【中島卓偉】表現したかった曲が全部
入ってる

ロックの原点に立ち返ったようなシンプルなアレンジと、ライヴ感全開のサウンド! 待望のニューアルバムには中島卓偉の熱いスピリッツが詰まっている!!
取材:土内 昇

今作はライヴでサポートしてくれているベーシストの鈴木賢二さんとの共同プロデュースなんですよね。なぜ、鈴木さんと一緒にやろうと思ったのですか?

彼とは僕がデビューした頃からの付き合いで、当時はローディーとして一緒にツアーを回ってたんですが、一緒にいるうちにプレーヤーとしても優秀な人間だと分かって。かれこれ5年ぐらい僕のステージでやってくれてるんですよ。だから、僕の一番近くにいて、僕の成長とか、やってきた音楽というものを見てきている。で、僕のステージに立つことによって、僕が伝えたいものを吸収してくれている。今回のレコーディングで、僕のバックアップをしてくれる人を探そうとした時に、新しい人を起用するよりも、一番身近にいる理解者がいいってことで、鈴木賢二くんだなって。アレンジ力があって、発想も豊かだし。

アルバムを作るにあたって、鈴木さんとはどんなことを話し合ったのですか?

こういうアルバムを作りたいから賢二と組んだわけではなくて、彼と一緒にやることを決めてから“じゃあ、どんな曲をやろうか?”って感じだったんですよ。でも、“ライヴで表現できない曲はしない”とか“作り込みすぎないようにする”というのは最初から明確にありましたね。

確かに、ひとつのリズムで最後まで通したり、歌も2メロディ?だけだったり、構造がシンプルな曲ばかりですね。なぜそういうものをやろうと思ったのですか?

中学生の時にコピーしたフレーズってすごくキャッチーなものだったと思うんですよ。“俺でも弾けるんじゃないか?”って気持ちになったというか。そんな気持ちになるような、簡単に弾けるアレンジにしようと思ったんです。

そのせいか、サウンドにはライヴ感がありますよね。

そうですね。今回、全曲一発録りなんです。アナログ録音だったんで、3テイクと録らない感じで(笑)。アナログ録音でやりたいってことをメンバーに伝えた時も、やり直しがきかない方が心が決まりやすいって言ってくれたし。プロトゥールスだと無限にやれちゃうし、エディットも自在にできちゃうじゃないですか。だから、今回のレコーディングは極力ダビングを減らして、いいと思ったテイクはそのまま全部使うっていうふうにしました。

アナログ録音でやったというのも、やはりシンプルなものがやりたかったから?

アンサンブルを一発で録ってるような人たちの楽曲を聴くと鳥肌が立つんですね。だから、僕もそういう音楽を作らないといけない…音楽を商売としている者として、プライドを持って音楽を作っている以上は、心意気だけでもそういうものを世に出したいって思ったんですよ。

そういう意味でも、本作は今までのアルバムにも増して、潔い作品になりましたね。

潔いっていうか…余計なことを考えないで聴いてもらえて、自分も余計なことを考えずに聴けるものにしたいと思っていたので、きっと時間が経っても“シンプルなことをやったぞ!”っていう自信は残ってるんじゃないですかね。自分がどんな音楽を歌うアーティストなのかを再確認して出てきた楽曲だし…2008年に表現したかった曲が全部入ってるし、ポップで分かりやすいアルバムになったと思いますね。
『STARDUST VOX』
    • 『STARDUST VOX』
    • EPCE-5565
    • 2008.07.23
    • 3150円
中島卓偉 プロフィール

ナカジマタクイ:1999年10月21日、シングル「トライアングル」 でデビュー。ソロでありながらロックやパンク、バンドにこだわったサウンドメイクといった楽曲のみならず、ファッションひとつからも随所に施されたブリティッシュテイストは、UKロックへの敬意を感じさせる。06年、アーティスト表記をTAKUIから本名の中島卓偉に改めた。14年にはデビュー15周年を迎え、15年4月8日に通算15作目となるニューアルバム『煉瓦の家』をリリースした。中島卓偉 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着