取材:藤津 毅(t-press)

周りが見る“TRIPLANE像”に一番近い曲
になった

5月に行なったワンマンの感想から聞かせてください。

川村
ワンマンは4か所で行なったんですけど、それぞれの場所でセットリストや構成も違ったものになりました。というのも、1回やるごとに反省すべき点を見つめ直したんです。曲間を詰めてみたりして、そういうことで観る人の意識が変わっていくことを実感しました。やっぱり、どんどん前へ進んでいかないといけないし。自分たち自身、成長できたワンマンでしたね。
広田
今回のワンマンはメンバーやスタッフと何回もミーティングをして、しっかりと作り上げた結果が出たかな。リハの時もホントに細かいところまで話し合いました。お客さんからどのように観られているかもすごく考えたし。次のワンマンに向けた課題も知ることができました。
武田
お客さんが何を求めているのか、それぞれの場所でやっていくうちに考えられるようになりました。ライヴをやっていて思うのは、聴かせられる曲もあれば、盛り上がる曲もあって、自分たち自身も“こういうことができるんだ”って分かって、それが自信になりました。あと、最近は男性のお客さんが増えてうれしいっすね。
江畑
ワンマンの前にアコースティックライヴツアーとライヴハウスツアーをやったんですけど、最初から上手くいっていたわけではなかったんです。一歩一歩やりながら修正を加え、それを繰り返していきました。その中で意識もどんどん変化していきましたね。

新曲「夏が終われば」は、どのような感じで制作を?

江畑
季節が感じられる曲を作ろうと思って、制作に取りかかったんですけど、初めてのことで、最初、夏の曲というと、僕の中ではアップテンポで海で盛り上がるというイメージしかなかったんです。で、みんなで話し合った時に夏の曲を作るならミディアムのバラードがいいんじゃないかってことになって、そこは僕としては死角だったんですよね。シングル「モノローグ」やアルバム『ココロ晴れたら』で自分たちの音楽の方向性を示せたし、ツアーも終わってひと段落してのシングルということで、自分たちも肩の力が抜けてるというか。また新たな所にいくような気持ちもあったので、振り切ってしまおう、と。だから、アレンジは究極にシンプルでホントにバンドなのかなっていう音になってると思う。王道のポップソングになるようなアレンジにしたいという思いでサウンドプロデューサーの笹路正徳さんにお願いしました。こういった音をやってるバンドっていないんじゃないかな。
武田
僕らの曲でサビで始まるものはなかったので斬新かなって思いました。ベースとしてはサウンドプロデューサーが入ったことで自分のスタイルややりたいことが1回ブチ壊れて試行錯誤したのですが、この曲に合っている演奏を見つけることができました。
広田
抑揚を付けるパーカッションが全体を支えていたので、僕はシンプルに歌を立たせるためにトゲのない演奏を心掛けました。こういう演奏は今までやったことがなくて、自分の中でバリエーションが増えましたね。
川村
この曲は自分たちメンバーが思っている以上に、周りが見る“TRIPLANE像”に一番近いんじゃないかなと思ってます。ポップで、ある意味トゲのある曲になったと思う。僕らはバンドだけどバンドサウンドの色を出してないから面白いんじゃないかな、それに親しみやい曲になっているし。今後も“僕らは振り幅が広い!”というところを見せていきたいです。

歌詞で描きたかったことは?

江畑
夏が終わったらどうなるかってことをイメージして…。この歌詞では終始、恋の行方になっているんですけど、いろんなふうに置き換えることはできるんじゃないかなと思って歌詞を書きました。

どのようなシチュエーションで聴くのがオススメですか?

川村
やっぱり、歌詞にマウンドというフレーズも出てくるし、野球場が合うと思います。
広田
この曲に限ったことじゃないけど、広大な大地をドライブする時に聴くのがオススメかな。実際に自分もこの曲をかけながら車を運転したんですけど、最高に気持ち良かったです。

2曲目にはアルバム『ココロ晴れたら』に収録されていた「ココロハコブ」の別バージョンが入っているんですね。

江畑
アレンジは変わってないんですけど、歌詞は以前とは違ったものになってます。アルバムの時は恋愛のことを描いていたんですけど、今回『トミカヒーロー レスキューフォース』(テレビ愛知系・テレビ東京系列)のエンディングテーマになるということで、勇気をテーマした大きな愛のことに書き変えました。ぜひ、聴き比べてほしいですね。
TRIPLANE プロフィール

02年札幌で結成された男性4人バンド。新星堂、島村楽器のオーディションで北海道代表に選ばれたほか、NHK『WINTER SONG BATTLE』決勝大会に出場し音楽関係者の目にとまり、04年にhitomiが彼らの楽曲「スピードスター」をカヴァーしたシングル「心の旅人/SPEED☆STAR」をリリース。同年彼らも同じ曲をセルフ・カヴァーしたシングル「スピードスター」でメジャー・デビューを果たした。広大なスケールで心を揺さぶるバラードはもちろんだが、巧みなバンド・サウンドで聴かせるスピード感あふれる楽曲も魅力を放っている。昨今の邦楽シーンの中でも貴重な“美メロ”バンドと言えよう。TRIPLANE Official Website
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着