取材:斉藤ユカ

ポップでパワフル、疾走感にあふれた自
信作

ツインヴォーカル、キーボード、そしてDJ。この変則的なスタイルになったことには、何か理由が?

KIM
バンド形態にしなかったのは、最初からAIBAがサウンドを形作っていった方が、メンバーを探すより速いし、クオリティも高い、と。そういう考え方があった上で、フィーリングの合う人材が加わってできたのがHi-Fi CAMPなんです。この形態だと、例えば楽曲に生の楽器を入れたいなという時に、欲しい音を出せるミュージシャンをチョイスできるわけですよね。その自由度の高さが僕らの強みだと思っています。

デビューシングル『キズナ』を聴いても、確かに世界観のふくよかさが印象的でした。風や匂いまで感じられるようなね。

AIBA
そう、『キズナ』は香る音楽ですから(笑)。でも、意識してそういう空気感を作り出しているわけではないんです。そこに何か理由があるとすれば、地元の仙台で4人それぞれが地に足をつけて生活をしていて、自然に曲作りをしているっていう環境がそうさせているのかなと思いますけどね。

今作の制作にあたって、最初に抱いていたイメージは?

KIM
根本にあったのは、メンバーを始め自分が音楽をやってきた中で支えてくれた人たち、みんなへの想いだったんです。多くの人と関わってこれたからこそ、今のHi-Fi CAMPがあるわけで、こうしてメジャーデビューもできるわけですよね。その“キズナ”を描きたいと思ったのが最初。だから、僕としては男同士の友情やキズナを描いたつもりだったんですけど、意外にね、いろんな関係性に当てはまるという意見もあって、それはそれでうれしいなと。
SOYA
最初にKIMが抱いたイメージがすごく伝わりやすかったので、そのメッセージ性を見据えて、2人でゴールに向かって歌詞もスムースに書けました。

ともすれば熱くなりすぎてしまうテーマだけれど、そうさせないのがクールなスクラッチや、ボーカルふたりの絶妙な声のスイッチングだったりするんですよね。

AIBA
そうそう。確かにこれをバンドサウンドでやったら、その熱さが過剰になりますからね。そういう意味では、僕の役割としてもバランスにはすごくこだわりました。結果的にいい疾走感が出せたし、飽きない感じの仕上がりになりましたね。
TOSHIRO
実は結成当初、僕はバックDJをやるんだろうなっていう、その程度の認識しかなかったんですよ。ところが曲作りを始めてみると、スクラッチがなくても成立するようなポップでパワーのある曲ばかりだったんですね。そこにDJらしいアプローチを融合させるというのは、やっぱり難しかったですね。でも、感覚でやってみたらこれが絶妙にハマった。自分たちらしい1曲になったんじゃないかと自負してます。

そして早くも、続々と新曲が生まれているのだとか?

SOYA
そうですね。「キズナ」みたいな普遍的なテーマの歌もあれば、いい意味で時代に流された曲を書いていきたいなとも思っているんですよ。いずれにしろ、今後もっといろんなタイプの楽曲を聴いてもらえると思います。
KIM
今、デビューを前にして思うのは、やっぱり自分は大切な人のために歌いたいなということなんです。その歌が、聴いた人それぞれにとっての大切な人への想いにつながっていくのが、作り手としても一番うれしいことなんですよね。だから、そのつど自分で最高だ!と思えるラブレターを書くつもりで、曲を作っていけたらなと思っています。
Hi-Fi CAMP プロフィール

07年1月に結成。バンドを解散し、音楽において新しい可能性を求めていたKIM(vo)と、同じ想いを抱いていたAIBA(key)が出会い意気投合。時を同じくして、仙台のクラブでライヴを重ねていたSOYA(vo)、TOSHIRO(DJ)と出会う。「互いにないものを持ち合わせながらも同じ方向を向いていた」という4人は運命に導かれる様に集まり、Hi-Fi CAMPが結成された。

08年6月に1stシングル「キズナ」でメジャー・デビュー。映画『僕の彼女はサイボーグ』の挿入歌に抜擢され、リリース前にも関わらずUSEN総合チャートでベスト10入りを果たし、全国45局のラジオ局でパワー・プレイに選出された。また、TBS『北京オリンピック2008』テーマ・ソングに起用され、同年8月に発売されたSMAPのシングル「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」の作詞・作曲を手がけたことでも話題を呼んだ。

現在も4人は仙台在住。「自分が一番暮らしやすい地だからこそ、表現したい音楽を作ることができる」と仙台の地にこだわり、レコーディングも全て仙台で行なっている。軽快なリズムとハイトーン・ヴォイスを武器にするSOYAと、優しくて繊細なKIMが織りなすコーラス・ワークはライヴ感と強烈な疾走感を持つ。そして存在感のあるサウンドとアレンジを一手に引き受けるAIBA、曲にスパイスを与える技巧派TOSHIROという、今までにないスタイルのアーティストとして躍進し続けている。Hi-Fi CAMPオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着