L→R しゅうま(Ba)、Daiki(Vo&Gu)、ISATO(Vo)、Natsuki(Dr)、まーきー(Gu)

L→R しゅうま(Ba)、Daiki(Vo&Gu)、ISATO(Vo)、Natsuki(Dr)、まーきー(Gu)

【LOCAL CONNECT】光のパワーを込め
た1stシングル「スターライト」

暗闇を照らし出す光になって、リスナーにパワーを与えたいーー。1stシングル「スターライト」は歌を重視するLOCAL CONNECTの特徴がさらに増幅されたナンバー。メンバー全員の個性を活かしたサウンドにも注目してほしい。
取材:森 朋之

LOCAL CONNECTらしいポジティブなメッセージが詰まった1stシングル「スターライト」は、メンバー全員のアイデアが活かされた楽曲だそうですね。

Daiki
はい。今までは基本、僕が作詞作曲を担当していたんですけど、今回は歌詞をISATOにお願いして、曲の構成やアレンジに関しても全部メンバーと話し合いながら作ったんですよ。制作も楽しかったし、各々の良さが詰まった曲になりましたね。
Natsuki
スタジオのロビーで“こういう間奏はどうだろう?”“打ち込みも入れたい”みたいな話をしながら固めていったので、みんなのアイデアが盛り込まれてます。
まーきー
ギターのフレーズもDaikiと相談して決めたんです。それを家に持って帰って、さらに練って。そういうやり方は初めてだったし、面白かったです。
しゅうま
自分で考えたベースのフレーズも上手いことはまって、“ラッキー!”って(笑)。

歌詞のテーマはISATOさんが?

ISATO
そうですね。他にもシングルの候補曲があったんですけど、個人的にはこの曲のメロディーが一番好みだったんで。歌詞のイメージもすぐに沸いてきたし、悩むことはなかったです。“スターライト”というタイトルは、僕自身、自分の家のベランダから星空を眺めてることが結構あって…。大抵は考え事をしていたり、落ち込んだ時なんですけど、星の光からすごくパワーをもらってます。

そんなに星がよく見えるのですか?

ISATO
はい、結構田舎なので(笑)。
まーきー
家の周り、何もないもんな。
ISATO
(笑)。そうやって星を見てる時間って、自分にはめっちゃ大事なんですよ。くさい言い方ですけど、星は何も言わないじゃないですか。感じ方は自分次第だし、星を見ていると“それでいい”って全てを肯定してくれてる感じがするんですよね。その時の感情をそのまま歌詞にしてみたいなと思ったんです。普段から“みんなに光を与えて、パワーを与えられるような人間になりたい”と思ってステージに上がってるので、それを名詞代わりになる1stシングルで表現しようと。
まーきー
ライヴでも何度か演奏したんですけど、曲の良さがしっかり伝わってる手応えがあって。今後もライヴの武器にしていきたいし、パンパンやりたいですね。
しゅうま
パンパンって(笑)。この曲、演奏している僕らもすごくパワーを感じるんですよ。だから、会場のお客さんたちはさらに強いパワーを受け取ってくれてる気がして。ライヴでやるたびに成長する曲だと思うし、ワクワクしてます。
Daiki
メロディーも気に入ってるんですよね。ロックとは違う感じもしっかり入っているし、僕らにしか歌えない歌じゃないかなと。
ISATO
うん。強さと美しさがひとつになってる感じもいい。

2曲目の「Power Song」はタイトル通り、超ストレートな応援歌ですね。

Daiki
力技でしたね、歌も演奏も。とにかくライヴで生きる曲にしたかったし、ライヴハウスで初めて聴いても、何を歌ってるかがしっかり分かるような歌詞を意識してました。今までで一番テンポが速いから、演奏陣は大変だったと思うけど。
Natsuki
こっちもパワーで乗り切りました(笑)。
Daiki
普段は歌を大事にした曲だったり、ちょっと技巧的な曲を作ることが多いんですけど、この曲は勢いでガッといける曲を目指しました。“5人でダーン!”みたいな(笑)。

《強がる君への応援歌を叫んでいるから》って歌ってますからね。

Daiki
そのままですね(笑)。それ以上でも以下でもなくて。
ISATO
ライヴでも細かいことを考えず、5人で爆発しようと思ってます。それがこの曲を伝える一番の近道だろうなと。自分たちも助けられると思うんですよね、この曲に。アウェイでも自分たちの心を高ぶらせてくれるだろうし。
まーきー
アウェイの場面も多いですからね、まだまだ。

そして、3曲目の「またあした」は穏やかな雰囲気のミディアムナンバーで。

Daiki
当たり前の日常をやさしく描きたいと思って。普段は意識してないけど、明日が来るかどうかなんて、誰にも分からないじゃないですか。だからこそ、大切な人…家族、友達、恋人とかに何気なく“また明日”って言えるのって、すごいことだなって。
しゅうま
この曲、ベースのメロディーも気に入ってるんですよ。もちろん歌を聴いてほしいんですけど、バンドのサウンドも気にしてもらえたら嬉しいですね。
まーきー
うん。アレンジ的には、実はこの曲が一番凝ってたりするので。

5月にはシングルのリリースに伴う全国4カ所のツアーが。大阪と東京はワンマンですね。

ISATO
最初と最後がワンマンなんですよ。しかも、過去最大のキャパで。埋まる保証があっての選択ではなくて、自分たちにとってはかなりの挑戦なんです。
Daiki
少しでも上に行きたいですからね。
ISATO
うん。闘う姿勢、挑戦していくという気持ちを提示することで、お客さんにも何かを感じてもらいたいなって。それがバンドの信頼感にもつながっていくと思うんですよね。名古屋、福岡には仲の良いバンドに参加してもらうので、ワンマンとは違う表情のライヴになると思います。「スターライト」というシングルをリリースする意味を含めて、今の自分たちをしっかりぶつけたいですね!
「スターライト」
    • 「スターライト」
    • WPCL-12636
    • 2017.04.26
    • 1080円
LOCAL CONNECT プロフィール

ローカルコネクト:京都府長岡京市出身、5人組ロックバンド。透明感があり、伸びのあるハイトーンヴォイスのISATO、泥臭く熱量を放つDaikiのふたりが織りなすツインヴォーカルの極上ハーモニー。正統派ロックバンドの中でもずば抜けて輝くメロディー。疾走感と透明感が共存したどこまでも美しく力強いサウンドは唯一無二。幅広い世代に受け入れられる王道のポップ/ロックミュージックを表現している。LOCAL CONNECT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着