【阿部真央】『阿部真央らいぶNo.7』
2017年4月23日 at 東京国際フォーラ
ム ホールA

撮影:緒方秀美/取材:竹内美保

 歌を伝えるーー言葉のひとつひとつを、時にやさしく丁寧に。そして、時に熱を持って力強く。帰ってきた阿部真央のステージには、その姿勢がただひたすらに貫かれていた。基本で当たり前のことに、より真摯であろうとする心持ち。それはとても清々しく、美しかった。放たれた第一声がアカペラだったことには、帰ってきたことの象徴と彼女自身の存在確認もあったのだろうか。“ここにいるよ、こうして歌っているよ”というような。そして、オーディエンスが「ふりぃ」のイントロで大歓声をあげたのは、進化して帰ってきた彼女の変わらない面を感じたからかもしれない。そう、あの鮮烈さ、天に向かって突き抜けていくような。歌声の骨格が肉体的にもっともダイレクトに感じられたのは、やはりシンプルなアコースティック編成で歌い奏でられた“座りコーナー”。とりわけ「背中」からの流れで聴かせた「側にいて」は、かついてないほどのスケール感と風格を湛えていた。《お元気で〜!》のテンションの高さが生々しいロカビリーチューン「バイバイ」からの後半は、ポップにロックを鳴らしていく。バンドのアンサンブルの妙もニヤリとするシーンがたびたび。痛快だ。久々のOLスタイルでブルゾンちえみのモノマネまで披露したアンコールはダブルで全5曲。もちろん、締めは母になった彼女が母として初めて歌う「母の唄」。歌詞に込められた“愛”が増している、そんな歌声だった。“今日のライヴがみんなの明日からの元気の一部になったら嬉しいです”ーーうん、まさにそういうライヴ。歌に元気付けられ、勇気を、愛をもらう。歌の力って、これだ。

セットリスト

  1. 愛みたいなもの
  2. 逝きそうなヒーローと糠に釘男
  3. Don’t let me down
  4. ふりぃ
  5. You Said Goodbye
  6. 君を想った唄
  7. わかるの
  8. Don’t leave me
  9. 母である為に
  10. いつの日も
  11. 背中
  12. 側にいて
  13. バイバイ
  14. Hello, Brand New Days
  15. この時を幸せと呼ぼう
  16. gasp
  17. POSE
  18. Believe in yourself
  19. ロンリー
  20. 伝えたいこと
  21. モットー。
  22. それぞれ歩き出そう
  23. <ENCORE1>
  24. モンロー
  25. I wanna see you
  26. 女たち
  27. <ENCORE2>
  28. かしこみかしこみ
  29. 母の唄
阿部真央 プロフィール

アベマオ:1990年1月24日生まれ、大分県出身。06年、高校2年生の時に『YAMAHA TEENS' MUSIC FESTIVAL』の全国大会で奨励賞を受賞。09年1月にアルバム『ふりぃ』でデビュー。感情的なアコギで押し出す、等身大でリアルな歌詞、表現力豊かなヴォーカル、バラエティーに富んだ楽曲、同世代の女性を中心に、幅広い層から注目と共感を集める。14年10月にデビュー5周年を記念して初の日本武道館公演を開催。16年5月、産休明け第一弾シングル「Don’t let me down」で完全復活を果たし、デビュー10周年となる19年1月にはベストアルバム『阿部真央ベスト』を発表し、2度目の日本武道館公演を成功させた。阿部真央 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着