L→R 沖井礼二(Ba)、清浦夏実(Vo)

L→R 沖井礼二(Ba)、清浦夏実(Vo)

【TWEEDEES】作為がなくて、芯の強い
ポップス

TWEEDEESの2ndアルバム『The Second Time Around』が早くも完成! 前作以上のひらめきに満ちていることはもちろん、清浦夏実(Vo)と沖井礼二(Ba)がバンドとして有機的に進化したのも話しぶりから伝わってくる。いいコンビです、本当に。
取材:田山雄士

結成発表から1年半ですが、振り返ってみてどうですか?

清浦
早かったですね。TWEEDEESがどんなバンドなのかを探しながら、楽しみながら、ずっと動いてた感じがします。
沖井
始めてみなきゃ分からないことって、たくさんあるんです。自分たちの曲もリリース前後で聴こえ方が変わるし。聴いてもらってるのを意識して、また新たなTWEEDEESを発見する感じです。

沖井さんから今もフレッシュな言葉が出てくるのが素敵ですね。

沖井
あははは! 長くやってて鈍感になるのは一番嫌ですよ。自分の作品にも常に驚いてたいじゃないですか。聴いてくれる人がどう思うかみたいなことが分からなくなったら、たぶん流れ作業になっちゃう。
清浦
沖井さんの柔軟さや完璧さがあって、私はそれを壊しつつ、新しい芽を出していくようなバンドにしたくて。結構やり合ってます(笑)。
沖井
だいぶ減ったけどね。
清浦
1枚目に比べたら。
沖井
レコーディングスタジオで大喧嘩してたんで(笑)。あなた、泣いてたもんね。
清浦
泣きながら怒る、みたいな(笑)。最初からこれじゃあ、ダメかもって思った。
沖井
ご存知の通り、僕はコーラスをいっぱい録るんです。で、この人が歌を録り終えたあと、いつものように重ね始めたんですよ。そしたらある時、“何で勝手に重ねていくんですか!”って爆発して(笑)。彼女はもともとソロアーティストとして活動していたから、自分以外の声が入るのに慣れてなかったんだけど、僕はずっとこうやってきたから怒られるなんて思ってないわけで。
清浦
私は置いてけぼりな気持ちで。そんなことが多々ありました。

始めの段階でぶつかれたのは、今考えると良かったんでしょうね。

沖井
そう思いますね。
清浦
お互いの持ち場を守る喧嘩だったので。
沖井
言われまくってますよ。
清浦
徐々にいい感じになれました(笑)。

そんなこんなを経て、前作に比べて短いスパンでの2ndアルバムですが。

沖井
1stアルバム『The Sound Sounds.』の最後のほうに「Boop Boop Bee Doop!」という曲ができたから、すぐ2ndに向かえましたね。TWEEDEESの雰囲気がだいぶ分かってきた段階で、作為のないくだけた彼女のヴォーカルがどういう曲で一番活きるのかを想像して、声を頭の中で流したらあのメロディーになった。初めてのやり方でした。
清浦
そのあと、R&Bっぽい「melody」ができたり、私にも沖井さんにもなかった要素の「私の悪い癖」に挑戦したりして、どんどん変われていった気がします。
沖井
ギリギリまでやってたけどね。「ムーンライト・フラッパー」なんて、作ったの5月末だし(笑)。
清浦
ストックもいっぱいあったんですよ。
沖井
それを捨ててね。レコーディングで手応えを感じると、新曲をやりたくなっちゃうんです。ごめんなさい(小声)。
清浦
1カ月前行動したいです。もう、いつも土壇場で!
沖井
すみませんでした〜!
清浦
でも、ソロじゃこの高揚はなかったし、楽曲というものは有機的に作っていくべきなんだと日々感じてます(笑)。

今作『The Second Time Around』はどんなアルバムになりましたか?

沖井
いい意味で2ndに対する作為が抜けてますね。頭を自由にして、今のTWEEDEESのモードに向き合えて、前作とは違う種類のポップスになったのが面白い。
清浦
1stのひらめきが偶然の産物ではないのは示したくて、そこは達成できたと思います。

今作は清浦さんをフィーチャーしたジャケットですね。

沖井
最初にこれをやったら、ダメだと思うんです。娘っ子ちゃんひとりを表に出して後ろで大人が作ってるっていう、ヤラしい感じのポップユニットに見えちゃうでしょ? なので、1stはバンドのイメージカラーとエンブレムにしたんです。それを経たからこそ、“アイコンたる人は彼女ですよ”と改めて提示する必要があって。

清浦さんの新たな持ち味を、沖井さんが引き出せたところもありますか?

沖井
僕が引き出したというよりは、もう侵食され始めてるかも。
清浦
んふふ。
沖井
んふふ、じゃねぇよ(笑)。つまり、作曲に彼女が関わってきてる。「PHILLIP」にしても、僕が取りかかってて“PHILLIP”っていう曲にしようと思うんだって言ったら、この人が突然“Phillip♪”って歌い出して。そのメロディーがいいから、採用せざるを得ないんです。20年くらいやってきた自分にはできない、すごくフレッシュなものがポンポン出てくる。
清浦
ほとんどアドリブなんですけどね。私が気持ち良く歌った鼻歌に、コードを付けてもらって。“そっちじゃなくて、こっちのほうが好き!”とか言いながら。
沖井
直しが入ることもある。僕らのiPhoneの中は鼻歌だらけですよ!
清浦
沖井さんのメロディーって、スピード感や優雅さがあって、熱血だったりもして、「速度と力」なんかはそれが分かりやすく活きてますよね。まさに沖井節! そこに鼻歌で作った私の曲が混ざって、幅は生まれたのかも。

「友達の歌」は特にグッときました。

清浦
お互いの良さが出せて、手応えがある曲です。沖井さんのメロディーを受けて、スケールの大きな美しい景色をイメージして。これはソロ時代から描きたかった景色でもあって、自分の人生のテーマみたいなものを込められたし、堂々としたタイトルを付けられる曲に仕上がりました。きれいだけど、沖井さんの編曲で激しくなっていく。そのコントラストもお気に入りで。
沖井
Cymbalsの前は僕、4ピースのロックやブリティッシュビートとかが好きだったんですよ。そういうのはほぼ出せてなかったんだけど、彼女のヴォーカルを得て初めて自然にできたというか。安心して曲が書けてるんですよね。
清浦
TWEEDEESはこういう王道っぽさが似合うバンドなんじゃないかなと。
沖井
オシャレなバンドってどこか捻くれてるとか言われがちだけど、そんなのどうでもいい(笑)。化けの皮は簡単に剥がれる時代だし、分かりやすい芯の強さがあればOK!
清浦
2ndは自転車のギアがひとつ上がった気もしますしね!
沖井
というより、補助輪が取れた感じかな。
『The Second Time Around』2016年07月20日発売日本コロムビア
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • COZP-1218〜9 3888円
    • 【通常盤】
    • COCP-39649 3024円
TWEEDEES プロフィール

トゥイーディーズ:2015年に結成され、同年3月に1stアルバム『The Sound Sounds.』を発表。16年7月には2ndアルバム『The Second Time Around』、17年6月にはミニアルバム『à la mode』をリリースした。ポップスとロックの王道を貫く高い音楽性とファッション性を持ち、等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むライヴにも定評がある。TWEEDEES オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着