【SuG】『SuG VersuS EXTRA FINAL「
COUNT DOWN」』2016年12月30日 at 豊
洲PIT

撮影:近澤幸司/取材:山本弘子

 ダークでゴシックな“極悪SuG”とポップでカラフルな“極彩SuG”という対照的なステージングで観せ、会場の盛り上がり(集音器で計測した歓声の音量)を競う恒例のバトル型ライヴが2016年はついに全国展開に。その最終決戦が12月30日に豊洲PITで開催された。第1ラウンドは極悪SuGが最新曲「KILL KILL」で幕を開け、SuGのダークサイドかつ官能的で陰のあるナンバーが矢継ぎ早に放つ。yuji(Gu)の“今日、極彩が勝つことはない! レベルが違うんだよ!”というプロレス風煽りも場内を沸かせ、攻めの姿勢で終了。一方、武瑠(Vo)のピンクのライダースジャケットからしてポップな極彩SuGはパーティチューンや初期代表曲「Vi-Vi-Vi」など観客を笑顔にする開放的でエンターテインメントなステージで魅了する。両者のステージが終了し、この日の発表は極彩SuGの勝利。全17公演の集計を足した結果、極彩SuGに軍配が上がった。

 アンコールではスクリーンを通して結成10周年に向けたメンバーの想いが語られ、登場した武瑠は意を決したように“ずっと逃げてきた挑戦に今こそ立ち向かいたいと思います”と9月2日に日本武道館で初の単独公演を行なうことを発表! 拍手と声援の中、贈られたのがメジャーデビューシングル「gr8 story」だったのも感慨深く、“また新しいSuGの幕開け”と歌詞を一部変えて歌ったのも印象的だった。SuGの歴史を作ってきたみんなとともに挑みたいと伝え、最後の曲では携帯での撮影をOKにするサプライズも。“Versus”最終公演は2017年のSuGの不退転の決意表明のライヴとなり、終演後にはベスト盤の発売とそれに伴うツアーも発表された。

セットリスト

  1. 【極悪SuG】
  2. KILL KILL
  3. FLY WYVERNS
  4. BLOODY MARY
  5. sweeToxic
  6. UMBILICAL
  7. Pimp My Cars
  8. SCREAM IT LOUDER
  9. ZIG ZAG
  10. heavy+electro+dance+punk
  11. HELLYEAH
  12. 【極彩SuG】
  13. SICK’S
  14. FRIDAY!!
  15. Fast Food Hunters
  16. CRY OUT
  17. 桜雨
  18. teenAge dream
  19. Vi-Vi-Vi
  20. 無限Styles
  21. 上海ハニー
  22. 小悪魔Sparkling
  23. B.A.B.Y.
  24. <ENCORE>
  25. gr8 story
  26. Smells Like Virgin Spirit
浮気者 プロフィール

ウワキモノ:2012年12月29日の代々木第二体育館公演を最後に活動休止に入った、SuGのヴォーカリストである武瑠のソロプロジェクト。ファッションデザイナー、映像ディレクター、小説家などマルチな活動を続けるアーティストでもあり、多方面から注目を集めている武瑠が“SuG=本命ありき”で活動をスタート。さまざまな個性派アーティストとコラボし、ミニアルバム『I 狂 U』を完成させた。浮気者 オフィシャルHP

SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。