される。

ミュージック・ビデオ
『アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド / 美女と野獣』


ディズニー最新作「美女と野獣」に関して
魔女によって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること―。

だが、野獣の姿になった彼を愛する者などいるはずがなく、独り心を閉ざして暮らしていた。そんな絶望の日々に変化をもたらしたのは、聡明で美しいベルという女性だった。

自分らしく生きながらも、周囲から「変わり者」と呼ばれ心に孤独を抱えていた彼女は、外見に囚われ本当の自分を見失っていた王子を少しずつ変えていくが・・・。

はたして、その出会いは王子の運命を変えることができるのか…

©2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着