L→R 小倉誠司(Dr)、山村隆太(Vo)、尼川元気(Ba)、阪井一生(Gu)

L→R 小倉誠司(Dr)、山村隆太(Vo)、尼川元気(Ba)、阪井一生(Gu)

【flumpool】軌跡、現在地点、未来も
映し出すベストアルバム

当たり前に感じられる言葉も 心を込め
たら伝わるものになる

もうひとつの新曲「ビリーバーズ・ハイ」も、いいですね。躍動感のあるサウンドが気持ち良いです。

阪井
初めてのアニメのオープニングテーマです。作る前にアニメの監督さんとお話したんですけど、疾走感のある曲をイメージしていらっしゃいました。僕としてもそういう曲を作りたいと思っていたところだったんですよね。ライヴだと、例えば「星に願いを」とか盛り上がるんですけど、それに代わる曲をそろそろ作りたいなと。「星に願いを」は若さが出ていますけど、もっと大人のflumpoolとしての疾走感を「ビリーバーズ・ハイ」で表現できたと思います。

flumpoolのサウンドのカッコ良さも、このベスト盤で改めて感じましたよ。阪井さんに憧れてギターを始めた人も、今までにたくさんいるんじゃないですかね?

阪井
いますかね? いたら嬉しいなぁ(笑)。

10年後くらいに下の世代のギタリストから“阪井さんに憧れてギターを始めました”とか言われるかも。

阪井
いやぁ、めっちゃ上げてくれますねぇ。これから飲みに行きますか?(笑) でも、そういうふうになりたいですよ。

尼川さんも、全国の誰かのベースを始めるきっかけに絶対になっているはずですよ。

尼川
…そんな人いないです(笑)。
阪井
何かニヤニヤしてる(笑)。みんな褒められ慣れてないから。

小倉さんに刺激されてドラムを始めた人も…。

小倉
います!

ようやく断言してくださる方がいました(笑)。

小倉
恥ずかしながら本当にそういうコメントをもらったことがあるので(笑)。バンドマンとして嬉しいことです。やっぱり憧れてもらえるようなバンドマンになりたいですよ。

「Hydrangea」みたいなきれいな曲も演奏してみたくなるんじゃないですか? この曲、ついに音源化ですね。

山村
ライヴでずっとやってきた曲ですね。お客さんの間ですごく大切にされているのを感じていました。でも、次のflumpoolに行く上でも、音源化していなかったこの曲に頼ってばかりいても良くないのかなと思って。区切りを付けるという意味でも今回入れることにしました。

ファンのみなさんは、いろんなことを思い出しながらこのベスト盤を聴くんでしょうね。

山村
そういうみんながいるからflumpoolはプロのバンドとしてやってこられているんです。インディーズの上手くいかなかったバンドがひょんなきっかけで世に出ただけだったんですから。そんなバンドがこうしてやれているというのは、お客さんが大切に僕たちの曲を聴いてくれるからですよ。

「君に届け」とか、すごくファンの間で大切に愛されていますよね。

山村
今となっては自分たちも「君に届け」を代表曲のひとつとして受け止められていますけど、実はリリースした当時はストレートすぎるし、青臭い感じもしていて抵抗があったんですよ。自分たちで作っておいて変な話ですけど(笑)。

すごい発言ですけど(笑)。

山村
捻くれたところもあったんです(笑)。もっと深いことを表現している曲が他にあると思っていたから。でも、“好き”とか“君に逢えて良かった”とかいうようなシンプルすぎて当たり前に感じられる言葉であっても、ちゃんと届けようと思って心を込めたら気持ちが伝わるものになるんですよね。そういうことを今になって感じるようになりました。僕らはストレートでいいのかなと。当たり前のことを当たり前に歌うバンドがいてもいいんだと思います。自分たちがちゃんと努力して作った曲は、自信を持って胸を張って届けていきたいと考えられるようにもなりました。

ベスト盤がリリースされる頃は、全国ツアー中ですね。

小倉
ライヴに関しても、ちゃんと自分たちが掲げたものに対して足跡を残していかないといけないなと思っています。
山村
8月にはアリーナのライヴがあるんですけど、ホールとはまた別のものにしようと思っているので、楽しみにしておいてもらいたいですね。あと、ツアーに関しては“MOMENT”っていうタイトルを掲げた以上、その日にしか観られないものにしようという気合いが入っています。
尼川
先のことはまだ全然見えていないんですけど、このツアーは重要だなと思っています。まずはこのツアーをちゃんとしたものにして、そこから先のことは見えてくるのかなと。
阪井
この先のことに関しては、いろんなことにもチャレンジしていきたいですよ。このツアーのテーマソングとしても位置付けている「明日への賛歌」を今回作ってみて、もっと本心を伝えていきたいと感じましたし。いろいろ突き詰めていけたらいいですね。
『The Best 2008-2014 「MONUMENT」』2014年05月21日発売A-Sketch
    • 【初回限定盤(2CD+DVD付)】
    • AZZS-21 3996円
    • 【通常盤(2CD)】
    • AZCS1030~1 3456円
flumpool プロフィール

フランプール:山村隆太、阪井一生、尼川元気の3人でのアコギユニットを経て、知人の紹介で出会った小倉誠司が加入して結成。2008年10月1日リリースした配信シングル「花になれ」がデビュー10日間で100万ダウンロードを突破して話題に。翌年には日本武道館公演を成功させ、3年連続でNHK紅白歌合戦にも出演を果たした。17年12月に山村が歌唱時機能性発声障害であることが判明し、治療に専念するため活動休止。19年1月13日、バンドの結成日でもあるこの日に大阪・天王寺公園でゲリラライヴを実施し、活動再開を発表した。20年春にアルバム『Real』をリリース予定。flumpool オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着