FLEETWOOD MACのリンジー・バッキン
ガム&クリスティン・マクヴィーが、
デュオ・アルバムをリリース!

来年2018年にも、ラスト・ツアーを行うと噂されているFLEETWOOD MAC(フリートウッド・マック)の、リンジー・バッキンガム(Gt&Vo)と、クリスティン・マクヴィー(Key&Vo)が、Lindsey Buckingham/Christine McVie名義のデュオ・アルバムを、リリースする。
既に、2曲の新曲、”In My World”と“Feel About You”が公開されており、前者は、リンジー作、後者は、リンジーとクリスティンの共作となっている。FLEETWOOD MACでも、多くの名曲を作り上げてきたリンジーとクリスティンによる楽曲なので、その音楽性はFLEETWOOD MACそのもの、、、どころではなく、実は、このアルバムのドラムと、ベースは、それぞれ、ミック・フリートウッド、ジョン・マクヴィーが参加している。つまり、レコーディング・メンバーは、スティーヴィー・ニックス(Vo)不在のFLEETWOOD MACそのものなのだ。
このアルバムは、当初、黄金期FLEETWOOD MACのラインナップとしては、87年の「Tango in the Night」以来となるニュー・アルバムとなるはずであった。ところが、スティーヴィーが、ソロ・アルバムとツアーの予定を優先させた為、本作はスティーヴィー抜きでレコーディングが進められ、リンジー&クリスティンのデュオ名義でリリースされる事となったのだ。
昔からFLEETWOOD MACは、スティーヴィー、リンジー、クリスティンの3人のシンガー、ソング・ライターがそれぞれの曲を持ち寄る形でレコーディングする形態が主流だったので、スティーヴィが居ないからといって、他の曲のクオリティが落ちる事は無い。勿論、スティーヴィ抜きでFLEETWOOD MACは成立しないという事実があるからこそ、アルバムの名義が、この様な形となった訳で、その点ではスティーヴィの不在の影響は大きい。しかし、現在でもスティーヴィはFLEETWOOD MACの一員であり、今後のライヴも予定されているので、ファンは安心して(?)この、リンジー&クリスティンの新曲の数々を楽しんでいただきたい。
Lindsey Buckingham/Christine McVie1.Sleeping Around the Corner、2.Feel About You、3.In My World、4.Red Sun、5.Love Is Here to Stay、6.Too Far Gone、7.Lay Down for Free、8.Game of Pretend、9.On with the Show、10.Carnival Begin
" target="_blank">
リンジー・バッキンガム/クリスティン・マクヴィー<SHM-CD>
タンゴ・イン・ザ・ナイト エクスパンデッド・エディション<SHM-CD>
バッキンガム・ニックス (生産限定紙ジャケット仕様)

LiveLand

LiveLandはHR/HMを中心とする音楽情報を配信しています。音楽を聴いたり、ライブやコンサートに参加した時に感じる「なにか」を言葉で伝えています。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着