【Muddy Apes】『One Night Special
Live “Crush It”』2012年9月28日
at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:SHIGEO “JONES” KIKUCHI/取材:土内 昇

UKロックバンドの“FEEDER”のTAKA HIROSE(Ba)、“LUNA SEA”のINORAN(Gu)、“FEEDER”のサポートメンバーだったDEAN TIDEY(Gu)、そして大阪のロックバンド“8otto”のMAESON(Vo)からなるMuddy Apesが、リリースしたばかりのアルバム『Crush It』を引っ提げ、“DETROITSEVEN”の345(Dr)をサポートに迎えてライヴを敢行。アルバムの中で輝いていたクールなナンバーが生々しくダイナミックなグルーブを放ち、観客を酔わせたことは言うまでもない。両サイドから“この歪んだギターリフが欲しいんだろう?”と、リズム隊からも“そのリフにはこの痛烈なビートと、このうねるベースだろう?”と突き付けられたような感覚で、テンションの高いヴォーカルと小細工なしの真っ直ぐなサウンドにただただ高揚するばかり。そう、この興奮が欲しかった!

セットリスト

  1. OPENING
  2. Heavy and Tender
  3. Stone Away
  4. Zion, Zion, Desire
  5. Heavy Orgasm Stuff
  6. Vasoline(Stone Temple Pilots)
  7. Fall On Me Angel
  8. Get Going
  9. I See the Light
  10. Hide and Seek(INORAN)
  11. Feel Good Hit Of The Summer(Queens of the Stone Age)
  12. Rola, Rola
  13. Generation 888(8otto)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着