L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

【SPYAIR】今、自分たちが信じている
ことをやればいいんだ

12月に2大アリーナツアーを行なうSPYAIRの新曲「アイム・ア・ビリーバー」は、「イマジネーション」以来となるTVアニメ『ハイキュー!!』のオープニングテーマで、SPYAIRらしいメッセージの詰まった爽快な楽曲に仕上がった!
取材:榑林史章

「アイム・ア・ビリーバー」はTVアニメ『ハイキュー!!』シリーズで2度目のオープニングテーマなのですが、今回もアツくて爽快な曲になりましたね。

UZ
TVアニメがセカンドシーズンということで、キャラクターも成長していくストーリー展開なので、楽曲も前回のオープニングテーマだった「イマジネーション」より、さらに進化していることを感じてもらえるものにしたいと思って作りました。曲がシンプルなほうが伝わるアニメだと思うので、アレンジの細かいところであれこれするよりも、メロディーや歌が際立つように意識しましたね。
IKE
自然と気持ちが『ハイキュー!!』という作品に向かっていましたね。昨年はいろいろあって、『ハイキュー!!』の制作チームにもご迷惑をかけてしまったので、いい曲を作ることできちんとお返しをしたい、と。実は前回の『ハイキュー!!』で「イマジネーション」を出した時、いろんな人に僕らの歌が届いた実感が一番あったんですね。だから、このお話をいただいた時、もっと多くの人に聴いてもらえる大きなチャンスになると思って。実際に最高の作品ができたと思っています。
KENTA
正直僕らの中では、まさか『ハイキュー!!セカンドシーズン』のオープニングテーマを担当させてもらえるとは、思っていなかったんです。だから、お話をいただいた時は心底嬉しくて。実際に曲ができて最後まで通して聴いた時は、本当に最高の作品ができたって思いました。それこそUZからデモがあがってきた時に感じた、“良いものができそうだ!”という予感が確信に変わった瞬間でした。

歌詞は「イマジネーション」からさらに深みを増したものになっていると思いました。

MOMIKEN
『ハイキュー!!』はバレーボールに打ち込んでいる少年たちの話なんですけど、主人公たちは理由とかこの先のこととかはどうでもよくて、自分がやってて良かったと思える瞬間をもう一度味わいたいという気持ちを原動力にして頑張っているんです。それって、SPYAIRのメッセージとしてもすごくいいなと思ったんですよ。だから、単純に頑張れ!って言うのではなくて、1周回っての頑張れっていうか…細かいことは気にせず、今自分たちが信じていることをやればいいんだよって、言ってあげられる力強さを歌詞に込めて書きました。一緒に悩んで、同じ立ち位置で苦しんで、というメッセージも良いけど、そこをひとつ乗り越えたところだからこそ、純粋に頑張れって言えるんじゃないかと思うんです。“今、お前が悩んでることも大事だけど、そこに向かって全力で戦いを挑み続けることも大事だよ。もっと自分自身を信じてあげなよ!”って背中を押してあげたいと思って。

音の部分では、演奏と歌が同じレベルでドーンと出ているような感じで、バンド感がより増したような印象がありました。音作りで何かこだわったところや変わったところは?

UZ
ずっと同じチームでレコーディングしてきているので、音と音のバランス感覚みたいなものが、チームとしてレベルアップしたんだと思います。特に「アイム・ア・ビリーバー」は、それが絶妙なバランスで録れたと思いますね。
KENTA
みんなが目指していたところに到達できたと思います。もちろんこれがゴールではないけど、目指していた音に対して、すごく突き詰めることができたので。
UZ
“これで売れなきゃ、もう何をやったって売れねぇな”っていうくらい、自信を持っている音ができました!

では、タイトルにかけて、みなさん自身が信じるものは?

IKE
俺は楽しい音…つまり、音楽ですね。どんなバンドやアーティスト、どんなジャンルであれ音楽はすごくいいもの。人に元気を与えてくれたり、暇をつぶしてくれたり、それがないと辛いし。そういうものは信じたいですよね。
MOMIKEN
俺はもう決まってます。お金です!(笑) ネタではなく、本気で言ってるんです。やったことに対しての評価を数値化しているようなもので、自分のやったことの正さを計るための、ある種のバロメーターみたいなものかもしれないですね。多ければ今の自分を信じることができるんです。
KENTA
俺はトレーニングです。これはお金では絶対に買えない。ジムに通ったりとか器具を買ったりとかはできるけど、結局やるのは自分だから。サボるとすぐ衰えるし、やればやっただけ結果がついてくるんです!
UZ
自分です。それしかなくないですか? もちろん周りを信じているのもあるし、みんなのことも信じているけど、それにはまず自分を信じないと。でなきゃ、何も始まらないっていうか。

12月の2大アリーナツアーも自分を信じればこそですね。

IKE
富士急(8月8日の単独野外ライヴ『JUST LIKE THIS 2015』)は僕ら自身がすごく楽しませてもらったので、今度はファン主体のものにしたいと思って。例えば、リクエスト曲を募ったり、こういうことをやってほしいとか、ファンの意見を取り入れてライヴを作りたいと思っています。
UZ
このアリーナツアーは定期的に…例えば4年に一度とかのタームでやっていけるものにしたくて。今回はこの5年を振り返り、シングル17曲を全てやって、それ以外をリクエストで決めていこうと思っています。

どうして4年に一度?

KENTA
毎年だとありがたみが薄れるじゃないですか(笑)。
MOMIKEN
『JUST LIKE THIS』は毎年夏にやる地元のお祭りで、アリーナはオリンピックみたいなイメージですかね。
IKE
シングル曲を全部やるなんて断言できるのはめったにないことなので、ぜひたくさんの人に来てほしいですね。
UZ
今のリリースペースでいくと、次回やる時は、恐らくシングルが30曲くらいになってると思うから(笑)。とてもじゃないけど全部やります!なんてことは言えないと思うので。
「アイム・ア・ビリーバー」2015年10月21日発売Sony Music Associated Records
    • 【期間限定通常盤】
    • AICL-2996 1200円
    • ※『ハイキュー!!』描き下ろしアニメ絵柄コミック風ジャケット
    • 【通常盤】
    • AICL-2997 1000円
SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着