L→R yuxuki waga、佐藤純一、kevin mitsunaga、towana

L→R yuxuki waga、佐藤純一、kevin mitsunaga、towana

【fhána】fhánaの新境地! メンバ
ー自らダンスも披露!

数多くのアニメタイアップソングを担当して人気のfhána。待望の新曲「青空のラプソディ」は京都アニメーション制作でも話題のTVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』オープニング主題歌で、MVでは意外にもダンスを披露している。
取材:榑林史章

今までになくハイテンションな曲になりましたね。

佐藤
今までで一番明るい曲を作ってほしいと言われて。いわゆる“電波系”の早口の曲を参考にしつつ、自分なりの突き抜け方を考えた結果、フィリーソウルディスコにしよう、と。フィリーソウルならではのゴージャスなストリングスが流麗に流れてて、ワウギターやチャキチャキしたカッティングギター、さらにグルービーなベースが鳴っていて、なおかつドライですっきりした、リバーブをあまりかけない音像を心がけました。イメージしたサウンドが明確だったので、その目標に向けて精度を高めていった感じです。
kevin
僕は佐藤さんから入れてほしいサウンドが明確に指示されていたんです。例えば往年の渋谷系っぽい質感だったり、砂原良徳さんやテイ・トウワさんなどのロービットなサンプリングの質感とか。僕の中にはなかった要素だったので大変でしたけど、新しい引き出しを無理矢理こじ開けてもらった感じで、佐藤さんとのやりとりの作業は楽しかったですね。
yuxuki
ギターソロは当日になって“ジャズのソロが欲しい”と言われて。ビバップジャズギターの教則動画とか、いかにもなものを参考にしながら考えたんです。昨年秋にEarth, Wind & Fireのライヴを観に行っていたので、その時に感じたグルーブやテンション感が全体的に役に立ったと思いますね。

towanaさんにも現場でいろいろな指示が?

towana
はっちゃけた感じを出してほしいと言われたんですけど、私は普段はおとなしいタイプなので、自分の殻を破るのにちょっと勇気がいりましたね。自分のテンションが一番上がる、ライヴの様子をイメージして頑張りました。今までのfhánaの曲を聴いてくれていた人からすると、きっとびっくりするんじゃないかと思います。
佐藤
出だしから《chu chu yeah!》って歌ってますから(笑)。作詞はずっとfhánaの歌詞を書いてくれている林英樹さんなんですけど、出来上がってきた時は僕もびっくりしました。でも、段々と癖になってくるんですよね。

MVでは4人で踊っていますけど、京都アニメーション作品とのタイアップ曲ということで、『らき☆すた』や『涼宮ハルヒ』とかの流れなのかなと。

佐藤
そうですね。実はアニメ『小林さんちのメイドラゴン』のタイアップが決まった時点で、“振り切った明るい曲”で“MVでは踊る”というアイデアがあって。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の放送前から踊ることが決まってたんです。
yuxuki
『逃げ恥』のおかげで踊りやすい空気感になってたので、その点は良かったかなと(笑)。
kevin
でも、慣れないダンスにすごく緊張してしまって、僕は歩く振り付けのところで、右手と右足が一緒に出てしまった(笑)。
towana
その若干ゆるい感じがいいんじゃないかな(笑)。fhánaの男の子3人がガチで踊ってたら、逆に変だし。私もソロのダンスを頑張ったし、メイド服風の衣装もかわいく仕上がったので、ぜひたくさん観てほしいです。

カップリングにはアーティスト盤に「現在地」、アニメ盤に「Forest Map」を収録していて、両方の曲の歌詞に“地図”という言葉が出てきますが、これは意図的なものですか?

佐藤
4月から始まるツアーのタイトルが“fhána Looking for the World Atlas Tour”で、世界地図を探しに行くみたいな意味なんです。それと発売時期は未定だけど3rdアルバムに向けての起点となっていく曲にしたいと思って作りました。

「現在地」はyuxukiさんの作曲で、すごくシンプルなロックサウンド。そして、「Forest Map」はkevinさんの作曲で、いろいろな楽器の音が鳴ってますね。

yuxuki
「現在地」はベースにGalileo Galileiの佐孝仁司くん、ドラムはChocolatleの只熊良介さんに参加していただいて。初期衝動感というか、荒々しさと勢いを出したくて、ヴォーカルもメジャーデビューしてから身に付けたスキルを一旦忘れて歌ってほしいとお願いしました。
towana
そう、それで昔みたいなストレートな歌い方を意識しました。でも、身に付けたものを落とすのは結構難しくて、これも新しいチャレンジになったと思います。
kevin
「Forest Map」はコントラバスを使用して指や弓で弾いてもらったり、いろいろな種類のパーカッションを多重録音して作りました、北欧っぽい空気感が出せたと思います。
佐藤
コントラバスは渡辺等さん。あと、僕が12弦ギターを弾いてます。変則チューニングでジャラ~ンとコードを弾くだけで、すごく世界観が広がるんですよね。
towana
こっちはタイトルに“森”(Forest)が出てくるように、無垢な感じや自然な感じを意識しましたね。Bメロのカタカナの歌詞はロボットっぽい感じが面白いなと思って歌っています。

歌詞は一貫しつつ、まったく違う曲調で。アーティスト盤とアニメ盤、ぜひ両方聴いてほしいですね。

佐藤
実はカップリング曲が違うということ以外に、CDの帯の裏には、それぞれ違ったtowanaの写真がプリントされているんです!
towana
え~! それ、今知りました~。どういう写真が使われてるのか、すごく気になるんですけど!?

では、最後に2017年の抱負をお願いします。

佐藤
前回の2ndアルバムは内にこもるように自分の世界に入っていく感じの作品だったので、次は外に向けて広がっていく感じの活動にしたいですね。あと、アニメに音楽で携わるのはすごく意味のあることだと思っていて。アニメの良さって格差や階層を超えることだと思うんですよね。経営者もサラリーマンも学生もニートの人とかも、“あのアニメは泣けるよね”というところだけで、それぞれの立場を越えたところで仲間になれる。そんなアニメに関わる音楽を作る者として、意味のある作品をもっと作っていきたいと思っています!
「青空のラプソディ」2017年01月25日発売Lantis
    • 【アーティスト盤】
    • LACM-14564 1296円
    • 【アニメ盤】
    • LACM-14565 1296円
fhána プロフィール

ファナ:2011年、佐藤純一を中心に、yuxuki waga、kevin mitsunagaの3名のサウンドプロデューサーによって結成。12年秋にゲストヴォーカルのtowanaを正式メンバーとして迎え、現在の4人体制となる。13年8月にシングル「ケセラセラ」でメジャーデビューを果たし、その後は新人アーティストでは異例とも言える連続アニメタイアップなど、シーンを問わず各界から注目を集めている。fhána オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着