L→R 重田雅俊(Dr)、塩﨑啓示(Ba)、松川ケイスケ(Vo)、細川大介(Gu)、真一ジェット(Key)

L→R 重田雅俊(Dr)、塩﨑啓示(Ba)、松川ケイスケ(Vo)、細川大介(Gu)、真一ジェット(Key)

【LACCO TOWER】瞬間瞬間でギラッと
してるほうが素敵だと思う

LACCO TOWERがミニアルバム『薔薇色ノ怪人』を完成させた。タイトルもインパクトがあるが、収録されている6曲も全てが個性的。王道のポップソングも生み出せる彼らが、静と動に振り切った一枚について、詳しく訊いた。
取材:高橋美穂

今回のタイトルもインパクトありますね。

松川
ありがとうございます。僕ら、メジャーに来て2年なんですけど、何の制約もなくやらせてもらえていて。その中でも今回は尖れるタイミングだったので、行けるところまで行ってみようっていう。だから、難しい漢字の代表と言われる“薔薇”を付けたのと(笑)、僕の好きな丸尾末広さんの『薔薇色ノ怪物』っていう作品があって、そこからインスピレーションを受けたところもあります。

なるほど。でも、聴いてみるとタイトルも納得できて。怪人バンドならではの行き切った一枚ですね(笑)。

塩﨑
あぁー、ありがとうございます!

前半が動で、後半が静に行き切っている感じがしました。

松川
確かに、この曲順じゃないと良さは出なかったのかな。自己紹介で始まり、最後はここまでテンポを落として表現できるところまで来たんだよっていうのも見せたっていう。

肝になっているのは1曲目のリードソング「怪人一面相」で。リードなのにマイルドではなくスパイシーっていう。

松川
そうですね。僕らが今ミニアルバムで中途半端な世界観を見せても面白くないと思うんです。そういうのは“中途半端”っていうタイトルで出したいくらい(笑)。
塩﨑
明らかに前の作品と比べると頭から爆音だし聴きづらいですよね(笑)。だから、これは幅広く聴いて下さいっていうのじゃなく、1回この側面を見せたかったっていう。
松川
やっぱりバンドって生き物だと思うし、その瞬間瞬間でギラッとしてるほうが素敵だと思うから。

また、“怪人一面相”って深い言葉ですよね。

松川
一番聞き覚えがあるのは“怪人百面相”だと思うんですけど、僕からしたら怪人百面相こそ普通だなって。いろんな人に対していろんな顔があるって普通じゃないですか。いろんな感情があってもひとつの顔しかしないほうが怖いと思うから。

なるほど。サウンドと相まって恐ろしく聴こえますけど、続く「悪人」は激しい楽曲ながら面白さもありますよね。

塩﨑
ユーモラスですよ、これは。歌詞に数式が出てくるのも初めてですからね。
松川
僕、文系なんですけど、考え方は理系なんです。
塩﨑
会議とかでも、めっちゃ論理的ですからね。
松川
だから、「怪人一面相」は生々しいんですけど、「悪人」は楽曲に対してそれぞれの楽器を当てはめたっていうか。

構成も理系な感じですね。

松川
最初に真一ジェットが曲を持ってきたんですけど、もっと展開が多くて、機械じゃなきゃ歌えないくらいだったんですよ。“こいつは何を歌ってほしいんだ!?”って思ったんですけど(笑)。
塩﨑
でも、真一もだんだん引いていくので、最終的にこうなりました。

骨組みの面白さが残ったっていう。そして、次の「桜桃」でガラッと切り替わりますよね。穏やかで美しくて、バンドの二面性を表している流れとというか。

塩﨑
でも、「桜桃」はかなり前からあった曲で一度ボツになった曲だったんです。拍も変だし、心地良くなくて。でも、温かい曲にしたかったので、これも引き算をめっちゃして、音数をめっちゃ少なくしたっていう。
松川
女性から見て歌詞はどうですか? 書いたあとに、俺って女々しいなって思ってしまって(笑)。

この曲に限らず、主語が“あたし”や“私”になってる歌詞もありますけど、本当の女性なら書かない歌詞だなぁって思いました(笑)。松川さんの理想の女性なのかなって。

塩﨑
それ、イタい奴ですね(笑)。
松川
(笑)。その人その人に100パーセント合致する曲ってなくて。今楽しいから○○を聴きたい、今悲しいから○○を聴きたいって、曲は使われるべきだと思うんですね。その曲のかたちが円形だとしたら、自分は楕円形だけど、かたちは似てるから、聴いてるうちにジワーッと同じかたちになってくるみたいな。そういう意味では、僕が書いているのは偶像なんですよね。

なるほどね。逆に、男心を知りたい時に、松川さんの女性目線の歌詞を聴きたいなって私は思いました。

松川
あぁー、なるほど。

例えば、「折紙」でも、こういう目線で折紙を女性は見ないなって。

松川
ちょっとイタいんですよね、だから(苦笑)。実は、この歌詞通りに折紙をするとハートのかたちになるんです。

えええ!? 素敵ですね。

松川
お客さんにハートのかたちの手紙をもらって、すげぇなって思って、ネットで折り方を調べたんですよ。それと、恋愛観を重ねたら面白いなって。だから、《まずはそちらとこちらで ちょうどあいだを探して》で折って…(と、実際に正方形の紙をハートに折っていく)。

おー、ハートですね。こんな仕掛けが含まれている歌は、世界初じゃないですか。『みんなのうた』で聴きたいです。

松川
折紙が作れるのは一番の歌詞だけなんですけど、ぜひ使ってほしいですね(笑)。

取材中に折り紙を折ってもらうのも初めてでした(笑)。そして、最後が「時計仕掛」のリレコーディングっていう。

塩﨑
これは7年くらい前の曲で、当時からライヴでは定番曲でした。昔の曲ですけど、今でも正面向いて歌える内容なんですよね。音源では前のギターが弾いていたんですけど、今のギターの細川のヴァージョンも好きなので、今回リレコーディングしました。

ライヴも続々と決まっていますね。3月と4月には地元の群馬でフェス『I ROCKS』も開催されますし。

松川
忙しいですね。僕らはホストなんで、どうおもてなししようかと。席ありのホールと、ライヴハウス感のある特設ステージの、2ステージでやろうと思っているので、楽しみにしていてほしいですね。
『薔薇色ノ怪人』
    • 『薔薇色ノ怪人』
    • COCP-39899
    • 2017.03.15
    • 2160円
LACCO TOWER プロフィール

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。LACCO TOWER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着