取材:土内 昇

初期に戻った感じはある

ロレッタ」は様式美ロックばりのハードなサウンドなのですが、今まで抑えてたものが出たという感じですか?

藤井
『三枚おろし』の流れから前作の「半分花」までというのは、いろいろ排除していって、最終的に歌を前面で出すってことをやってたんですけど、それもやりつくした感があって。6月リリースなんで、夏フェスで盛り上がれるような曲にしようかなと思ってたんで、必然的に激しいサウンドになりましたね。
大久保
デモの段階で今に近い状態で出来上がっていたんで、それをアレンジして、もっとロック色を強くした感じですね。
藤井
「半分花」が打ち込みとベースとアコギというシンプルなものだったんで、セーブしていたものを今まで通りに戻して、ギターも好きなだけ入れましたね。

確かにイントロやアウトロでは弾きまくってるのですが、歌の部分ではギターを抑えますよね。

藤井
ああ、そうですね。昔は歌の部分にも入れてたもんね(笑)。そこのバランスが取れてきたのかな? 歌の部分では歌を出すっていうメリハリが付けれるようになった。

今回のメロディーも切ないのですが、それは自然に?

藤井
それしか書けないんですよね。ハッピーな前向きソングって苦手なんで。

そのメロディーに乗る歌詞ですが、今回は暗いですね。

藤井
いつもなら希望が見えるワンフレーズを入れるんですけど、今回は救いがないまま終わってもいいかなって(笑)。彼女の中にひとつの宇宙があって、その中で自分は生きてきたから、彼女が消滅しちゃったら自分もいなくなるんじゃないかって、もしも彼女がいなくなったら自分はどうなってしまうかを想像して書いたんですよ。別れた後に“ああ、こんなにも大事だったんだ”って気付くことって誰もが経験していると思うから、その気持ちを歌ってみたというか。
大久保
そういう意味では、音に救いがありますよね。歌に対して、そのままのアレンジだったら、ほんとに暗い(笑)。

カップリングの「素晴らしい世界」はカントリーっぽい曲なのですが、それは「ロレッタ」がハードだったから?

藤井
そういうのはあんまり考えてなくて、いい意味でB面っぽい曲を作りたいなって思ってたんですよ。そう思って作るんだけど、やっぱりA面になってしまって、アルバムに入れたくなっちゃうから、そこが一番苦労したところで…もともとこの曲は、レコーディングの合間に、みんなと談笑している時に僕がふざけてスタジオの人を題材にした曲を適当に作ってたんですね。そしたら意外とメロディーのいい曲ができたんで、それをカップリングにしようって(笑)。で、スタジオの人の歌詞のままでは全然伝わらないんで、そこはちゃんと考えて。

今回のシングルは、音速ラインの轟音の部分と和みの部分が出ましたね。

藤井
初期の頃のいい部分と、『風景描写』『100景』『三枚おろし』とアルバムを出してきて広がった幅…いつも言っているけど、また新しい名刺ができたかなって。ノープランではないんですけど、初期に戻った感じはあるよね。いろいろやり尽くして、『三枚おろし』と「半分花」を出したことで仕切り直しをして…。
大久保
仕切り直しすぎちゃって、“激しさの中に切なさ”を通り越して、“激しさの中に暗さ”になった(笑)。
藤井
いや、聴いた時は暗くないから。歌詞をよく読むと暗いけど、そこは音楽で昇華させてる。ミュージシャンだからね(笑)。
音速ライン プロフィール

切なくて懐かしい珠玉のメロディと言葉を運ぶ“スローライフ主義”のバンド、音速ライン。メンバーは福島県出身の藤井敬之(vo&g)と東京都出身の大久保剛(b)の2人。03年にこのデュオを結成した彼らは、間もなく自主レーベルを設立して音楽活動をスタート。その音楽性は多くの人の心を揺さぶり、翌04年にはインディー・レーベル<SONG‐CRUX>より1stミニ・アルバム『うたかた』を発表。さらに同年中に2ndミニ・アルバム『青い世界』も発売した。音速ラインの快進撃はこれだけに止まらず、結成後わずか約2年という短期間でメジャー・デビューを果たし「スワロー」(05年)をリリース。同年11月には待望の1stフル・アルバム『風景描写』を発表して日本全国に大きな話題を提供した。続いて早くも翌年には2ndアルバム『100景』も発表。スローライフ主義のバンド=音速ラインは、忙しい日常をフッと忘れさせるような音楽を届けてくれる。注目して欲しい。音速ラインOfficial Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着