【奥華子】自分の心次第で見えるもの
も見えなかったりする

デビュー10周年にリリースされるニューアルバム『プリズム』は、奥華子自身も自然体だったと語るほど、彼女らしい楽曲が並んでいる。また、“気付き”の曲が多いとも語ってくれた同作。今だからこそ作れた一枚だと言えるだろう。
取材:石田博嗣

7月からスタートした弾き語りツアーは、半分が終わって折り返したところなのですが、どんなライヴができていますか?

10周年っていうのがあるんですけど、一番自由にやってますね。歌いたい曲をその日に決めて、セットリストをいろいろ変えたりして…シンプル・イズ・ベストで、ひたすた歌うっていうライヴなんで、それっていいなって思ってます。やっぱり10年を振り返るのは難しくて…長いし(笑)、お客さんそれぞれで好きな曲も違うので、自由にやらせてもらってますね。

今回のアルバムにも入っている「嘘つき」「東京暮らし」「友達のままで」などの新曲を初日から披露されていましたが、アルバムの曲は早い段階からあったということですか?

ツアー前にある程度は揃ってましたね。でも、ツアー中も作っていたので、曲ができたら“じゃあ、やってみよう”ってやったりもしてました。

そういう新曲というのは、やはり10周年を意識して作っていたり?

いや、そんなことはないですね。いつも通り、オリジナルアルバムを作る感じでした。

そうなんですね。10周年目に出るアルバムということで、目立ったチャレンジがあったり、振り切ったものがあるというより、パブリックイメージとしてある、奥華子らしいものになっている印象がありましたよ。

そう言っていただけると嬉しいです。今の自分が思う恋愛観がストレートに出た曲が多いし、とても自然体なのかもしれないですね。何も考えていなかったんで(笑)。あと、今回はアレンジを自分でやったものが多いので、それもあるでしょうね。

アルバムの全体像はイメージされていたのですか?

自分でも数週間前まではどんなアルバムになるか分かってなかったです(笑)。曲数自体はもっとあったんですよ。でも、似たような感じの失恋ソングだったんで、同じような感じのものを入れるんだったら、「羅針盤」や「雨のプリズム」みたいな変化球が欲しいなって。で、ファンの方へのメッセージ…これは10周年というよりも、ここまで支えてくれた方への感謝の気持ちを伝えるものが1曲あるといいなと思って、最後に「ガンバレ」を作ったんです。

じゃあ、曲順を決めるのも結構ギリギリで?

ギリギリでしたね。今回の曲順はストーリー性というよりも、奥華子を知らない方々に、まずはどうしても聴いてほしい曲と奥華子らしいものを前のほうにしました。「ガンバレ」はファンの方に向けたものなので最後にして。ファンの方は最後まで聴いてくれるっていう安心感があるんで(笑)。

このアルバムを聴いてもらうには「楔 ‐くさび‐」は1曲目だと?

そういう意味でも今回は奥華子の名刺代わりになるアルバムになったと思うんですね。「楔 ‐くさび‐」は奥華子の原点となる曲だし、そこから始まって「スターチス」「東京暮らし」という恋愛以外のものもあるって知ってもらって、「好きだったんだ」は弾き語りで…やっぱり弾き語りって奥華子の代名詞だと思うんですよ。なので、この流れは大事かなと(笑)。

そんな今作の特徴だと思うのですが、気持ちをドンと吐き出した曲が多いですよね。「好きだったんだ」は物語的ではなく、“好きだったんだ”という想いだけで歌詞が書かれているというか。

ストーリー性もないし…“好きだったんだ”だけなんですよね(笑)。その気持ちをちょっとだけ説明しているというか。

だから、聴く側がいろいろ想像を膨らませられるというのもありますけどね。

うんうん。人それぞれにいろんな“好きだったんだ”があると思うんですよ。別れたあとに気付くこともあるだろうし。今回のアルバムって“気付き”の曲というか…なんとなくなんですけど、全体的に“気付く”感じがあると思うんです。アルバムのタイトルにもなってますけど、太陽の光って目には見えないけど、プリズムを通すと虹色に見えて、実は色があったって気付くわけじゃないですか。そういう感じなんですよね。

「友達のままで」もそういう曲ですしね。

そうですね。恋愛に限らず、「東京暮らし」も一人暮らしをして初めて気付くことだったりするし、自分の心次第で見えるものも見えなかったりするから、少し大人になった…まぁ、前から大人なんですけど(笑)、そういうことに気付けるようになったという感じがありますね。落ち着いたんだな(笑)。

あと、どの曲も歌詞が分かりやすいんですよね。いろいろ言い回すのではなく、感情がストレートに綴られていて。

一曲一曲の中で言いたいことがはっきりしている感じはありますね。「好きだったんだ」は“好きだったんだ”っていう想いだけを言いたいし、「友達のままで」も“あなたを好きになりたくない。友達のままでいい”だけを言いたいんですよ。それをより分かりやすくするための言葉を前後に付けている、って感じですね。

「雨のプリズム」はアルバムのタイトルが曲名に入っているので、タイトルが決まってから作ったものになるのですか?

いや、曲はあったんですけど、タイトルが決まってなかったんですよ。“雨の○○”かなとは思っていたんですけど。で、アルバムのタイトルが決まって、“雨のプリズム”っていうのもいいなと。その曲名にしてから少し歌詞を変えたりもしましたね。この曲はサウンド的に浮遊感のあるものを作りたかった…だから、さっきの“これが言いたい”というものとは真逆で、サウンド重視でしたね。言葉もサウンドに合うものを探していったというか。

この曲のシチュエーションがアルバムの中でも異質だったというか…《私はあなたを知らない 名前も住んでいる場所も》で始まるので、“え?”と思ったり。

いきなり出てきた言葉だったりするので、自分でもよく分からないです(笑)。よくあることなんですけど、セクションを鼻歌で作るんですね。で、そこから響きやすい言葉で意味の分かるように変えていくんですけど、この曲は鼻歌のまま変えずに使っている部分が多いんですよ。でも、実はこの曲ってサウンド重視でありながら、プリズムっていう意味での大切なものがあるような気がしているんです。これは奥華子の全部の楽曲に言えることで…この曲の歌詞にも《退屈な毎日が あなたで輝いていた》ってありますけど、恋っていうのは辛いこともあるけど、生きる意味にもなるっていうか。それが全て!って感じがあるんですよね。それがこの歌詞に出ている気がします。大人になると、年齢がどうのとか、どんな仕事をしているとか、そういうことが人を好きになるのに大事な要素になってきたりするじゃないですか。でも、そういうものが見えなくなるぐらい好きになれたら、どんなに幸せなんだろうって思うんですよ。それって何よりも生きる力になるから、この曲はそういうことを言っているのかなと思いますね。

確かに、そういところがありますね。あと、「嘘つき」はどっぷりと切ない曲ですね。

この曲は最初、“告白”っていうタイトルだったんですよ。胸がキュンキュンなるようないい告白と、そうじゃない聞きたくなかった告白とがあると思うんですけど、どちらも告げられた瞬間に全てが変わるじゃないですか。そういう展開から作っていったので、歌詞の世界観から作った感じですかね。ものすごく王道…奥華子によくあるコード感というか、切ないコード感で、普通に切ない曲を作りたかった…そのままですね(笑)。

この曲もツアー初日から披露されていましたが。

早い段階にできていましたね。大阪でのスペシャルライヴの時にもやったんですけど、その時にバンドアレンジでやったんですよ。最初はそんなにアレンジするつもりはなかったんですけど、ライヴでやってみて“あっ、他の楽器が入るのもいいかもしれない!”と思って、バイオリンも伊藤彩ちゃんに弾いてもらって…だから、大阪のライヴがなかったら、このアレンジにはなってなかったと思います。

そして、最後の「ガンバレ」ですが、まさにこのアルバムを締めるために作ったという感じですね。

そうですね。というか、ライヴで最後にみんなと一緒に歌える曲が欲しいなと。「Happy days」ばっかりなんで。で、歌詞から作ったんですけど…やっぱり、そういう意味でも今回のアルバムって、言いたいことがはっきりしているんでしょうね。ライヴのMCでもよく言ってることなんですけど、10年間やってこれたのは、待っててくれる人がいる、聴いてくれる人がいる、“頑張れ!”って言ってくれる人がいるからだと思うんですね。私、マラソン大会とかに出ても、人が見てないとすぐに歩いちゃうんですよ(笑)。でも、誰かが見ていると“あ、走んなきゃ”って思うし、向こうのほうで“頑張れ!”って応援してくれているから“とにかく、あそこまでは走ろう”って思えるんですね。それって普段もそうなんだなって。だから、“頑張れ!”って“見ているよ”という意味っていうか。それを言いたいと思ったんです。

だからか、この“君”はかつての奥華子というか、“僕”も“君”も奥華子だと思いました。それは昔の自分に言っているというのではなく、昔の自分の同じ境遇の人に言っているというか。10周年は意識されていないとおっしゃってましたが、この曲の《出逢えた奇跡》という歌詞は大きな意味を持っているなと。

そうですね。今まで出会えた人たちがいたから、今があるというか。見ていてくれる人がいるっていうのはすごいことだなと思うんですよ。それは私個人のことじゃなくて、みんなそうだと思うんです。そうやって成り立っているって。だから、よく“頑張れ!”って言われると重く受け止めたり、辛くなるって言うじゃないですか。そういうことじゃないんですよね。“頑張って結果を出してね”っていうことではなくて、“見守っているよ”ってことなんですよ。そうやって言ってくれる人がいるってことが、どんなに幸せなことなのかって今は分かっているから、こういう曲が書けるようになったんだなって思いますね。

ライヴが楽しみな曲ですね。

そうですね。まだやってないんですよ。やっぱりCDで聴いてもらってからライヴでやりたいので。

このアルバムがリリースされてツアーの終盤戦に入っていくわけですが、そこからはアルバムの曲がセットリストに加わる感じですか?

今でも新曲は4曲ぐらい歌ってるんですけど、もう少し足して、徐々に盛り上げていきたいですね。アルバムが出たら「ガンバレ」もやりたいし。

“このツアーをどう終えるかによって、また自分自身が変わるような気がする”と前回のインタビューでおっしゃっていましたが、手応え的には?

あー、言ってましたね。変われるのかな?(笑) でも、“ツアーをどう終える”っていうよりも、アルバムって大きなって思いましたね。アルバムを作ることの労力っていうか…今回、ほんとに疲れたんで(笑)。

ツアー中に作ってましたからね。

それもありますし…完成してよかったです。その安心感で倒れそう(笑)。アルバムの発売前に新曲をみんなに聴いてもらって、“いいね”って言ってもらえることが嬉しいし、そこに自分の未来も見えてくる。っていうことは、曲を作り続けるってことが、何よりも自分を支えていくことなんだって、今すごく実感しています。

年末の東京でのスペシャルライヴの構想は?

やっぱりアルバムができたんで、そこからの曲をやりたくなってます。なので、自分自身もすごく楽しみになっているし、楽しみにしていてほしいですね。
『プリズム』2015年10月28日発売PONY CANYON
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • PCCA-04272 4185円
    • 【通常盤】
    • PCCA-04273 3105円
奥華子 プロフィール

オクハナコ:シンガーソングライター。キーボード弾き語りによる路上ライブをはじめ1年間で2万枚のCDを手売りし驚異的な集客力が話題となり2005年メジャーデビュー。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。聴く人の心にまっすぐ届く唯一無二の歌声は年齢問わず幅広く支持されている。また数々のCMソングや楽曲提供を手掛けるなど活躍の場を広げている。奥華子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着