取材:大庭利恵

KCBは音楽が楽しいってことを伝えてい
きたい

「ナツコイ」は、まさに夏っぽい弾けた曲だけど、できたのはデビューシングル「A RIZE」より前なんですよね。

KATCHAN
そうですね、去年の夏に“夏っぽい曲を作ろう”と思っていた流れで。メロディーと一緒に“夏恋物語”っていうフレーズが一緒に浮かんで、いい感じになりそうだなと思ったんで、メンバーと一緒にアレンジを詰めていきました。

では、当初とはずいぶんアレンジも変わったのですか?

KATCHAN
テンポを速くしたり、メロディーを変えてみたり、5人でできることをいろいろと試してみたかったんですよ。
TSUKASA
それを5月の1stライヴでやった後、シングルになるにあたってアレンジャーさんにアイデアをもらいながら、冒頭のラジオヴォイスと落ちサビを付けてみたんですね。そしたら、さらにメリハリがついて、すごくいい感じになりました。
YA-CHA
ラジオヴォイスって俺が担当してるんですけど、あれが付いたことで、曲に入った時にドーンっと盛り上がれるじゃないですか。だから、ライヴの時よりもメリハリがついて、歌ってる時にテンションが上がりやすくなりましたね。イメージとしては、バーベキューの時にかけると盛り上がる1曲って感じかな。

バーベキューとかやるんですね(笑)。

YA-CHA
僕はずっとハワイに留学してたんですけど、当たり前のようにやってましたよ。
TSUKASA
僕とKATCHANは沖縄出身なんですけど、夏休みになるとビーチパーティって言って、浜辺でバーべキューやったり泳いだりっていうのが当たり前でした。

DAIKIくんは北海道だから、さすがにないのでは?

DAIKI
いや、これが結構やるんですよ(笑)。でも、どっちかっていうと泳ぐよりは釣りをしながらが多いですけどね。
JAEHEE
僕も釣りですね。と言っても、韓国では海っていうよりも川岸が多かったかなぁ。川だとちょっとイメージ違う?
YA-CHA
ちょっと岩場って感じがしちゃうね(笑)。

また、カップリングの「GO! IN!」と「ABC」も夏っぽい曲なのですが、まったくタイプが違うので、バンドとしての幅を感じました。

KATCHAN
「ABC」も去年の夏にTSUKASAとふたりで30分ぐらいで作った曲なんです。でも、「GO! IN!」は5人の雰囲気を曲にしたいと思って作ったものが初めて形になった曲ですね。

「GO! IN!」は歌詞もアドリブが効いて、かなり遊んだ形になっていますが。

YA-CHA
そうなんですよ! KATCHANが作った歌詞をベースに、みんなで“こんなんがいいんじゃない?”とか言いながら作ったんで、すごく楽しかったし思い入れもありますね。
DAIKI
「ABC」のロックなバンドサウンドに対して、「GO! IN!」は楽しい空気が音にも表れてるもんね。

「ナツコイ」のPVもハワイで撮影されたりと、まさに今回のシングルは夏を感じさせる一枚ですね。

KATCHAN
KCBは“音楽って楽しいよ!”ってことを伝えていきたい。今は夏だから夏っぽい曲になってるけど、その季節ごとの楽しさや一体感みたいなものを考えて作っていくだろうから、常夏ってわけじゃないんですよ(笑)。KCBと一緒にいれば楽しいことが待ってる、そう思ってもらえるとうれしいですね。
KCB プロフィール

ケーシービー:ドラムのKATCHANが中心となり結成されたバンド(KCB=KICK CHOP BUSTERS)。2008年にメジャーデビューを果たす。KCB Official Website
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着