【さくらしめじ】『春しめじのeat s
hun』2017年4月23日 at TOKYO DOMEC
ITY HALL

撮影:埼玉泰史、ハヤシサトル/取材:土屋恵介

 田中雅功と髙田彪我によるフォークデュオ、さくらしめじが、4月23日にTOKYO DOME CITY HALLで、ワンマンライヴ『春しめじのeat shun』を開催した。3月に発売した1stミニアルバム『さくら〆じ』を引っ提げての、東京でのビッグマッチ。この春、高校生になったふたりは、生バンドをバックに「ふうせんはなび」「おたまじゃくし」から、勢いよくライヴをスタートさせた。成長期真っ盛りでふたりとも身長が伸びていたり、新しいギターを弾いたりと、外見の変化はあるものの、ふたりの息はますますぴったり。歌も演奏も、以前にも増してパワーアップしている。初の試みとして自作のソロ曲をそれぞれが歌い、相方が客席から応援するという斬新な場面も見られた。ライヴ後半戦の「いーでぃーえむ」ではハードなサウンドを披露。ふたりがニワトリの被り物を被っての「てぃーけーじー」では、客席に降りてプレゼントを配り、ステージからボールを発射したりと大盛り上がり。ライヴ本編の最後は、紙吹雪の中「ひだりむね」を歌唱。アンコールの「みちくさこうしんきょく」では観客とコミュニケーションをはかり、一体感を作り上げた。髙田が“高校生一発目のライヴで、こんなに楽しいライヴができて嬉しいです!”と語ると、田中が“みなさんのおかげですごく楽しいライヴになりました。いつかは大きな松茸になれるように頑張ります!”とコメント。緩急を付けた歌を聴かせ、観客をグイグイと巻き込む成長ぶりは目を見張るものがあり、まだまだ伸び盛りのさくらしめじを存分に観せるハッピー度の高いライヴだった。

セットリスト

  1. ふうせんはなび
  2. おたまじゃくし
  3. かぜいろのめろでぃー
  4. ゆめがさめたら
  5. だるまさんがころんだ
  6. ポンコツデリシャスロード
  7. 勉強をしたいのに?
  8. 夕空小道
  9. きみでした
  10. せきがえのかみさま
  11. さんきゅう
  12. はじまるきせつ
  13. いーでぃーえむ
  14. ねこの16ビート
  15. てぃーけーじー
  16. えそらごと
  17. ひだりむね
  18. <ENCORE>
  19. おもいでくれよん
  20. みちくさこうしんきょく
さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。さくらしめじ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着