神様、僕は気づいてしまったのドラマ
“あなそれ”主題歌が初登場1位!続
いて、亀と山P、安室奈美恵がランク
イン!!<歌ネット週間ランキング>

<難しい感情だった 始めは人を恨んだ それから不幸を祈っていた><どこから自分を失っていた? 嘲笑われるくらいに腐っていた>と、激しい内省から始まる本作。青春期特有の不安定さゆえの心の痛みを描きながら、それでも<合図したシーキューシーキュー 聞こえますか>と切なく呼びかける。ドラマ“あなそれ”の主要人物4人、誰を思い浮かべてもしっくりとくるこの歌詞。ドラマと主題歌が相乗効果で深みを増す、ここ最近のTBSドラマの流れを汲んだ作品となっている。

2位は、亀と山Pの「背中越しのチャンス」がランクイン。亀梨和也主演で山下智久が出演するドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の主題歌として、「青春アミーゴ」から12年の時を経て再びユニットを組んだ彼ら。「青春アミーゴ」ではハードボイルドな世界観でふたりの絆を歌い上げたが、一転今回の「背中越しのチャンス」では明るくハッピーなメロディと歌詞で彩られている。<何回でも恋をして 何回でも愛していこう><君との運命 描いていこう>とどこまでもポジティブな歌詞。<何回間違ったって 何回でも愛していけ>と決してヘコたれることのないこの歌詞の主人公に、ふたりの姿をついつい重ね合わせてしまう。

続く3位は、安室奈美恵の新曲「Just You and I」が初登場。沢尻エリカ主演ドラマ『母になる』(日本テレビ系)の主題歌として、慈しみ溢れる気持ちを真摯に描いている。<星のない世界に たったひとつ真実を 見つけたの 君の手に触れた日 柔らかな愛に そっと包まれていた>と、かけがえのない存在への大きな愛。<君を抱きしめられないなら 私の両手に意味はない>とはっきりと宣言するこの歌詞は、子を持つ親なら誰もが共感できるのではないだろうか。

シェネル「Destiny」やC&K「Y」、WANIMA「ともに」と前週の人気をキープする楽曲が続く中、7位には平井堅の「ノンフィクション」が初登場ランクインを果たしている。本作はドラマ『小さな巨人』(TBS系)の主題歌。<描いた夢は叶わないことの方が多い><優れた人を羨んでは自分が嫌になる>と、人生のままならなさを描く歌詞に冒頭からハッとさせられる。楽しく生きられない日々や、切なくて胸が苦しくなる夜などを経ながら、着実に歩んでいかなければならない“ノンフィクション”な人生。そんな毎日を生きる人に、<僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ>と寄り添う。<正しくなくていいから くだらなくてもいいから 僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから>。現代を生きるすべての人への、心からの応援歌である。

文/木村桂子

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着