【Yun*chi】夏のライヴでみんなと踊
れるYun*chiをイメージした

前アルバム『Asterisk*』から4カ月でミニアルバムをリリース! “夏の星”をテーマに作られた作品の話で、Yun*chiが思わず目に涙を溜めて語り始めたこととは――。彼女のアルバムとライヴに向けた想いを訊いた。
取材:大庭利恵

いろんなアーティストと制作しているYun*chiの作品の中でも、今回はサウンドのカラーとメッセージが濃くなったように思えたのですが。

何千人もいる大きなイベントに出演させてもらった時の出番前に、“この中にYun*chiを知っている人はいったい何人いるのかな?”と思ったら不安になって、ステージに出るのが怖いと思いました。でも、実際にステージに立ったら、初めて観てくれた方も多いはずなのに、名前を呼んでくれる方、一緒に歌ってくれる人までいて…。思い出すと涙が出ちゃうぐらい…本当は私が伝える側でなくてはいけないのに…パワーをもらってばっかりで。みんなに“ありがとう”を伝えたいと思ったのがきっかけですね。

それが5曲目に収録されているU-SKEさんと一緒に作った「nan-nano*」で。

私、どうやら常にちょっと言葉足らずらしくて、伝わりづらい!ってよく言われるんですね(笑)。しかも、“ありがとう”と思っていても、どこか照れくささが先に立ってしまって、トゲのある言い方をしてしまうタイプだったりで…この気持ちはちゃんと伝えなきゃいけないと思って、歌詞の原案を持ってU-SKEさんに相談しに行ったんですね。そしたら、“相変わらずネガティブだねー”と言われて(笑)。そこで、“ファンの人に限らず、もっと大きくとらえて大切な人たちに向けた歌詞にしてみたら?”と言われたので、ちょうど親友と喧嘩をして話をしていない時期でもあったので、その子への想いも重ねて書いてみました。

それを作り上げられたことによって、このミニアルバムを作る流れに影響はあった?

そうですね。Yun*chiの想いの本質の部分を伝えるために、いろんな方の力をお借りして素直に伝えていけたらと思えたことかな。タイトルナンバーになった「Starlight*」は、Jazzin'parkさんと制作させていただいたのですが、Yun*chiは恒星(自分から光を放つ星)というよりは、みんなの光を集めて届けていくタイプだよねって言われて、素敵だなと思ったんですよ。

“Starlight*”というタイトルだけ聞くと、キラキラとデジタルなイメージなんだけど、デジタルな中にアコースティックなサウンドが混ざり合ってる部分が、Jazzin'park×Yun*chiならではの輝きなんですね。

実は、デビュー前にJazzin'parkさんの楽曲でコーラスのようなかたちで参加させてもらったり、アコースティックライヴにゲストヴォーカルとして呼んでもらったりしてたんですね。楽器でみんなと歌う楽しさを教えてもらっていたので、今回はその時に教えていただいた楽しさも感じられるYun*chiの世界が作れないかなと思って。この曲が出来上がった時に、アルバム全体のテーマを“夏の星”にしようと思いました。

TeddyLoidをサウンドプロデュースに迎えた「Continue...*」の90年代っぽさと「Bittersweet*」のキャッチーな可愛らしさは、本当に新しいYun*chiの魅力を見せている感じがしました。

実は夏のリリースが初めてなので、「Continue...*」は夏にライヴで踊りたくなるものをというイメージで、Teddyさんっぽいカッコ良さと、どこか切ない感じが出た楽曲になったなと思ってます。

ヴォーカルを聴かせる部分でのバックのアップ感のあるサウンドの展開から、中盤でのYun*chiの声を使って遊んでるサウンドエフェクトがすごく面白いですよね。

あそこは、個人的にもとっても気に入ってます。

ライヴで手を横に振ってる絵が見えるノリがありますよね。

それは最高に嬉しいですね。みんなで一緒に手を振ったり、踊ったりしてほしいというイメージだったので。次の曲「Bittersweet*」は、これまであまりなかったフレンチポップな印象も持っていてカワイクを意識して歌いました。

《ぎゅっとしてね》、とっても可愛かったですよ?

ほんとに?(笑) 照れて全然歌えなかったんですよ

今回のジャケットのモチーフはもちろん星なんだけど、使ってるアイテムは全て“女の子”にとって大事なものですよね。

そうですね。お出かけの準備をしてる女の子のイメージを持ってますよね。可愛くなるために用意してると、いつの間にかお部屋って散らかっちゃってる。そういう感じ。

「Ex-Boyfriend*」の切ない女心を歌った楽曲が、まさにぴったりな感じでしたよ。

80’sの空気感を持っているこの曲は、NIRGILISの岩田アッチュさんのプロデュースで、akinyanelectroさんが参加してくれてます。

6曲目には「Your song*」の“Avec Avec Remix*”が。

「Your song*」は今Yun*chiのライヴでキーになっている曲で、素敵な時間を一緒に作りたい、もっと一緒に踊ってもらいたいなと思って、リミックスしてみようというアイデアが出ました。デビュー当時からYun*chiのサウンドを支えてくれているAvec Avecさんにお願いしようってことになりました。

確実に盛り上がりそうですよね。

燦々と照らし付ける太陽が輝く夏というよりは、“星”というキーワードがもたらしてくれたYun*chiの新しい夏の世界を一緒に感じられたら嬉しいです。
『Starlight*』
    • 『Starlight*』
    • CRCP-40379
    • 2014.07.02
    • 1800円
Yun*chi プロフィール

ゆんち:幼少期よりYUKIやCharaなどの女性シンガーに憧れ、積極的に音楽活動を始める。デビュー前からさまざまなアーティストの作品やコンピレーションアルバム等に参加するようになる。2012年11月ミニアルバム『Yun*chi』でメジャーデビュー。Yahoo!急上昇アクセスランキング2位(9月14日)をマーク、『ミュージック・ジャケット大賞2013』にて大賞を受賞。アメリカ・テキサス州オースティンで開催された音楽、映画、インタラクティブなどを組み合わせた世界最大級のフェスティバル『SXSW2016』や、ロンドン、ミャンマー、ジャカルタ、NY、マレーシア、台湾など世界各国で開催される大型イベントにも出演。国内のみならずイベントに出演を果たすなど、海外でも話題を呼んでいる。Yun*chi オフィシャルHP
ブログ
Twitter
Facebook
YouTube

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着