【10-FEET】『10-FEET “thread” T
OUR 2012-2013』2012年11月6日 at Z
epp Tokyo

撮影:HayachiN/取材:石田博嗣

来年5月まで続くツアーが始まったばかりだが、気持ちは一本一本が“その日しかないライヴ”。だからこその完全燃焼がそこにはあった。そして、改めて客席との距離が近いバンドだとも実感。いい意味で“フレンドリー”というものではなく、演者と観客の関係が成り立った上でだ。のっけからオイコールが起き、クラウドサーフも大量発生し、TAKUMA(Vo&Gu)に“分かったよ。今日のお前らがめちゃくちゃヤバイってことが!”と言わしめたオーディエンス。開始早々から沸き返る客席に向けてニューアルバム『thread』のナンバーを中心に、キラーチューンを次々と投下していく10-FEET。アッパーな楽曲ではフロアの床が揺れ、シンガロングする楽曲では会場の壁が震えるほど、絶対的な一体感が生まれていた。“楽しい!”に尽きるライヴだったことは想像に容易いだろう。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
10-FEET プロフィール

テン・フィート:1997年に京都で結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルではすでに括ることのできないその音楽性は、ロック、パンク、ヘヴィメタル、レゲエ、ヒップホップ、ギターポップ等のジャンルを10-FEET 流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ロックシーンで確かな存在感を示している。また、年間約100 本近い精力的なライヴ活動も、その迫力満載のライヴパフォーマンス、人間味あふれる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振り撒き、エンターテイナー性あふれるその活動スタイルを徹底している。また、2007年から自身で主催する野外フェス『京都大作戦』(2007年は台風の接近のため中止)も大成功におさめている。10-FEET オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着