【METAFIVE】入門編にもちょうどいい
、ハーフサイズ

リリースはもちろんのこと、ライヴを含め、精力的に活動中のMETAFIVEだが、彼らの2016年はまだ終わらない。ここに来ての、さらなる新作『METAHALF』。いったいどんな内容になっているのか? その変化や魅力に迫る!
文:田山雄士

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井という、個々に名の知れたミュージシャンが集ったスーパーバンド、METAFIVE。今年1月リリースの1stフルアルバム『META』で音楽ファンをときめかせた彼らから、早くも嬉しい新作ミニアルバムが届いた。その名も“METAHALF”。何でも8月にリリースしたライヴBlu-ray『METALIVE』のおまけとして新曲を1、2曲付けようと考えていたら、メンバーが自ずと曲を作ってきてしまったので、“じゃあ、別で出そうか”ということになったらしい。そうした制作スタイルも、フラットなマインドを持ち、バランス感覚に長けたこの6人だからこそ。また、今作の場合、例えば「Musical Chairs」ではTOWA TEIが、「Egochin」では砂原良徳が、曲作りの工程にノータッチだったりもする。いい具合に投げっぱなしにできて、無理に6人で作り込みすぎていない。それが吉と出たように思う。うまく仕上がるのも、蓄えてきた音楽性が近く、各々がプロデューサー経験のある秀でたプレイヤーゆえと言っていい。
…とまあ、ずらずら書いたものの、高尚と捉えすぎず、ライトに楽しんでみてほしい。マニア向けで終始してほしくない。実際、METAFIVEのライヴには20代のお客さんも多く足を運んでいるし、エッジーでエレクトロニックな要素があるとはいえ、彼らの音楽がEDMのように古びることはまずないので。心配ならば、YouTubeで公開中の『METAHALF』収録曲「Chemical」(スタジオライヴver.)を観ればいい。LEO今井のシャウトや高橋幸宏の力強いドラムなどが、雑念を全部吹き飛ばしてくれる。それは“水曜日のカンパネラが大好き!”“中田ヤスタカのサウンドは神!”っていう若いリスナーにも、クールに響くはずだ。
メンバーの誰かが原型を作り、そこに音を足していった全5曲。基本はツインヴォーカルの歌もので、打ち込み/生演奏を併用している。愛憎サスペンスドラマの主題歌にしたいくらいの妖しくギラついたムードで迫る「Musical Chairs」をはじめ、イントロの水音とエレキベースの絡みや小山田圭吾(CORNELIUS)カラー×ハンマービート的質感に萌える「Chemical」、ゴンドウトモヒコによる哀愁トランペットソロがゾクゾクの「Peach Pie」、レトロな音使い&熱っぽいヴォーカルワークの折衷が美しい「Submarine」など、ニューウェイヴ、サイケ、ファンク、ソウル、テクノポップ、クラブミュージックといった音楽の魅力がユーモラスに、タフに詰まった一枚ですごい! 本当にアクティブな方々です。
『METAHALF』
    • 『METAHALF』
    • WPCL-12456
    • 2016.11.09
    • 1800円
METAFIVE プロフィール

メタファイブ:高橋幸宏、TOWA TEI、小山田圭吾、砂原良徳、ゴンドウトモヒコ、LEO今井という個性派6人のアーティストからなるバンド。14年1月に行なわれた『GO LIVE VOL.1 高橋幸宏 with 小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井』をきっかけに集結し、15年に“METAFIVE”として音楽フェスやイベントに出演。16年1月に1stアルバム『META』を発表した。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着