【マオ from SID】このアルバムはロ
ックじゃないものに振り切っている

秋の夜長にゆったり聴きたくなるお洒落で甘く切ないラブソング。シドのマオがマオ from SID名義で、1stミニアルバムを完成させた。ヴォーカリストとして新たな挑戦に踏み切ったマオにその心境を訊いた。
取材:山本弘子

マオ from SIDとしてシングル「月/星」でソロデビューを果たしましたが、もともといつかソロとして活動したいというイメージはあったのですか?

シドで活動する前は先輩方を見て、“いつかソロを出す!”みたいな漠然とした憧れはあったんですが、実際にバンドを始めてからはシドの中で自由にやれていたので、どんどんそういう気持ちは薄れてきていたんです。改めてソロという発想が自分の中に生まれてきたのは、2016年のバンドのスケジュールがゆったりしていたので、歌うことをお休みしたくないなって気持ちが膨らんできたからですね。やるのならバンドでやっていないこと、今後もバンドではやらないであろうことをやろうって。

1 stミニアルバム『Maison de M』には洗練されたポップスが収録されているし、写真もスーツにコートを羽織っていて、色合いもシックで大人な雰囲気ですよね。

シドはロックバンドですけど、ソロはジャンルがロックじゃないものに振り切っているかなって。バンドにはないブラックミュージック的要素を意識しています。

お洒落なソウルのテイストが盛り込まれていますよね。普段聴いている音楽もそういう系統のものですか?

日本人の方が多いんですが、一番好きなのは久保田利伸さんです。ソウルやファンクの匂いがしつつ、そういうジャンルを聴かない人にも親しみやすくスッと入っていける絶妙なバランス感が好きですね。

マオさんの楽曲にも同じことが言えると思います。ソロでのレコーディングを経験して、新たな発見はありました?

ありましたね。レコーディングもスタジオの環境も違うし、参加していただいたスタジオミュージシャンの方もエンジニアの方も初対面だったので、不安と緊張が入り混ざって、ずーっと緊張していました。

それは久しぶりの感覚だったのでは?

初めての感覚でした。バンドで最初にレコーディングした時は年齢も若いし、未知の世界だったのでワクワクしてテンションが上がっていたんですけど、今は経験を踏まえた上でひとりでポーンと飛び込むっていう。久しぶりに恥ずかしい思いもしたんです。スタジオミュージシャンの方たちは初対面なのに“せーの”で3回ぐらい演奏して合わせればOKが出るんですけど、自分は難しくてなかなか歌えなかったり…。もっと上手くなりたいってすごく思いましたね。

刺激的な経験だったのですね。ミニアルバムのタイトルを“Maison de M”にした理由というのは?

“Maison”は響きがかわいくてお洒落だし、いつか使いたかった言葉だったんです。今回の作品は“俺の趣味の部屋”みたいなイメージだったのでいいかなって。

楽曲はラヴソングで統一されていますが、1曲目「chandelier」はゴージャスな夜の恋愛曲でありながら、歌詞に《定刻が鳴り響く》《幕が開いたら 夢の始まりの香り》という言葉が出てきてライヴを想像させます。

ライヴって自分にとって恋愛に近いものがあるんです。それもひとつのラヴソングかなと思って、この曲はステージを意識していますね。シングルでもリリースした「月」もそういう面がある曲です。

「月」には《巡る季節を 一緒に色褪せていこう》というフレーズが出てきますが、これはファンの人と一緒に月日を重ねていこうというニュアンスですか?

そうですね。5年ぐらい前までは色褪せない俺をずっと見せていかなきゃなっていう気持ちがあったんです。

ヴォーカリストとしてキラキラ輝いていなきゃって?

はい。でも、最近はカッコ良い色褪せ方なら喜んでくれるのかなって。ちょっと息を抜くのも大事かもって考え方が変わってきたんですよね。今回のアルバムの曲自体、“盛り上がろう!”って爆音で聴くというより、リラックスして楽しめるものになっていると思うので、バンドがメインディッシュならソロはちょっと胃を休ませる的な(笑)。

ー歌も抜くところは抜いてとても繊細だし、サウンドとの絡まり具合が心地良いですものね。歌詞も今までより愛情をストレートに表現していると感じました。

バンドでは歌詞ができたら、まずメンバーに見せるけれど、今回はその工程がないので変な話、照れがないというか。いつまで照れてるんだって話なんですが(笑)。

13年、照れ続けてる?(笑)

(笑)。だから、ちょっとストレートになっているのかもしれないですね。今後、こういう書き方が新しい自分のスタイルとして加わっていけばいいなと思います。

初回生産限定盤に収録されている映像についても教えてください。初回生産限定盤Aの「サヨナララスト」のミュージックビデオはどんな映像になっていますか?

オフショット映像とライヴ映像で構成していて、初めての挑戦です。どうせなら楽しいほうがいいかなと思って“遊んでいるところを撮るのはどうですか?”って提案して、ご飯を食べたり買い物したり、犬と散歩している映像も入っています。自分が飼っている犬なんですけど。

マオさんの愛犬、初出演ですか?

そうなんです。結構な尺を取ってます(笑)。

貴重ですね。初回生産限定盤Bの『超密着!「Maison de M」スペシャルオフショット〜長編映像集〜』のほうは?

これは春に回ったインストアの模様やPVのオフショットだったり、べったりと俺に密着した長い映像なので“ちょっと好きだな”ぐらいの人は観ないほうがいいかもしれない(笑)。

マオさん大好き!ぐらいのレベルに達してないと?

そうですね。友達に勧めるなら初回生産限定盤Aにしたほうがいいと思います(笑)。
『Maison de M』2016年09月28日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤A(DVD付)】
    • KSCL-2787~8 2800円
    • 【初回生産限定盤B(DVD付)】
    • KSCL-2789~90 2800円
    • 【通常盤】
    • KSCL-2791 2300円
マオ from SID プロフィール

マオ・フロム・シド:シドのヴォーカリストであるマオのソロプロジェクト。シドは2003年に結成され、08年にメジャーデビュー。数多くのヒット曲を世に放ち、10年には東京ドーム公演を行うなど常に音楽シーンを牽引する存在に。活動13年を迎える中、新たな挑戦として同ソロプロジェクトが始動。16年6月には、1stシングル「月/星」を発表した。マオ from SID オフィシャルHP

シド プロフィール

シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。18年はバンド結成15周年&メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして、計50本以上にも及ぶ全国ライヴハウス公演やアジアツアーを実施し、19年3月にグランドファイナルとして横浜アリーナ公演を大成功に終えた。20年3月にシングル「delete」を発表。11月より3作品連続配信を経て12月23日にシングル「ほうき星」をリリースする。21年には自身初の配信ライヴと河口湖ステラシアターでのライヴも控えている。シド オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着