【ART-SCHOOL】進化があるからこそ分
かる揺るがぬ核

ART-SCHOOL が新境地のミニアルバム『ILLMATIC BABY』と、
初のベストアルバム『Ghosts & Angels』を同時発売!
取材:高橋美穂

ART-SCHOOLから、約1年前にリリースされたミニアルバム『左ききのキキ』以来の音源が届いた。しかも新曲を6曲収録したミニアルバム『ILLMATIC BABY』と、選りすぐりの楽曲を収録した初のベストアルバム『Ghosts & Angels』の2枚を同時発売するのだ。結成して8年を超える彼らだが、未だに衰えぬ勢いを感じずにはいられない。
まず、ミニアルバムに関しては、プレイボタンを押した瞬間に、“あれ? ART-SCHOOLじゃないCD入れちゃった?”なんて思ってしまうような、驚きの音像が流れ出てくる。そう、1曲目に収録されている表題曲「ILLMATIC BABY」は、ざっくり言うと、ダンスチューンなのだ。ちなみに、そのイメージとリンクするような、ニューレイヴ路線を突き進むアーティスト写真も驚愕を誘う。しかし、楽曲を聴き進めていくと、木下理樹のヴォーカルの魅力はそのままだし、エロスや刹那といったART-SCHOOLらしさが滲み出てくる。つまり、今までの彼らの核を壊すことなく、それをまったく違う手段で表現したような楽曲なのだ。そう思って紙資料を見たら、この楽曲は木下の(意外な)盟友である、かのDOPING PANDAのロックスターがプロデュースしたとのこと。なるほど、ART-SCHOOLの良さを自分のフィルターを通して解釈した結果なのだろう。寂寥のダンス…なんて矛盾しているような言葉が似合う新境地である。
続く2曲目の「夜の子供たち」は、1曲目の空気をガラリと変える、疾走感あるロックチューン。“ART-SCHOOLは別のバンドになってしまったのだろうか?”なんて心配を抱いてしまった人も、ここで安心できるような、これぞART-SCHOOLと言える楽曲だ。この1曲目と2曲目の振り幅が、今のART-SCHOOLらしさなのだと思う。そんな象徴的な流れがド頭に収録されているあたりからも、今作の意味合いが伝わってくる。
そして3曲目は、ゆらゆらと心地良い音像がまさに光のようなミドルナンバー「君はいま光の中に」。“何となく生きてきて どうだって良くなってたけど/今何を待つべきか 分かった気がしてさ”という、希望に満ちた言葉が印象的である。これもある意味、ART-SCHOOLの現在地を象徴しているのではないだろうか。この曲から感じるのは、痛みより優しさ、冷たさより温かさ。以前の彼らの楽曲からは受けなかった感覚があるのだ。
後半も、エッジィな「BROKEN WHITE」、まろやかな「エミール」、長いイントロから突入する「INSIDE OF YOU」と、それぞれ違う色を持った楽曲が続く。これ一枚で、ART-SCHOOLのポテンシャルと進化を感じさせるには十分な、濃厚なミニアルバムに仕上がっていると思う。
一方、ベストアルバムは、これまで彼らが在籍した4レーベルをまたいだ18曲が収録されているという、ヴォリューム感たっぷりの内容だ。ライヴでやっている楽曲も数多く、最近彼らを聴き始めた人にはうれしいアイテムだろう。個人的には、インタビューしたことはないのに、今作によって、初期の楽曲まで鼓膜に染み付いていること気付かされ、彼らの楽曲の普遍性を感じさせられるきっかけとなった。刹那的な佇まいだった彼らに“普遍”という表現を使うのは間違っているのかもしれないが、時を経て彼らはじわじわと変化を遂げたのだと思う。登場時は楽曲のイメージも相まって、“孤高の若手”といった存在だった彼らだが、気付けば後輩バンドがたくさん生まれ、今ではシーンを牽引する側のバンドのひとつとなったのだから。そして、きっとこれからもこう在り続けるのだろう。そう思える2作品である。
『Ghosts & Angels』
    • 『Ghosts & Angels』
    • PCCA-02771
    • 2008.10.15
    • 2310円
    • 『ILLMATIC BABY』
    • PCCA-02770
    • 2008.10.15
    • 1890円
ART-SCHOOL プロフィール

全ての詞・曲を書く、ヴォーカル&ギターの木下理樹を中心とする4人組。00年の結成以来、精力的なライヴ/作品リリースを展開。02年10月、シングル「DIVA」でメジャー・デビューを果たし、翌11月に1stアルバム『Requiem for Innocence』をドロップする。オルタナティヴ/USインディーを思わせる、ざっくりとした質感のギター・サウンド。狂おしく息も絶え絶えに迫り来る歌声が叫ぶ、甘いメロディ。木下の感情の塊のナイフを突きつけられるような、俺イズムが大爆発のグランジ風ロックを鳴り響かせた。
03年には2ndアルバム『LOVE/HATE』を発表。ラウドなギター・ロックから柔らかなアコースティック・サウンドまで音楽表現の幅を広げると共に、しなやかにしてタフなメンタル面での成長を思わせる、説得力に満ちた快作となった。——しかしながら、同年末をもって大山(g)と日向(b)が脱退。04年に入り戸高賢史(g)、宇野剛史(b)の新加入が発表された。ART-SCHOOL Official Website
Twitter
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着