取材:土屋恵介

自分にしかできないものができた満足感
がある

Aimmyとしての両A面デビューシングル、まずは「ブルー・バイブレーション」ですが、エレクトロとギターロックがミックスしたハードなポップチューンですね。

私はギターロックがベースにあるので、そこは外さずに“新しくて面白くてかわいい”感じを加えたくて。それで、エレクトロを融合したものにしてみようってことで(スピッツ、Coccoの楽曲を手掛ける)石田ショーキチさんにプロデュースをお願いしたんです。

エレクトロも好きだったんですか?

今までの自分はエレクトロというよりは、“絶対生演奏だ!”ってタイプだったんです(笑)。でも、実際やってみると面白かったんですよね。

そのラインがOKになったきっかけは?

樹海で、『WHAT A DAY!!』というポップな曲にチャレンジした時に可愛い子ブリッコして歌ってみたら、それが気持ち良くて面白いと思ったんです(笑)。多分、自分の中では、それが小さなきっかけかなと。

そこからいろんなチャレンジ精神が生まれたと。歌詞は“自己暗示をぶち破いていかなくちゃ”“今しかないでしょ”と、ポジティブ感にあふれていますね。

テーマ的には、私の中ではギリギリだと思ってるんです。あとひと言多かったら、無責任な応援ソングみたいになりそうだけど、そのギリギリを突き詰めてみたくて。言葉選びも悩んで、自分が自信を持って歌えるギリギリの部分を書いた感じですね。

今のAimmyさんの思いが反映されているのですか?

メチャメチャ出てますね。私は実際に感じたものじゃないと書けないし、歌えないんです。やっぱり、前に進みたいですからね。“変わりたい”とか“一歩前に行きたい”って思いは、誰もがみんな持ってると思うんです。まさに私も、Aimmyという新しいことを始めて、新たなものをゲットしていく感覚が強かったので、このテーマにしました。

Aimmyとしての最初の宣言みたいな?

私はこうしますって、意思表示ですね。

樹海では相方の出羽良彰さんが作曲をしてますが、Aimmyでは違う人が作曲しているので、歌の面でも、これまでとは違ったものが出たのではないですか?

今まで、ほとんど出羽さんのメロディーにしか乗せたことなかったので感覚が違いましたね。樹海は、バラードが中心で、エモーショナルに歌うってことが柱にあるんです。でも、今回はヴォーカル・エフェクトを使うので、歌にニュアンスをたくさん付けすぎると上手く掛からないので淡々と歌いまいた。この歌って、エレクトロの部分がなくなってストレートに歌うと、すごく男っぽい雰囲気に聴こえるんですよ。それは避けたくて…。エフェクトを掛けて淡々とした冷めた感じにするのと、熱いギターがちょうどいい感じに混ざった場所に行けるのを目指したんです。

いつもと違う方法に、戸惑いはありました?

やっぱり、エモーショナルに歌いたくなってしまうんですよね(笑)。私は曲の中に、はっきりとした起承転結、ドラマチックさ、涙とかをどうしても加えたいんです。その加え具合に悩みました。あまり熱く歌っても汗くさい感じになるし…そこは難しかったです。

シンガーとしての新たなチャレンジでもあると。

そうですね。Aimmyとしては、これからもそのバランスが課題になってくると思います。

では、“ブルー・バイブレーション”というのは、どんな意味合いを持った言葉なのですか?

ブルーは、歌詞の最後にもあるけど“若者の青さ、色としての青、若者だからこそ可能性のある360度広がった青空、それと不安や悩みとかのブルーな気持ち”…ブルーっていろんな表現ができますよね。私と同じ年代…10?20代って、大人になりきれないけど子供でもいたくないとか、いろんな葛藤がある。それとブルーって合ってるなって。それによって胸が震えるって意味での“ブルー・バイブレーション”なんです。

同世代のキーワード的なものなんですね。「風の記憶?to the end of the world?」は一転して、温かいバラードですね。

これは、アニメ『ワールド・ディストラクション?世界撲滅の六人?』のエンディングテーマなんです。もともと、樹海を知ってる方が私の声を求めていただいて歌うことになりました。樹海の世界に近いですけど、Aimmyとしてリリースするからには、樹海と変わらなかったら絶対いけないと思って歌は悩みました。

一番悩んだところは?

まず、歌詞を書いてくれた作詞家の方と話をさせてもらって、自分のフィルターを通して声にすることを心掛けました。それと、歌に関しては、樹海との違いをつけるために、いつもの歌い癖をなくしたり、いろいろ試したんです。

なるほど。では、Aimmyとして新たな挑戦の詰まったこのシングルを聴いてくれる人へ、どんな感じで楽しんでほしいですか。

樹海を知ってくださってる方には、自分の中ではいい意味で裏切ったつもりなので、聴いてくださる方の反応が楽しみ。歌やサウンドでは新しいアプローチをしてるけど、歌詞は自分の思いを込めているので、しっかり伝わったらうれしいです。そして、これからもいろんな面からAimmyを感じてほしいので、期待しててください。
Aimmy プロフィール

アイミー:2006年、樹海としてデビュー。アニメ、TV番組、映画とさまざまな主題歌を手掛け、海外でもその評価は高い。そんな樹海のヴォーカルを務める愛未が、ソロシンガー“Aimmy”として今までとは違った世界観を見せる。 Aimmy Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着