L→R NAOKI(Gu&Ba)、KUMI(Vo&Gu)

L→R NAOKI(Gu&Ba)、KUMI(Vo&Gu)

【LOVE PSYCHEDELICO】曲そのものを
絶対的に信頼してるんです。

LOVE PSYCHEDELICOがデビュー15周年を迎え、ベストアルバムを2枚同時リリース! 最新リマスタリングに加え、あの錦織圭が出演するCMでお馴染みの「Good times, bad times」も初CD化となった本作で、その偉大な軌跡に触れてほしい。
取材:田山雄士

デビュー15周年について、率直にどう感じてますか?

NAOKI
曲たちが世の中に残ってくれたのが何より嬉しいですね。15年前の曲を今もみなさんに聴いてもらえてるし、まだ新鮮な気持ちで演奏できてるのが幸せ。
KUMI
音楽に対する愛情や情熱がずっと変わってないというか、むしろ深まってるのが分かるから。この15年がきっと今の自分たちを育んできてくれたんだなって思うと、全てに感謝ですね。

昔の曲は気恥ずかしくもありますか?

KUMI
意外にそうでもないんだよねぇ、フフフ。
NAOKI
ランダムに曲を並べたのは、どの曲も絶対に風化しないで今の音として響く力があるから。曲そのものを信頼してるからなんです。1stアルバムの曲って学生時代にMTRで録ったんですけど、「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」なんかはミニマムな作り方だからこそ生まれたんだと思う。逆に「Freedom」は自分たちでスタジオを作らなかったら、ああいうサウンドに向かわないよね。

「Freedom」はそれ以前と劇的に変わりましたね。

KUMI
スタジオもそうだし、自分たちでエンジニアリングからやってたしね。当時は3rdアルバムの『LOVE PSYCHEDELICO III』までで、LOVE PSYCHEDELICOをもう完結させた気分だったんです。やりたいことをやったと言ったら違うのかもしれないけど。
NAOKI
3部作だったんだよね。ロックを聴かない女の子のCD棚に入るような目的で取り組んだのが1st(『THE GREATEST HITS』)で、ロックのダークな部分も見せるアンチテーゼな2nd(『LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA』)があって、コンセプト抜きにさまざまなかたちでフィジカルさを重視した3rd。これで1度は完結したんです。
KUMI
その後にバンドのメンバーとの出会い、ツアー、武道館公演とかいろんなことがあって、音楽の道が続いていくんだけど。なので、それまでのデリコを1回全部捨てて、本当にゼロから音の一粒と向き合って作ろうっていう試みだったんだよね。この中で一番時間かかった曲です。

お話を聞いてると、ロックを感じる発言が多くて意外です。

KUMI
スピリットの面でも、影響はすごくあるね。
NAOKI
デリコを“おしゃれ”って言うのは大きな誤解ですね(笑)。ロックというのは、とても分かりやすくて大切にしてるキーワード。右か左かを選ばなきゃいけない時、どっちが哲学としてロックしてるかどうかで決めてます。

おふたりのマインドの持ち方も興味深いですね。曲がシーンや流行に左右されないのはどうしてなんだろうと。

NAOKI
人間っていろいろ苦しいことも経験して、新しい哲学を築いていくじゃないですか。僕らの場合は、その“こうあるべきだ”という哲学を自分たちの中でちゃんと結論付けた後で、想いを作品にするんです。悩んでるかたちすら見せるようなスタイルもあるけど、それはしない。“これだけ頑張って生きてるよ”っていうのを聴いてもらいたいわけじゃないから。
KUMI
そうね。悩んでる途中みたいなのはかたちにしないね。「Beautiful World」も混沌とした世界観だけど、ふたりの中で答えが出て完成に至ってるので。
NAOKI
作風よりも大きな話だよね。“なぜ、今、この曲が必要なのか?”とか。そもそも、誰でも心の旅ってするでしょ? その旅を終えて、ひと皮剥けた自分を曲に反映させるんです。乗り越えた上で発信したいっていう。

ポリシーがありますよね、やっぱり。

NAOKI
うん。作業面ではコンピュータを便利使いしないとかね。今はボタン1個で擬似的にリバーブかけられたり、ギターのアンプがなくてもパソコンで鳴らせちゃったりして、簡単に音楽が作れる分、みんな同じ音になりがちだから、そこはちゃんと空気が通った音にしたいんです。マイクを立てて、瞬間の音を拾う。そのスタイルは変えないね。
KUMI
音楽をパズルにしないのは大事だね。形だけでよければ、さすがにパパパッと作れちゃう。だけど、それには命が通わない。音楽は生命体だから。形じゃなくて、まずエネルギーがあって、そこに音が集まってくる感じかな。

今作の選曲に関してはどうですか? ビートルズ関連のカバーも2曲ありますが。

KUMI
わりとすんなり決まったね、ふたりで出していったんだけど。
NAOKI
自分たちよりも今まで聴いてきてくれた人の思い入れを念頭に置きました。「Happy Xmas」もたびたびテレビで演奏する機会があって、そこで僕らと出会った人もいると知ってたので入れたし。しかし、「Help!」はなんでこういうアレンジになったんだろう(笑)。
KUMI
NAOKIがおもむろに弾いてたリフから、上のほうのヴォーカルラインを私が思い付いて。
NAOKI
そう! KUMIがアドリブで歌ったのともとのやつを重ねたんだ。今のはどうか分からないけど、リマスター前のビートルズの「Help!」は最後でテープが揺れるんですよ。それをスライドで再現するとか、オマージュしながらいろいろ遊んでますね。

あと、「fantastic world」ってオリジナルアルバムには入ってないですよね?

KUMI
そうなんだよねぇ。入るとしたら4枚目だったんだけど、そこってさっきのゼロ期だったんで、その前の曲を入れたくなかったの。全然合うのにね、今から見たら(笑)。これも時間かかったな。のちの試行錯誤がたぶんもう始まってて、私たちなりに新しい世界への扉になったと思う。
NAOKI
レコーディングスタジオで1カ月くらい、毎日実験しながら録りまくって、最終的に案外シンプルになった(笑)。今聴くと、ちょっとジェフ・リンっぽいんだよね。
KUMI
音の構築感がね。ビートルズもイメージしてたよ。

「This way」の《愛の唄がmy job》っていう歌詞が好きなんですけど、「fantastic world」にも《愛の唄が溢れる my words》って出てくるから、このベストはそういう曲が詰まってるんだなと思いました。

KUMI
うん、まさしく愛の唄ですよ! 楽しんでもらえたらいいな。
『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST SPECIAL BOX』
    • 『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST SPECIAL BOX』
    • VIZL-795
    • 2015.02.18
    • 5400円
    • 『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST Ⅱ』
    • VICL-64274
    • 2015.02.18
    • 2700円
    • 『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST Ⅰ』
    • VICL-64273
    • 2015.02.18
    • 2700円
LOVE PSYCHEDELICO プロフィール

1997年結成。00年1月、TOWER RECORD新宿店・渋谷店・名古屋近鉄パッセ店・大阪丸ビル店・下北沢ハイラインレコードの5店舗にて、2曲入り100 円カセットを数量限定発売。同年4月にシングル「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」でデビューすると、01年に発表した1stアルバム『THE GREATEST HITS』が200 万枚、02年発表の2nd アルバム『LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA』が100万枚を超える驚異的なセールスを記録。NAOKIの卓越したギターテクニックとKUMIのヴォーカルスタイルは、印象的なリフ、日本語と英語が自由に行き交う歌詞により、独自の音楽スタイルを確立している。LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着