L→R しんぢ(Gu)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)、明希(Ba)

L→R しんぢ(Gu)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)、明希(Ba)

【シド】いろんなセンチメンタルが振
りかけられた1枚

ポップ感を増し、振り切った明るさと音色へのこだわりとアダルトさが加わったグルーブ感が、今までにはないシドっぽさを生み出した4thアルバム『センチメンタルマキアート』。新たなシドの魅力がまたここに誕生した!
取材:武市尚子

かなり振り幅の広い曲調が収録されているけど、どの辺りの曲からレコーディングをしていった感じ?

しんぢ
今回わりとバンド中心の曲から録っていった感じでしたね。
ゆうや
そうだね、確か一番最初に「Dear Tokyo」を録ったんじゃなかったっけかな。

「Dear Tokyo」といえば初めて声を重ねたコーラスもある、ライヴでは終盤に歌われる感じの曲調なのにね。ちょっと意外。

マオ
コーラス入れとかヴォーカルは、油の乗って来た最後の方に録ったんですけどね。
明希
「Dear Tokyo」の後は「右手のスプーンと初恋とナイフ」「証言」「orion」「マスカラ」みたいな流れだった気がする。「Dear Tokyo」はプリプロではっきり絵が見えたから、“イケそうじゃん?”って感じの勢いのままね。

「右手~」は異色なハードな曲だけど。

しんぢ
イントロのギター音もそうですけど、不協和音的な感じにしたかったんですよ。ノリでみんなに聴かせたら、いいねってことになって急遽収録されることになったんです。
マオ
こういう曲は自分たちも好きだし、今回はライヴを意識したアルバムでもあったから、お客さんもライヴにはこういう曲求めてるんじゃないかなって思ったんです。

確かに。そして、1曲目の「証言」は混沌とした世界と美しさが共存してる曲だよね。

明希
AメロBメロサビしかないけど、変化がすごくあると思うんですよね。
しんぢ
ギターに関しては明希とオーケストラ的な音が出せたらいいねって話して、Bメロの部分はそこにこだわりましたね。

映画的風景を思い描かせる曲でもある。

マオ
まさに映画を観て描いた歌詞でしたからね。好きすぎて相手を殺しちゃう的な内容だったんですよ。それもあって、猟奇じみた愛のかたちを描いてみたんです。

今回もいろんな愛の形があるもんね。

マオ
そう。「誘感コレクション」は曲の雰囲気と、その日の俺の気分でエロい感じの歌詞になったし(笑)。「蜜指~ミツユビ~」から、俺の中でエロい歌詞がちょっとしたブームでもあったので。今回は女目線のエロですね。
明希
「誘感コレクション」はコンガとかアコギとかピアノも全てをリズム楽器と捉えるくらいの勢いで向き合った曲でしたね。
ゆうや
グルービーさがすげぇ大人だし、ライヴでも面白いグルーブ感が出せるんじゃないかなって楽しみですね。

ゆうやの「and boyfriend」は70年代のダンスミュージックを彷彿させるよね。

ゆうや
まさにそこ狙い(笑)。アース・ウインド&ファイアーっぽい要素を入てファンキーでディスコなノリを出したかったんです。
明希
とにかく自分とは縁遠いジャンルなんで、ファンキーさを出すのに苦労しましたね。
しんぢ
ギターはアフロしてるイメージで弾いてましたね(笑)。終始ワウなんで立って弾く感じで弾きましたね。

でも、明るい曲に対して歌詞は哀しくて結末がはっきりと見えなくしてあるってあたりが、マオの独特な世界観だったりするよね。

マオ
結末をはっきりさせないで終わるとこは、聴き手の想像を膨らませるという意味でもいつも一番大事に考えてるとこでもありますからね。そんな中でもすごく情景が見えるリアルなワードを持ってきたりしてるっていうね。この曲でも“ブーティー”とか“スニーカー”とか。

そうだね。その女性の印象を特定させる力のあるワードだよね。気持ちの距離も上手く描かれてて切ない。曲とのバランスがセンチメンタルだしね。「orion」はまた違った明るさだよね。最近のシドのパブリックイメージに一番近い気がする。

明希
ですね。ノリやすくて聴きやすいものを作りたくて。リズムは単調に4つ打ちで、スネアのリズムを中心に構築してった曲でしたね。コードとしては王道パターンで進んでいく曲なんですけど、Bメロとかはちょっと捻ってみたりして。これもライヴですごくいい景色が見れるんじゃないかなって思いますね。
マオ
この曲の歌詞はバレンタインデーを題材に描いてみたんですよ。好きなんですよね、バレンタインデーの女のコって。ちょっとソワソワしてウキウキしてる感じがすごく可愛いなって。そんなこと歌詞にしてみました。

そして「マスカラ」。間とか音色とか、気怠さを持った大人な曲だね。

しんぢ
ですね。くすんだ大人な感じにしたかったんで音色にはかなりこだわりましたね。
明希
サビに行く前とかちょっと不思議な浮遊感を感じさせるためにすごくこだわったし、サビでは壮大感を与えるために裏にまわったりしたんですよ。
マオ
サビ以外は歌ったことのなかったタイプだったんで、音に寄り添うように歌っていきましたね。春からはライヴも始まるんで、それまでとにかく聴き込んで来てほしいですね。ライヴ感、感じてもらえると思います!
『センチメンタルマキアート』2008年02月20日発売DANGER CRUE RECORDS
    • 初回限定盤A(CD+DVD)
    • XNDC-10023/B 3675円
    • ※ DVDセンチメンタルTV SHOW (放送されないコラボTVプログラム)
    • 初回限定盤B(CD+DVD)
    • XNDC-10024/B 3675円
    • ※ DVDマキアートTV SHOW (放送されないコラボTVプログラム)
    • 通常盤
    • XNDC-10025 3150円
    • ※初回盤A・B・通常盤共に初回受注生産分のみコレクションカード封入
シド プロフィール

シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。18年はバンド結成15周年&メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして、計50本以上にも及ぶ全国ライヴハウス公演やアジアツアーを実施し、19年3月にグランドファイナルとして横浜アリーナ公演を大成功に終えた。20年3月にシングル「delete」を発表。11月より3作品連続配信を経て12月23日にシングル「ほうき星」をリリースする。21年には自身初の配信ライヴと河口湖ステラシアターでのライヴも控えている。シド オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着