L→R Daiki(Vo&Gu)、Natsuki(Dr)、ISATO(Vo)、まーきー(Gu)、しゅうま(Ba)

L→R Daiki(Vo&Gu)、Natsuki(Dr)、ISATO(Vo)、まーきー(Gu)、しゅうま(Ba)

【LOCAL CONNECT】“とにかくロック
に!”という意思を込めた新作

昨年春にメジャーシーンへの進出を果たしたLOCAL CONNECTから2ndミニアルバム『7RAILS』が到着。前作以上にロック濃度が高まった本作とリリースツアーの展望についてメンバー全員に語ってもらった。
取材:森 朋之

1stミニアルバム『過去ツナグ未来』のリリースから約10カ月が経ちましたが、振り返ってみてどうですか?

ISATO
初めてづくしの10カ月だっただけに、得るものがとても多かったですね。全国流通も初めての経験で、1枚のCDにいろんな人の想いがあることを感じられたのは非常に大きかったと思います。特に印象に残ったのは『過去ツナグ未来』のリリースツアーファイナルで。不安だらけの中、ツアーで出会ってつながった人たちの顔がステージから観えた時の、あの感覚はずっと忘れません。
Daiki
ツアーファイナルを経て、ツアーの意味であったり、音楽を通して人とつながる喜びを知りました。ライヴのひとつひとつが、ほんまに大切な時間なんやなぁって。

メジャーデビュー以降の意識の変化もありそうですね。

Daiki
正直、メジャーデビューをしてすぐの時はあんまり実感もなくて。変わらず“ライヴが好きで、音楽が好きで”っていう少年みたいな気持ちだったんですけど、こういう取材もそうだし、関わってくれる方が格段に増えたことが意識の変化につながりました。ただ音楽をするんじゃなくて、誰に伝えたいのか、どんなふうに頑張っていくべきなのかを鮮明に意識するようになったので。

そして、2ndミニアルバム『7RAILS』がリリースされました! 制作前にはどんな作品にしたいと考えてました?

Daiki
前回の『過去ツナグ未来』は半分以上が前身バンドの曲だったんです。今回は現メンバーでの初めてのオリジナルアルバムなので、かなり気合いが入ってましたね。どストレートなメッセージ性を込めると同時に、前作に比べて幅広くいろんな世代の方に聴いてもらいたいっていうのがテーマでした。その希望通り、ジャンルという壁をぶち破れる作品になったんじゃないかと思います。
Natsuki
前作は半分が僕の考えたドラムフレーズではなかったので、それを叩くことを楽しむだけだったんです。今作からは全曲僕が考えているので、一曲一曲Daikiさんの意図を崩さず、でも、できるところで好き放題やってます(笑)。
Daiki
今まででも気付かなかった、Natsukiの引き出しの広さに驚かされることが多かったですね。ぜひ歌だけではなく、楽器も聴いてほしいです。5人揃えて力作と言える作品になっているので。

前作以上にエモーショナルなサウンドも印象的でした。

まーきー
そうなんです! 今回の作品は前回よりもロックにしたかったし、楽器もさらに出していこうと決めて制作したので。“とにかくロックに! エモーショナルに!”と時間をかけて話し合って作りましたし、個々のフレーズも何回も見直しつつ、意見を言い合いながら進めていきました。
Daiki
前作ではストレートに歌うことを意識しすぎて、自分らしい歌を歌えていたのかどうか不安な部分もあって。だから、今回は一曲一曲に対して“どんなイメージの歌い方があるのか”ということをかなり意識しました。曲によっていろんなテンション感で歌うふたりに注目してください!
Natsuki
今回は楽曲自体の曲調も幅広くて、その中で自分がこれまでしてこなかったアプローチをたくさん取り入れてます。ドラムはDTMで打ち込んでフレーズを考えるので、手癖ではないフレーズを身に付けるのに苦労しましたね。レコーディングだけじゃなく、ミックス作業やマスタリングに立ち会えたこともサウンド的に大きい変化を生んだと思います。
しゅうま
僕の中で特に印象に残ってる曲は2曲目の「沈丁花」。最初にDaikiからデモが送られてきて聴いた時に、すごく心がドキドキしたんですよ。LOCAL CONNECTらしさを兼ね備えつつ、新しさもあって、自分たちの行く先が見えたので。全曲の中で新しい挑戦をしてるので、ワクワクしながら聴いてほしいですね!

ISATOさんが“俺らとあなたで育てる2枚目のミニアルバムが出ます!!”とツイートしていましたが、このコメントに込めた思いを教えてもらえますか?

ISATO
基本的に僕らのスタンスがこうなんです。アルバムをリリースする段階で楽曲は完成しているのですが、ツアーに出て各会場で出会う人の体温を受け取って、曲たちはどんどん成長していくんで。特に今作は全曲“LOCAL CONNECTオリジナル”になるので、みなさんとこの気持ちを共有したくてあえて文字にしました。
Daiki
メンバーながら“すごくいいこと言うなぁ”と思いましたね。僕らだけじゃなくて、聴いてくれる人あってのライヴだと思っているので。

『7RAILS』のリリースツアーも楽しみです! 特に5月に行なわれる東名阪のライヴ、6月の京都のワンマンライヴは重要なイベントですよね。

まーきー
そうですね。前回の『過去ツナグ未来』リリースツアーから学んだこと、吸収したことを全部出し切って、2016年後半へつながるライヴにしたいです。一本一本を大切にして、僕たちとお客さんとで記憶に残るファイナルシリーズを作り上げたいですね。
Daiki
特にファイナルは初のワンマンなのですごく大切な日です。僕たちのこの1年間を表した日になるので、たくさんの方と笑って泣いて踊って最高のワンマンにしたいですね。

全国のライヴハウスでこれからLOCAL CONNECTとつながるオーディエンスにメッセージをお願いします。

Daiki
いつでも側にいるような音楽をずっと作っていきたいと思っています。物理的に手が届かなくなるくらい大きくなりたいんですが、変わらずあなたの背中を押し続けます!
ISATO
純粋に真っ直ぐに表現したいことをあなたに投げかけていきたいですね。僕らはライヴを武器にして、この5人で感情的な時間を生み出しているんです。あなたが必要としてる音楽が、ライヴが、必ずLOCAL CONNECTにあると信じて…つながりましょう! 会場で待ってます!!
『7RAILS』
    • 『7RAILS』
    • VPCC-81868
    • 2016.04.06
    • 1800円
LOCAL CONNECT プロフィール

ローカルコネクト:京都府長岡京市出身、5人組ロックバンド。透明感があり、伸びのあるハイトーンヴォイスのISATO、泥臭く熱量を放つDaikiのふたりが織りなすツインヴォーカルの極上ハーモニー。正統派ロックバンドの中でもずば抜けて輝くメロディー。疾走感と透明感が共存したどこまでも美しく力強いサウンドは唯一無二。幅広い世代に受け入れられる王道のポップ/ロックミュージックを表現している。LOCAL CONNECT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着