【中村舞子】“春”をテーマにした初
のカバーアルバム

およそ1年振りの新作は初のカバーアルバム『春色 COVERS』。シンガーとしての新境地を開く一枚となった本作への思いを訊いた。
取材:田中隆信

初めてのカバーアルバムが完成しましたが、いつ頃からこの作品の構想があったのですか?

1年前にフィーチャリングのベストアルバムをリリースして、それまでの自分を振り返る作品になったんですけど“、次の新しいステップをどうしようかな?”って考えていた時に、チームのみんなが提案してくれたんです。私の中ではカバーアルバムを出したいと思ったことはなかったので、正直驚きや戸惑いもありましたね。でも、新しいことにトライするのも好きなので、やってみようかなって。

そういうきっかけだったんですね。

はい。実際にレコーディングに取りかかってみると、新しい発見がたくさんあって、まさに新境地!という感じでした。もともと私は自分が“アーティスト”というよりは“シンガー”という意識のほうが強いんです。このアルバムは、歌うことだけに集中できたし、シンガーとしての醍醐味のようなものを味わうことができたので、すごく刺激的でしたね。シンガーの意識は以前より強くなった気がします。

収録されている7曲を選んだ基準は?

声を生かして、私なりの個性を感じられる作品にしたいと思っていたのが一番ですね。リリースが2月頃というのと、以前から声に憂いがあるって言ってもらうことが多かったので、テーマを別れと出会いの季節である“春”にしたんです。カバーアルバムを提案してもらってから、いろんなアーティストのカバーを聴いてみたのですが、最初は春らしい曲をみんなで集めて、そこから揉みに揉んで(笑)、最終的にこの7曲になったという感じです。タイトルは分かりやすく“春色COVERS”にしました。言葉の響きもいいし、つい口にしたくなるようなタイトルがいいなと(笑)。

いろいろなタイプの曲があって、まさにシンガーとしての舞子さんを楽しめる一枚だと思います。

歌ってみると意外に合ってる曲もあったりして、いろんな発見がありましたね。リード曲の「木蘭の涙」もそうだったんです。これはたまたまディレクターさんがコンビニで流れていたのを聴いて、候補として挙げてくれた曲だったのですが、どんなふうになるのかは歌入れするまで想像できませんでした。有名な曲なんですけど、私はCMでしか聴いたことがなかったんです。

自分のオリジナル曲を歌う時とは、やっぱりレコーディングに臨む心構えとかも違うと思いますが。

はい。今回はレコーディングで使う歌詞カードに“これはお母さんを想うお父さんの気持ちで歌う”とか(笑)、それぞれの曲をどういう気持ちで歌うのかをたくさん書き込みました。こういう作業をしたのは初めてでしたね。

先ほど“歌うことに特化したアルバム”と言ってた通り、歌が真ん中にいるアレンジになっているのを感じました。

そうなんです。今回はハモもコーラスも極力入れずに、シンプルなアレンジの中にきちんとヴォーカルがいる感じを目指したつもりなので嬉しいです。自分がこれから歌っていきたいのはJポップなのかなって思ったので、Jポップの王道を王道としてアレンジしてくださる方たちにお願いして。アレンジャーさんはほとんどが初めてお願いした方ばかりだったんですよ

今やりたいことがそれだったということなんですね。

はい。カバーをやるならば、さらにリスナーの幅を広げたいという思いがありましたし、楽曲へのリスペクトを感じてもらえるように丁寧に歌ったつもりです。ぜひ原曲のアーティストのファンの方にも聴いてもらえたら嬉しいですね。
『春色COVERS』
    • 『春色COVERS』
    • PCCA-03980
    • 2014.02.26
    • 1800円
中村舞子 プロフィール

ナカムラマイコ:東京都出身の女性シンガー。1991年6月15日生まれ。日本、フィリピン、スペインのクオーターであり、両親の影響により幼少時から洋楽に親しむ。高校1年生の時に応募した『NO DOUBT tracksオーディション』でグランプリを獲得し、主催者LGYankeesのアルバム『NO DOUBT!!!−NO LIMIT-』に「Because…fest.中村舞子」で参加。同曲の着うたダウンロード数は100万件を突破し、一躍注目を集める。2010年1月、1stアルバム『CURE』でCDデビュー。切なくもストレートな恋愛観と高い歌唱力、パワフルな歌声で話題を呼ぶ。2011年1月、2ndアルバム『Answer』でキングレコードよりメジャーデビューし、同年6月にはミニアルバム『Moment』リリース。翌年ポニーキャニオンに移籍し、アルバム『HEART』とミニアルバム『7→9』の2作を発表。ISSA×SoulJa、NERDHEAD、MAY’S、WISE、Lisa Halimなど、人気アーティストとのコラボレーションも数多く行っており、2013年3月にこれまでのフィーチャリングソングを収録したベストアルバム『INVITED ~Maiko Nakamura featuringBEST~』を発売した。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
ブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着