L→R shinpei(Dr)、武瑠(Vo)、masato(Gu)、yuji(Gu)、Chiyu(Ba)

L→R shinpei(Dr)、武瑠(Vo)、masato(Gu)、yuji(Gu)、Chiyu(Ba)

SuGの新章の幕開けはバンド史上初の両A面シングル。特に「teenAge dream」はSuGの過去と今が絶妙のバランスでクロスする超エモーショナルなナンバーに仕上がっていて、まさにアルバム『BLACK』後のアクションを提示したとも言える。
取材:山本弘子

初の両A面シングル「teenAge dream/Luv it!!」はSuGにとって新章の幕開けとなる作品でもあるとのことですが。

yuji
はい。曲のアレンジをする前にSuGの音楽の根本をもう1回、見つめ直そうという話をしたんですよ。今回はずっとアレンジャーとして関わってくれたTom-H@ckさんにプロデューサー的な立ち位置になってもらいました。
masato
一番長くSuGを見てくれているし、どういう変化をしてきたのかを分かってくれているからこそね。
shinpei
バンドが年数を重ねて見えてきたものもあれば、逆に見えなくなったものもあるから、客観的なアドバイスをもらったんです。それで“曲の良さ、音楽だけで勝負できる作品を作ってみよう”ってことになって。
yuji
結果、やりたいことを100パーセント表現した上で、もっとメロディーを強化しようということになったんです。

実際、「teenAge dream」はメロディーも歌詞も気持ちの奥からあふれてきたんだろうなって思いましたよ。1回聴いただけでグッときて、掴まれる曲だなって。

武瑠
曲自体はミーティングの前から作っていたんです。扁桃腺の手術をした退院後に初めて書いた曲ということもあって、一番好きな言葉で書きたいなと思ったんですよ。歌詞とメロディーがほぼ同時に出てきた曲で、話し合いのあとにさらに響くメロディーを探して何度も作り直しましたね。

歌詞は10代の自分が今の自分に問いかけるところから始まって、大人になっても忘れたくない大切なことをストレートな言葉で綴っていますよね。

武瑠
復活第一弾アルバム『BLACK』には活休前から温めていた曲が多く収録されていたので、次はリアルタイムの新しい始まりの曲にしたいという気持ちがあったんです。それが入退院という出来事があったことによって、自分が音楽を好きになった頃のことやバンドを始めた頃の“初期衝動”をテーマに書きたいなと思うようになって。だから、歌詞は言葉のひとつひとつが今までのSuGの曲を象徴しているというか、総集編的なメッセージになっていると思います。人生のテーマみたいなところがありますね。

「teenAge dream」はホラー映画『アイズ』の主題歌でもありますが、映画の内容を意識したりは?

武瑠
ギリギリで主題歌が決まったこともあって、まったく意識はしていないんです。ただ、制作サイドの方が映画のイメージに近いって言ってくれて…鈴木光司さんの作品(『リング』『らせん』など)はホラーだけど、人間ドラマの色も強いのでつながるところがあったのかもしれない。
yuji
あと、今思うと『BLACK』はクリエイティブではあったけど、プロフェッショナルではなかったかもしれないなって。シンプルに言うと「teenAge dream」はクリエイティブでもあるし、1回聴いただけで伝わるイメージがありますね。

バンドの衝動性と洗練されて進化した今のSuGのサウンドがいいバランスで混ざり合ってますものね。

shinpei
一発で分かるっていうポピュラリティーと自分たちがやりたいマニアックで技術的なところがバランス良く混ざりましたね。リズムはかなり複雑でドラムは忙しいけど。

ベースもうねってますよね。

Chiyu
そうですね。美味しいところにフレーズが入ってきていて、肝になる部分もあるし。
masato
伝わってほしいって強く思う曲ですね。ギターはシンプルな方向で弾いています。

ちなみにMVはどんな内容ですか?

武瑠
初めてノーカットで撮影しました。俺がメンバーにひとりずつ出会っていく映像で、最後は全員で演奏するっていう。
yuji
ノーカットだから、失敗したら終わりじゃないですか。俺は歩くシーンだけなんですけど、階段を踏み外したらどうしようとか(笑)。
Chiyu
俺はタバコに火をつける場面があるんですけど、撮る直前にポロッて落としちゃって、慌ててスペアのタバコに持ち替えたりして(笑)。めっちゃ焦りましたね。
yuji
裏ではそういう冷や汗が(笑)。

ははは。もう1曲の「Luv it!!」はshinpeiくん作曲のナンバーで、テレビアニメ『デュエル・マスターズVSR』のOPテーマ曲でもあり、勢いがあってメロディーがキャッチーですね。間奏は実験的だけど。

shinpei
実験的というか、間奏は悪ノリです(笑)。レコーディングの時にその場でみんなで考えたっていう。
Chiyu
スラップを入れようって案が出たら“こんな感じ?”って入れていって、最終的に予想外のアレンジになりました。

つまり、間奏も衝動なんですね(笑)。

shinpei
その通りです(笑)。活休後のSuGはラウドな要素が強くなっていますけど、「Luv it!!」は活休前からあった曲で「☆ギミギミ☆」の路線に近いポップでキャッチーな曲ですね。アニメにもはまって良かったなって。
武瑠
この曲は復活後のシングル候補でもあったので、歌詞には活休中の気持ちも入ってますね。《全部無駄になんかさせやしないから》とか、《まだまだまだ行けるはず》とか。

熱い想いを込めた歌詞ですね。今はツアー真っ只中ですが、今後のSuGについて考えていることを教えてください。

yuji
今後も共演したことがないジャンルの人たちとライヴしたいし、どんどん挑戦していきたいですね。そういう意味でも武器となる曲ができたので。
shinpei
特に「teenAge dream」は新しいエモーショナルな曲なので、ライヴでどんな反応が返ってくるか楽しみだしね。
武瑠
自分の中では「MISSING」とか『BLACK』の曲は若干背伸びした感があったけど、やっと等身大に合った曲ができたなって。ファンとの絆が強くなった上で、いろいろな人に聴いてもらえるタイミングが来たかなって思ってます。
「teenAge dream/Luv it!!」2015年07月15日発売PONY CANYON
    • 【SuGショップ限定BOX】
    • SCCA-00015 3132円
    • ※CD+DVD+グッズ
    • 【初回限定盤】
    • PCCA-04242 1890円
    • ※CD+DVD
    • 【通常盤】
    • PCCA-04243 1300円
SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。