L→R 小泉貴裕(Dr)、谷口 鮪(Vo&Gu)、古賀隼斗(Gu)、飯田祐馬(Ba)

L→R 小泉貴裕(Dr)、谷口 鮪(Vo&Gu)、古賀隼斗(Gu)、飯田祐馬(Ba)

【KANA-BOON】ずっと変わらず、消え
去らない 永遠に大切にしたいものの

最新シングルのタイトルチューン「シルエット」はアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のオープニングテーマ。少年から大人へと成長していく時期の心情が描かれているこの曲は、彼らの実像とも鮮やかに重なる。そんな今作について4人が語ってくれた。
取材:田中 大

ちゃんと立っていてくれる 大事なシル
エットがたくさんある

「シルエット」は、どういう経緯で生まれたのですか?

谷口
『NARUTO-ナルト-疾風伝』のために主題歌のお話をいただいて書き下ろした曲です。昔から『NARUTO』はアニメも漫画も好きで、KANA-BOONを組んでから“初めて作る主題歌は『NARUTO』がいい”ってずっと言っていたんですよ。
古賀
夢が叶っちゃった。
小泉
本当にそうですね。
飯田
夢の上限超えてるよな?
谷口
うん。高校の頃は『週刊少年ジャンプ』の話ばっかりしていたんですよ。
飯田
KANA-BOONは、週刊少年ジャンプバンドです。スタジオでも回し読みをしていましたから。

『週刊少年ジャンプ』は日本の少年の教科書みたいなものですからね。「シルエット」は『NARUTO』の世界を反映しつつ、みなさんのリアルな想いも込められていると感じました。

谷口
自然と僕らとリンクしていった感じですね。主人公のナルトは漫画の中でいろんなことを経験して大人になっていくんですけど、僕らもいろんなことを経てデビューして、その後もたくさんのことがありましたから。僕らにも地元のライヴハウスのスタッフとか、高校の軽音楽部の顧問の先生とか、振り返れば、ちゃんと立っていてくれる大事なシルエットがたくさんあるんですよね。
飯田
ずっと大好きだった『NARUTO』なので“主題歌”という意識で構えたりはせず、KANA-BOONらしくできたと思います。作りながら楽しかったし、嬉しかったです。いろんな人に自慢しましたよ。甥っ子にも自慢したいんですけど、まだ小さすぎて分からない(笑)。
小泉
ASIAN KUNG-FU GENERATIONとか、好きなバンドも『NARUTO』の主題歌をやっていたから不思議な感じもあります。ずっと好きだったアニメだから、ドラムも考えやすかったです。アニメを観ながらワクワクしていた気持ちをドラムに詰め込みました。僕もナルトごっことかしていましたからね。
谷口
この曲が流れる初回の放送をみんなで観たんですけど、めちゃくちゃ感動しました 。“自分たちの曲の中でナルトたちが動いてる!”って。
古賀
映像と歌詞の内容がリンクしているのも嬉しくて。
小泉
初回の放送の時はソワソワしました。
飯田
“もうすぐ始まるからトイレ行かんとこう”って(笑)。
谷口
子供の頃と一緒(笑)。みんなテレビから30センチくらいの距離で観ていましたよ。

サウンドもいいですね。スケールの大きさを感じます。

谷口
広々としたところを駆けていくようなイメージだったので、それが曲にも出ていると思います。歌もメロディーも納得のいく、すごく相応しいものができた手応えがあります。
小泉
昔は8ビートの曲をたくさんやっていたので、“そういうのを『NARUTO』を初めて観た頃の気持ちでやったらどうかな?”とか考えて、シンプルだけど爆発感のあるものを僕はドラムで表現しました。
谷口
歌詞の1番と2番は切なさがあるんですけど、最後のサビで《大事にしたいもの持って大人になるんだ》って、決意と覚悟が見えるものになるんです。僕らのKANA-BOONとしての決意と覚悟も表現した曲ですけど、そういうのが楽器の音にも出ていると思います。

少年期をすぎて大人として走り出しているみなさんらしい曲ですよ。小泉さんは、なりたい大人になれていますか?

小泉
なれています。音楽をやりたいって決めて、今なんとかここまでこれているっていうのは、ほんと良かったと思っています。迷ったこともあったけど、ずっと目指してやってきましたから。

飯田さんは、今の自分を想像していました?

飯田
高校時代、KANA-BOONに入る前から、このバンドのオリジナル曲はすごく良いと思っていて、“TVとかから流れてもおかしくない”と思っていたんです。だから、今、バンドがこうなっていることは、自分の中で“ほら見ろ”という感じなんですよね。僕がこのバンドに加入しているということまでは想像していなかったですけど、順当に物事が進んでいると捉えています。
谷口
哲学的やな。
古賀
黒字(見出しになるような発言のこと)を狙ってるな?
飯田
古賀、すぐに黒字って言うよな?(笑)
古賀
黒が好きやから。
飯田
黒いシャツばっかり着てるからな(笑)。

余談ですが…古賀さんはシャツ以外も黒好き?

古賀
そうですね。布団だけはオカンから譲ってもらった茶色のやつを使っていますけど…でも、僕は実は黒以外の色が好きなんですよ。
小泉
そうだったんや?
谷口
カミングアウト?
古賀
なぜ黒が好きかと言うと、黒の中に別の色があるとめっちゃ映えるから。それが好きなんです。

つまり、古賀さんがいつも全身黒なのは、他のメンバーを引き立てようとする意思の表れということですか?

古賀
あっ、それはないですね。
飯田
なんでないねん!
谷口
いい話になる感じやったのに(笑)。
古賀
だって、脇役は嫌(笑)。

完全に余談でした(笑)。話を戻して…古賀さん、なりたい大人になれています?

古賀
ギターはそうですね。成長できていると思います。普段の生活に関しては変わらないですけど。高校時代とか“このまま変わらんのやろな”って思っていましたし。
谷口
大分変わったよ。昔はもっと純粋な子やったのに。
飯田
眉毛も太かったのに。
小泉
あぁ、眉毛な(笑)。
古賀
眉毛はしゃーないやろ!
谷口
太さ、昔はペットボトルの飲み口くらいはあったよ。
古賀
俺、ええやつやろ?
谷口
根は変わらん。でも、コーティングされているものが変わってしまった(笑)。

(笑)。古賀さんの眉毛は変わってしまったけど、みんな同じ夢を変わらずに抱いて進んできた仲間同士ですよね?

谷口
はい。そういう点でも『NARUTO』に感情移入できます。仲間がいて、目標や守りたいものがあったり。だからこそ、こういう曲を作ることができたんだと思いますね。昔の僕らみたいに何か夢を持っていたり、夢をまだ見つけてなくても大人になろうとしている子たちが、この歌で何かを感じてくれたらいいなと思っています。後になって大事なことが見つかって、“この歌ってこういうことやったんや!”って分かってもらえたりしても嬉しいです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着