L→R SEIICHI(Ba)、KATSUKI(Dr)、YUKAKO(Vo&Gu)、TADAMITSU(Gu)

L→R SEIICHI(Ba)、KATSUKI(Dr)、YUKAKO(Vo&Gu)、TADAMITSU(Gu)

【Daisy*glitteR】熟練と衝動のミク
スチャーがあなたの明日の糧となる

2013年に結成された4ピースバンドDaisy*glitteRが待望の初リリース。バンドの核を担う若きヴォーカリストYUKAKOと、キャリア充分の豪華楽器陣が織りなす化学反応には、世代を超えたダイナミズムとエモーションがあった。
取材:清水素子

まずはバンドの成り立ちから教えていただけますか?

KATSUKI
自分はドラムの講師をしていて、当時教え子だった高校生から“軽音楽部の同級生で、ぜひ歌を聴いてほしい子がいる”と紹介されたのがYUKAKOだったんです。それで聴かせてもらったら、ものすごく魅力的で! ただ、大学に受かるまでは音楽ができないということだったから、無事に入学するのを待って。それから他のバンドの仕事でご一緒したことのあったSEIICHIさんとTADAMITSUくんに声を掛けて、バンドを組んだという流れですね。
SEIICHI
“KATSUKIくんが言うなら”とYUKAKOの作ったデモを聴いてみたら、それが部屋でギターを掻き鳴らしてるだけのメチャメチャ荒い歌だったんですよ! だけど、メロディーの感じとかコード感に“本当に10代の女の子が作ったの!?”と驚くようなものがあったので、一緒にやってみたら面白いかなぁと。
TADAMITSU
俺も同じですね。聴いてみて“ぜひやりたい!”と思いました。

歌声もハスキーで、とても大人びていますもんね。今回収録の3曲も全てラブソングですし。

YUKAKO
自分の経験を自分の中だけで完結させるんじゃなく、同じような想いをしている人に届けたいという気持ちが強いんです。まったく同じ経験ではなくても、シチュエーションが違っても、人それぞれに想いが重なる部分はあるだろうから、思ったままを書くことで共感が呼べればいいなと。
SEIICHI
内容がどうあれ、それを見たり聴いたりした人にとって、少しでも明日からの糧になるような存在ではありたいよね。音楽はそうあるべきだと思うので。
YUKAKO
そうなんです。自分の経験を活かして、少しでも人の役に立ちたくて。例えば今回のリード曲「Affectation」では、消したいのに消せない記憶との葛藤について書いているんですよ。その記憶のもととなる言葉や行動が見せかけのものだったとしても、すぐに“あれは嘘だったんだ”と自分の中で消せるものではない。そんな葛藤って恋愛に限らず、いろんな場面で起き得ることだと思うので、ぜひ自分の経験に当てはめていただきたいなと。

だから“見せかけ”という意味の英単語がタイトルになっているんですね。しかし、お話を聞くに、もしや歌詞は全て実体験?

YUKAKO
まぁ、わりと…。
TADAMITSU
その時々のYUKAKOの浮き沈みが!
SEIICHI
その辺の素直さだったり、そこから生まれる曲は、僕ら40過ぎのおっさんから見ると新鮮ですよ。もう娘みたいな感覚で。だから、曲の内容だとか雰囲気の発想元はYUKAKOでいいんです。思うことをそのままブレずに書いて、メロディーに乗せてもらって…ただ、それをかたちにするにあたっては、俺らの経験がプラスになることがあるわけで。
YUKAKO
音楽面だけじゃなく、普段の会話でも同世代ではくれないような客観的なアドバイスをくださるので、すごくポジティブになれるんです。それはすごくありがたいですね。

世代の違うメンバーならではの素敵な化学反応ですね。では、今作のラウド感もYUKAKOさん自身の嗜好?

YUKAKO
はい。むしろうるさい音楽のほうが好きで、実は結構シャウトとかもするんですよ。
KATSUKI
楽器隊も全員そういう音楽が土台にありますしね。それでラウドな疾走感を今回は推していこうと、新たに作ったのが「Affectation」なんです。
SEIICHI
コード進行はひとつのパターンしかなくてシンプルだけれど、それをアレンジとかリズムパターンとかテンポ感で色付けているんですよね。
TADAMITSU
サラッと聴けるけど、実はバックでは遊んでいて。演奏するほうも楽しめる曲です!

ええ。ストレートでシンプルなロックでありながら聴き応えもあり、ロックバラードの「With you」に全英詞の「Wake up to the sound of phone」といったカップリングも併せて、非常にエモーショナルです。

YUKAKO
「With you」は“ずっと一緒にいたい”という想いを純粋に歌った曲なんですけど、そこには飼っていた蜘蛛がいなくなってしまった悲しみも実は重ねているんですよ(笑)。「Wake up to the sound of phone」は何か起きたらSNSですぐに広まってしまう現代の風潮を表していて、それって便利な反面、時には知らなくていいことまで知らせて絶望さえも生み出してしまう…という曲です。

蜘蛛に対しての気持ちに恋愛を重ねるとは斬新(笑)。キチッと作り込むより、わりと直感的に曲を作るタイプなのですか?

YUKAKO
そうですね。道を歩いてる時に突然降ってきて、急いで人がいない道でスマホに向かって呟いたり。まだまだ未熟なので、みなさんにはご迷惑かもしれないですけど、特定のテーマやビジョンに縛られずに、自分の想いを率直に音に表したいんです。可能性を消さずにやっていきたいんですよ。
SEIICHI
やっぱり根本にはハードなものがあるので、音楽的にはクールでオルタナな感じにはなるんでしょうけどね。このリリースをきっかけに都内以外にもライヴ活動を広げたいし、そういう経験を積み重ねて、いろんなアーティストのライヴや音楽を吸収した先のYUKAKOが楽しみです。
KATSUKI
初めて会った17歳の時からすると、もうだいぶ成長してるけど、まだまだ伸びますよ。
TADAMITSU
うん。芯もあるし、伸びしろはものすごく感じるから、これから5年、10年、20年と歌う活動を続けて、コートニー・ラブのようになってほしいです!
「Affectation」
    • 「Affectation」
    • CLMR-0036
    • 2015.10.14
    • 1296円
Daisy*glitteR プロフィール

デイジー・グリッター:2013年秋、ヴォーカルのYUKAKOを中心に、SEIICHI(ZI:KILL〜CRAZE〜vez)、TADAMITSU(ex BLIND GRAPH)といったメンバーが集い結成。12月30日に新宿MARZにて初ライヴを行なう。以後、都内を中心に活動中。魔女のようなYUKAKOの声を武器に、旧約聖書のような神秘的な世界を広げる1st シングル「Affectation」を15年10月14日に全国リリース。Daisy*glitteRオフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着