【WEAVER】『WEAVER Brand New Live
2012「Will !」』2012年10月18日 a
t 渋谷WWW

撮影:TEPPEI/取材:宮本英夫

学園祭ツアーの真ん中に行なわれたスペシャルワンマン。杉本雄治(Piano&Vo)はグランドピアノ、奥野翔太(Ba&Cho)は6弦ベースという新編成で奏でるサウンドは、いつも以上にジャズ・フュージョン色の濃いアダルトなもの。お馴染みの曲もドレスアップしたようにカッコ良く聴こえたが、圧巻は来年1月リリースのアルバム『Handmade』から先行初披露した新曲4曲だ。ソウルフルな16ビート、メロディアスな三拍子、疾走するロックンロールなど、これまで以上に多彩な曲調を自信たっぷりに聴かせる3人は本当に頼もしい(ネット生中継のプレッシャーのせいか、杉本のMCはカミカミだったが…(笑))。アンコールでは客席から♪ハッピーバースデイ♪の大合唱でデビュー3周年を祝い、これからもWEAVERとファンがともに成長していくことを誓い合った特別な一夜だった。
WEAVER プロフィール

ウィーバー:兵庫県出身の3ピースピアノロックバンド。2004年に高校の同級生で結成。09年10月に配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。国内外での活動が活発になる中、14年1月末からロンドンへ留学することを発表し、彼らがリスペクトする音楽の刺激を受けながら、半年間語学の勉学に励み7月に帰国。その間にも6月には初となるベストアルバム『ID』をリリース。17年5月にファッションなどでシーズンアイテムを表す言葉に着目したEP『S/S』、続いて9月にEP『A/W』をリリース。2作のアートワークではファッション誌『NYLON JAPAN』とタッグを組むなど、音楽に止まらない新たな表現にも取り組んでいる。WEAVER オフィシャルHP
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』