L→ R 古村大介(Gu)、対馬祥太郎(Dr)、坂倉心悟(Ba)、光村龍哉(Vo& Gu)

L→ R 古村大介(Gu)、対馬祥太郎(Dr)、坂倉心悟(Ba)、光村龍哉(Vo& Gu)

【NICO Touches the Walls】NICO と
いうバンドがよく分かる一枚になった

NICO Touches the Walls、待望の1st フルアルバム『Who are you?』完成! 鮮烈な言葉&サウンドで音楽シーンを席巻する彼らが、今作で伝えようとする「風景」とは?
文:神谷弘一(blueprint)

シングル「THE BUNGY」「Broken Youth」で、冴えたロックンロールサウンドを聴かせたNICO Touches the Walls。次世代を担うギターバンドとの呼び声も高い彼らが、待望の1stフルアルバム『Who are you?』を完成させた。これは、彼らの多面的な魅力が一気に花開いたアルバムと言えるだろう。シングルでも披露したアッパーな面に加え、SF的な想像力を凝らしたサイケな音作り、さらには叙情的で美しいフレーズも随所に飛び出し、リスナーを異世界へと誘ってくれる。

「メジャーデビューしてからやってきた曲に加えて、自分たちの中で“こういうものもやりたい!”っていう曲も入れられたので、NICOというバンドがよく分かる一枚になりました。みんなの感想を聞くのが待ち遠しいですね」(対馬祥太郎/Dr)
「この4年間、ずっとアルバムを作りたかったから、やっとできたといううれしさがありますね」(古村大介/Gu)
「そう、とにかくうれしい。一曲一曲に思いを込めたので、まずは聴いてもらいたいなと」(坂倉心悟/Ba)
「シングルから僕らの音楽に入って、若さや疾走感に注目してくれた方が多いと思うんですけど、僕らが結成当初からいろんなジャンル、いろんなテイストの楽曲をやってきたということは、あまり認識されていないと思うんです。それをアルバムの中で、できるだけ自然に理解してもらえるような並びを意識しましたね。いろいろと話し合って、みんなが“これしかない!”と思える曲順にまとまりました」(光村龍哉/Vo&Gu)

ライヴステージでは観客を常に圧倒する、4人の畳み掛けるようなバンドアンサンブル。今作ではその迫力に加え、楽曲ごとに表情を変える音作りを堪能することができる。そこには、音を立体的に捉えるNICO Touches the Walls独特のアレンジ感覚が冴え渡っている。

「ギターロックであることには変わりないと思うんですけど、限られた機材の中で、いかにいろんな景色、いろんな時間、感覚や人の感情を見せられるか、というのが音楽ジャンル以上のテーマだと思っていて。ジャンルで言えばファンクやフォーク、それこそガレージ的なものもありますけど、そういうことよりも、一曲一曲のエネルギーや温度感に気を配りましたね。実を言うと僕らの場合、アップテンポの曲よりも、スローテンポの曲の方が、演奏に熱がこもりやすかったりもして。逆にアップテンポの曲ほど冷静にやっていたりするので、パッと聴きの印象とのギャップがあるかもしれないですね。そのあたりの不思議な雰囲気も、僕ららしいと思います」(光村)

数ある収録曲の中でも、11曲目の「葵」は今のNICO Touches the Wallsをよく表した楽曲かもしれない。切なくも美しいメロディーラインと、起伏に富んだアンサンブルは、これまでのギターバンドとは明らかに一線を画している。

「“これぞ今のNICOだ!”という曲ですね。演奏していても、とても気持ちいいんです」(坂倉)
「この曲ができた瞬間、バンドとしてもしっくり来ましたね。個人的にも自分を表現しやすい曲というか。これまでストレートな曲が多かった分、本来やりたかった憂いのある曲が映えてきたところもあるんじゃないかな」(古村)
「演奏していると、まるで演劇をしているような気持ちになるんです。自分を覆い隠すほどの景色を感じながら、曲に入り込むことができて」(対馬)
「音だけで景色が見えてくる曲ですね。アコギを弾いていた時に、パッと出てきたナンバーなんですけど、メロディーとともに景色がバーッと浮かんできて。みんなが演奏している風景がハッキリと見えてきたし、バンドが始まって以来、一番いい曲が書けたんじゃないかな」(光村)

リアルな描写と幻想的なフレーズがミックスされた光村の歌詞も、今後さらに注目を集めるに違いない。曲名にも表れているポップな言語センスは、NICO Touches the Wallsの大きな魅力のひとつ。歌詞カードをじっくり読むと、さまざまなイメージが頭の中に浮かんでくるはずだ。

「例えば『有言不実行成仏』の歌詞は、7割方フィクションなんですけど、3割くらいはノンフィクションだったりして。僕は100%のおとぎ話を書くことはできなくて、自分の感情だったり、毎日思っていることの断片は、コソコソッと入れていて(笑)。それがちょっとしたリアリティになっているんだと思います。そんな感覚が音にも出てるんじゃないかな」(光村)

バンドとしての無限の可能性を感じさせる『Who are you?』。まずは耳を傾けてほしい。

『Who are you ?』2008年09月24日発売Ki/oon Records
    • 初回生産限定盤(DVD 付)
    • KSCL1291-2 3200円
    • 通常盤
    • KSCL-1293 2800円
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』