L→R Yuh(Gu)、海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)

L→R Yuh(Gu)、海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)

【vistlip】“5人がひとつになり、音
楽になった”作品

伝えたいメッセージから音へのこだわりまで、幅広い点で変革した新作アルバム『LAYOUT』の魅力を、智(Vo)、海(Gu)、Tohya(Dr)に話してもらった。
取材:桂泉晴名

アルバムのテーマは“新たな始まり”ですが、なぜ今がvistlipにとって新たなスタートと考えたのでしょうか?

たまたまメンバーの気持ちが重なったというか。それぞれがやりたいことをvistlipに持ち帰り、他のメンバーと共有した時にどういう音楽が鳴るのか?が、ニューアルバムのポイントですね。だから、“5人がひとつになり、音楽になった”というスタイルが強いと思います。

“LAYOUT”というタイトルに込めた意味は?

まず“みんながどうやったら前向きに生きていけるか?”ということを考えていたんです。ものの見方が少し違うだけで人生観は変わってくるから、角度や配置といったものが重要だ、というところから、“LAYOUT”という言葉が出てきました。

「REM SLEEP」のMVとジャケットは抑えた色味ですね。

まず“みんながどうやったら前向きに生きていけるか?”ということを考えていたんです。ものの見方が少し違うだけで人生観は変わってくるから、角度や配置といったものが重要だ、というところから、“LAYOUT”という言葉が出てきました。

「REM SLEEP」のMVとジャケットは抑えた色味ですね。

楽器を半分以上録った時点で、このアルバムは研ぎ澄まされ、削ぎ落した感じの仕上がりになるんじゃないかと感じたんです。今までvistlipの曲はアルバムだと彩色が強いものが多かったけれど、今回は彩度が低いというか。だから、ジャケットもMVも、できるだけ色は使わないようにしました。

レコーディングではどんなことにこだわりましたか?

弦楽器に関しては、ミックスをする時に録った音と、あまり差がないようにしました。レコーディングする時、自分がアンプの前で弾いている音と、それをマイクで録って、ヘッドホンで聴いた時の音がまず違うんですよ。録ったままの質感を残すことにはこだわりました。

中盤から後半の「Idea」「World is mine.」「Another one step.」は、自分を肯定するというテーマが共通していますね。

ファンからのメールに悩みごとが書かれていたりするんですけど、気持ちは分かるんです。でも、自分の役目やヴォーカリストの意義を考えると、痛みを分かってあげるんじゃなくて、その先に連れて行ってあげなきゃいけない。だから、悩みを変えてあげられるような歌詞を書いていきたいと思って。それにはこれまでのようなストーリーチックな歌詞だと違うなと思い、今回はこういったストレートなかたちにしました。

その一方で「Good girl gone bed.」など激しい曲もあって。

Tohya
シングルはタイアップも付いているので、耳馴染みの良い曲がいいかなと思っていましたが、今回はアルバムなので「Good girl gone bed.」みたいに振り切っている曲も入れて。それこそラストの「LAYOUT」も、ちゃんとvistlipのミクスチャーバンドとしての部分がしっかり表現できていると思います。

タイトル曲「LAYOUT」は厚みのある曲ですね。

Tohya
もともとは、最後のサビの前に出てくるセクションのところをサビとして作っていた曲があったんですけど、採用されなかったんです。でも、制作していく段階で、智から“最後にこういう曲を持ってきたい”という提案があり、イメージを聞いたら“もしかしたら、あれがはまるんじゃないかな”と考えて。そこに開ける感じの新しいサビを足しました。ギターで最後ループして残るのも、照明がバーッと照らして壮大なイメージを表すことができるんじゃないかと思っていて。ライヴで進化した自分たちを表現できる曲だと感じています。

ライヴでどのように披露されるのか期待が高まります。

今回の曲をいかにライヴバージョンにしていくのかというところも、今の俺たちだったら楽しめると思いますので。4月から始まるツアーを楽しみに待っていてほしいですね。
『LAYOUT』2015年03月18日発売マーベラスAQL
    • 【LIMITED EDITION(DVD付)】
    • MJSA-01148~9 3888円
    • 【vister(DVD付)】
    • MJSA-01150~1 3888円
    • 【lipper】
    • MJSA-01152 3240円
vistlip プロフィール

ヴィストリップ:2007年結成。リアルで等身大な言葉を紡いだ歌詞と、多種多様な要素を融合させた楽曲にキャッチーなメロディーライン、時折ラップも織り交ぜた他に類を見ないミクスチャー感を持つビジュアル系ロックバンド。ひと言では言い表せない世界観とメンバーの特異な個性が際立つパフォーマンスを武器にしたライヴは必見。結成日の7月7日にはZeppTokyoにてワンマン公演を行なっており、毎年たくさんのファンで会場は埋め尽くされる。vistlip オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』