【イトヲカシ】“100点満点の芸術”
を目指したい

ネット上への動画投稿や全国を股にかける路上ライヴツアーで人気急上昇中のユニット、イトヲカシが待望のメジャーデビュー! 伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)が勇ましく挑む“王道”への挑戦に、ぜひ耳を傾けてみてほしい。
取材:清水素子

まず、最初にうかがいます。イトヲカシが目指している音楽とは、どんなものなのでしょうか?

伊東
老若男女に愛される良質なポップスですね。本当に王道の曲、王道の演奏、王道のライヴで日本の音楽シーンのど真ん中に行きたいと考えていて。今まで作った曲は全てシングルカットされたいし、100万枚売れるつもりで作ってます。
宮田
それで“趣深い”を意味する“いとをかし”からユニット名も付けたんです。そういった日本語の響きは我々も大好きですし、これは求めているものにしっくりくるなと。なので、よく聞かれるんですが、伊東歌詞太郎の名前をヒントにユニット名を”イトヲカシ”にしたわけではないんですよね。そこは本当に偶然で、ちょっと紛らわしいんですけど(笑)。
伊東
そもそも僕ら中学の同級生で、14歳で初めてバンドを組んだ時のメンバーなんです。しかも、お互い楽曲の目指すゴールが近いので、原曲と歌詞は僕、アレンジは彼と信頼して任せることができるし、頭の中にあるアイデアがかたちになるのも早くて、そこってクリエイターとしては非常に重要なんですよ。
宮田
やっぱり音楽もひとつの瞬間芸ですからね。出てきた素材の鮮度が落ちる前にバッと料理するのって、すごく大事。そのためには自分の中に豊富な引き出しを作っておくことが必要だから、音楽はもちろん、芸術だったり、日常生活からも常にインプットしてます。路上ライヴで全国回ってきたおかげで、いろんなシーンを共有することができたから、そのおかげで見据える曲の帰着点が統一できてるんじゃないかな。

なるほど。しかし、“老若男女に響く歌”とは意外ですね。メジャーデビューシングル「スターダスト / 宿り星」にせよ、イトヲカシって青春の煌きを感じる曲が多いので、てっきり若い世代にフォーカスしているのかと思っていました。

宮田
あぁ、嬉しいですね。それって今まさに青春の真っ只中にいる人たち以外も、誰もが経験しているものだろうから、そこに何かしら共感してもらえれば。
伊東
だから、基本的には年齢関係ないんですよ。もちろん60歳になって響く歌、10代にしか響かない歌っていうのもあるだろうけど、同時に全世代に響く歌、100人中100人に響く歌があると僕は信じていて。というのも、夏目漱石の『こころ』を読んだ時に、芸術の正解が100点満点だとしたら、これは99.99999点を出してる作品だ!と感じてしまったんですね。人間の心の闇というものを非の打ちどころなく表わしていて、やっぱり絶対に大正解の芸術というものはあるんだなと。そういう100点満点の芸術を目指して、僕はメロディーも歌詞も作ってます。
宮田
王道の定義のひとつは奇をてらわないことだと思うんですよね。奇をてらってエッジーなものを作れば、特定の嗜好の人には刺さりやすいけど、それ以外の人からすると好みでなかったりする。そうでなくベーシックなもの…つまり、“普通”で“普遍的”なものって、やっぱり一番難しくて。でも、そこに対して諦めたくはない。

それは今回の両A面デビュー作も例外ではなく?

伊東
もちろんです。「スターダスト」で歌いたかったのは、一瞬で消える流れ星に願いを込めるよりも、本当に叶えたい夢があるなら自分自身に願いをかけて、自力で頑張ったほうが近道じゃないか?ってことで。要するに、一生懸命やれば夢は叶えられるんだっていうメッセージを、僕らは今後の自分たちの生き様で証明していくつもりなんです。
宮田
ある意味、デビューにおける決意表明ですよね。こんなこと歌っててコケたら、ダサすぎるんで!
伊東
ただ“願う”ことの力も否定してなくて、もともと身体が弱かった僕が今では医者知らずになったのも、理由を考えるとファンの人たちの声援しかないんですよね。温かい応援の言葉を手紙やSNSやライヴ会場とかで掛けてもらうようになって、風邪もひかなくなった。やっぱり言霊の力ってあるんじゃないかと、僕は結構本気で思ってるんです。
宮田
そういう見えない力はMVでも描かれてます。誰かのために掛ける願いなら、やっぱり届くと信じたいですよね。

一方、「宿り星」のほうはアニメ『双星の陰陽師』のEDテーマということで、これまた王道なラブバラードですね。

伊東
とはいえ、アニメの世界に寄せすぎてしまうと、自分たちらしさがなくなってしまうので、その両方が並び立つところを目指して歌詞は書きました。なので、自分の心の中にある等身大な言葉しか使ってない。それが僕の書き方なんです。
宮田
加えてサウンド面では、いかに奥行き感だったり壮大な雰囲気を出せるか?というところで、生のピアノやストリングスを入れました。「宿り星」がバラードで「スターダスト」が疾走感のあるポジティブな曲と、僕らの音楽性の一部を切り取った作品ができたから、これを機に僕たちを知らない方には“イトヲカシ”をお見知りおきいただきたいですね。
伊東
僕はニコニコ動画の歌い手としても活動しているので、色眼鏡で見る人もいるかもしれないけど、僕は自分のライヴでそれを変える自信がありますから。そして、今まで応援してくださっている方々には、イトヲカシがメジャーデビューまでこられたのは“あなたのおかげです”と伝えたい。音楽って聴く人がいないと本当に意味のないものだから、全ては僕らの音楽を“いいよね”と評価してくれたり、わざわざライヴに足を運んでくれる方たちのおかげなんですよね。特に僕らのファンってすごくマナーが良くて、その評判のおかげで今、路上ライヴの許可取りもどんどんスムーズになってるんですよ! 
宮田
顔出しNGという僕らのコンセプトを理解して、写真を撮ろうとする人を注意してくれたり。もう、一緒にイトヲカシを作ってる仲間みたいな感覚なんですよね。
伊東
うん。なので、本当に“ありがとうございます”と言いたいです。
「スターダスト / 宿り星」2016年09月21日発売avex trax
    • 【CD+DVD】
    • AVCD-83700/B 1700円
    • 【CD】
    • AVCD-83701 1000円
イトヲカシ プロフィール

イトヲカシ:伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)によるふたり組音楽ユニット。中学時代からの同級生であり、初めて結成したバンドのメンバーだったふたり。卒業後、別々の音楽活動を経て再会し、各々が培った音楽を一緒に発信すべく2012年にイトヲカシを結成。並行して、インターネットの世界に音楽を投稿、さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をそれぞれが個々で行なっている。16年9月にシングル「スターダスト/宿り星」でメジャーデビューを果たした。イトヲカシ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着