L→R Mally(Dr)、miko(Gu&Vo)、ジョウ(Vo)、乙魅(Gu)、猶人(Ba)

L→R Mally(Dr)、miko(Gu&Vo)、ジョウ(Vo)、乙魅(Gu)、猶人(Ba)

【exist†trace】最高の今、この瞬間
をファイリングしていった

約1年半振りとなるミニアルバム『THIS IS NOW』が完成した。激動の2015年を乗り超え、彼女たちが掴み取ったものの答えが本作だ。5人がひとつの塊になって鳴らす曲には本物の熱さがある。ジョウ(Vo)とmiko(Gu&Vo)に話を訊いた。
取材:山本弘子

最新ミニアルバム『THIS IS NOW』はエネルギッシュで一曲一曲が際立っていて、バンド魂全開ですね。

miko
表題曲の1曲目「THIS IS NOW」は衝動的に、今、この瞬間を吐き出してぶつけたいと思った曲で、その時点ではリリースすることも決まっていなかったんです。タイトルが決まっていないうちからライヴで演奏していたんですけど、“これが本当の今の私たちだ!”って気付けた曲でもあり、音源にしてほしいという声も多かった曲なんです。いつの間にかライヴの軸になるぐらい育っていったので「THIS IS NOW」に引っ張られて、今回のミニアルバムができたところがありますね。
ジョウ
結果、今の自分たちが“これだ!”と思える輝く瞬間をパッケージした一枚になったと思います。
miko
前作のフルアルバムはひとつのアートみたいに作品性を重視した作り方をしたんですが、今作はライヴで演奏している私たちやファンの顔がリアルに想像できる曲ばかりで、exist†traceが今求めている歌、音に行き着いた気がするんですよね。リード曲はMVを撮った2曲目の「DREAM RIDER」だけど、どの曲も負けてないし、パンチがあるし。

刺さってくるし、イントロからグッと掴まれる曲が多いですよね。2015年のバンド活動の中で感じたことが反映されているのでしょうか?

ジョウ
そうですね。2015年はバンドにとって激動期というか、何が起こってもおかしくない1年で、メンバーとも何度も話し合ったんです。そんな中、「THIS IS NOW」が生まれてメンバーがひとつになったというか。

激動というのは、例えばバンドがバラバラになりそうな危機があったとか?

miko
バラバラとまではいかないですが、長期的な展望について話した時にメンバーの中でいろいろな意見が出たんですね。どこかに迷いがありながら“いや、自分たちの信じてきた道を進めばいいんだ!”って言い聞かせるような気持ちで作ったのが「TWIN WINGS」で。それが確信に変わったのが「THIS IS NOW」ですね。やっぱり、この5人で掴みたいものがあるって。

《共に戦い 進む これが 今の 全て》って歌っていますものね。

ジョウ
この曲ができて、それぞれが今、何をするべきか明確に見えたんです。ライヴを大切にしようという気持ちがより強くなりましたね。それと今回の作品は珍しく、歌詞に英詞が混ざっている曲が多いので、新しいものを手に入れた感じがして歌っていても楽しかった。
miko
曲が呼んでいたのがリズミカルな英語だったというのと、ヒップホップやラップの要素が欲しかったので取り入れてみたりしました。今までずっとジョウは日本語がいいって言ってたんですけど、英語を歌ってもカッコ良いし、“まだまだ、このバンド、いろいろできるぞ”って。

新しい可能性が見えたミニアルバムでもあるわけですね。自分をうまく表現できない人や、やりたいことに踏み出せない人など、メッセージを届けたい人が見えているとも感じました。そういう意味で印象深い楽曲は?

ジョウ
歌詞は乙魅の書いた「Shout Out」以外はmikoが書いているんですが、「DREAM RIDER」には自分も背中を押されたというか、勇気をもらいました。
miko
やった!(笑)
ジョウ
迷ってたら夢は追いかけられない。《COME ON! DREAM RIDER 迷わずGOING THROUGH THE LINE》というところとか、“これからも一緒にexist†traceという夢を追いかけようぜ”ってmikoに言われた気がしてグッときましたね。それを聴いてくれる人や、これから出会う人に自分なりの気持ちを込めて伝えようと歌いました。楽曲的にも疾走感がある気持ちの良い曲です。
miko
私は最後の曲「BLAST」ですね。一番最後にできた曲で、最新の音と歌詞です。“BLAST YOUR NOW”っていう言葉には“君の今を壊せ”っていう想いを込めているんですが、同時に自分たちにも言い聞かせているんです。“今日のライヴは最高だったね”と思っても、“明日は今日をぶち壊して超えていかなきゃ”という気持ちを持っていなければ、ミュージシャンとして終わってしまう。この曲を聴いた人が“明日も頑張ろう!”って思ってくれたら嬉しいですね。応援ソングというわけでもないんですけど。

いやー、ファイティングソングですよね。闘っている!

miko
そうですね(笑)。exist†traceはすごく闘っているバンドだし。結成当時は性別の壁と闘っていて“女だからってなめるなよ!”って思っていたけど、今は自分たちの表現に向かい合っている。そういう意味では昔のような衝動がこもっているアルバムかもしれない。

「BLAST」にも“THIS IS NOW”という言葉が出てきますよね。

miko
はい。「THIS IS NOW」という曲を肯定しながら否定するみたいな。
ジョウ
この先もexist†traceは続いていくわけだし、今をどんどん超えていくという意志が込められていると、歌っていてもひしひしと感じましたね。

“今”という瞬間がどんどん連なっていくみたいな?

miko
そうですね。サビで《最高のこの瞬間も 過去のページへと》って書いたんですが、最高の“THIS IS NOW”をみんなと一緒にどんどんファイリングしていくイメージですね。そうすることによって未来も作れるんじゃないかって。お客さんの存在を近くに感じながら作ったんですが、“こうしたら喜んでくれる”とかじゃなくて、本当にexist†traceがやりたいこと、伝えたい想いを表現できた。ちゃんと自分たちの足で立って発信できたアルバムだと思います。
『THIS IS NOW』2016年03月16日発売Monster’s inc.
    • 【通常盤】
    • MOCD-1910/A 2160円
    • 【ワン野口CD!限定トライアル盤】
    • MOCD-1910/B 1000円
    • ※初回数量限定
exist†trace プロフィール

イグジスト・トレイス:結成当初からの持ち味である、男性バンドにも引けをとらない骨太サウンド、女性ならではの繊細さが共存したエモーショナルな楽曲と男前なライヴパフォーマンスが魅力。2011年6月に5TRACKS CD「TRUE」でメジャーデビュー。以降、よりボーダーレスで多彩な音楽性を展開。日本のみならず、ヨーロッパやアメリカでのライヴツアーや大型コンベンションへの出演も果たし、国内外問わず精力的に活動している。 exist†trace オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着