L→R 対馬祥太郎(Dr)、坂倉心悟(Ba)、光村龍哉(Vo&Gu)、古村大介(Gu)

L→R 対馬祥太郎(Dr)、坂倉心悟(Ba)、光村龍哉(Vo&Gu)、古村大介(Gu)

【NICO Touches the Walls】“今現在
進行形”のベストアルバム完成!

これからの始まりを最高のやり方で表現
する

王道っていうと、普通はポップでみんなで歌えるキャッチーさとかそういうことになる気がしますけど、NICOの王道はそうじゃないっていうところに特殊性を感じます。

坂倉
当時は、今言ってたような“みんなで歌えて”みたいな文化は、自分たちの中にはなかったかもしれないですね。特に僕はライヴに行ってみんなで手をあげて、みたいなことをしてこなかった人間で、家でひとりでネチネチ音楽を聴いてるような少年だったので(笑)。好きな外国のバンドがテレビに出てたりすると喜んでたりはしてたんですけど、でも、そこに自分が参加して、周りを気にせず手をあげてとかっていうのが、当時はあまり想像できなかったというか。
光村
うん。その当時、僕らも出てた下北とか渋谷のライヴハウスは、いわゆる流行りの“4つ打ち”系の踊れる曲とかをやっていたバンドが多々いて、それに合わせて決まった振りがあって、みたいな。そういう状況のほうが、俺らからしたら特殊な気がしてたんですよ。俺、もともとサザンオールスターズが好きで、サザンのライヴを観たりとかCD聴いたりすると、ものすごい音楽知識が凝縮されてるわけじゃないですか。王道ってそうあるべきだよなっていうのが自分の価値観だったし、それがエンタテインメントだと今でも思ってるから。で、そういうものを、もうとにかく真正面からずーっと投げ続けてたのがインディーズ時代だったんですよね。

周りに迎合しない感は、確かにあったかもしれないですね。“この年齢でこのシブさ?”みたいな感覚は、自分たちの流儀を貫く姿勢の表れだったような気もしますし。

光村
俺らが楽しくないですからね、そうじゃないと。ライヴでよくある決まりごととかよりも、心のもっと奥底の扉を開放する感じだったりがずっとテーマで、そこからこのバンドは始まったし。最初はそれが上手く伝わらなかった部分もあったけど、でも、今なら伝えられるなと思ったんで。
古村
まず『Walls Is Beginning』があって、それを今の自分たちで表現しているDVDがあって、そこからメジャーでリリースしてきた作品がこのベストでひとつのかたちになってるんですけど。今までいろんなことやってるっていうのはこれを聴いてもらえれば分かると思うし、その曲たちを今だから全部ちゃんと肯定できるっていうことをすごく感じたんですよね。新曲から始まって新曲で終わるっていう流れからも、その間にある曲は筋が通って聴こえない?っていうふうに今は言えるし。

実際に、作品の中でいろいろなことをやってきたNICOですけど、“心のもっと奥底の扉を開放する感じ”っていう、曲を通して伝えんとしていることとか、根本は…

古村
変わってないです、はい(笑)。
光村
そうだね。その表現の仕方が変わっただけだし、共有の仕方が変わってるだけで。一方的に球を投げつけるだけじゃなくて、そのボールをみんなで、お客さんと一緒になって転がすみたいな。そういう変化は、ベスト盤の中から感じてもらえるんじゃないかな。それと同時に、今回スタジオセッションをやってみて、昔の曲は全然曲が悪かったわけじゃないんだなって感じられたのは本当良かった。
対馬
うん。曲は生きてるんだな、っていうか。全然昔から言ってること変わんねーよ、っていうことに気付けてるか気付けてないかっていう違いは大きいよなっていうのが、今回こういう試みをやってみて感じたな。で、そうすると、“俺、もっと良くなるぜ!”ってこの曲たちが言い出すような感覚にもなって、それがすごく自分をワクワクさせるし。

新しい扉を開けたというか、新たなところへ向かおうしている感じは、新曲2曲で挟まれている曲順にも表れてると思います。「ローハイド」の歌詞じゃないですけど、このスピード感で駆け抜けてやるぜ、みたいな今の意志も。

対馬
そうです! その意識のもとで、今回の新曲作りもそうだし、武道館に向けてもそうだし、その先も、さらにその先へも、っていう。そういう姿勢で動いてるんです。
光村
それでいて、とにかく自分の背中も押してくれるような曲が書きたかったんで。これからの始まりを、今の自分たちがやれる最高のやり方で、最高だと思ってる新しいやり方で表現するっていうのが、今回の新曲が生まれたそもそもの背景でしたね。俺たちにとってのリベンジになる武道館へ向かってっていう気持ちになると自然に曲が書きたくなってきたし、この「ローハイド」の、原点にしてすでに頂点みたいなすごい勢いがまず鳴らせないとその先の曲も出せないよなって。それぐらい、大事なターニングポイントになってる曲ですね。
坂倉
本当そうだね。新曲を作ってた中で良い曲は他にもいっぱいあったんですけど、この曲は本当に今の自分たちの宣言になってたんですよね。だから、この1曲があれば十分だったというか、“今、言いたいのはこれです”っていう。
光村
うん、そう。とは言いながら、最後に「パンドーラ」が入っちゃったんですけど(笑)。
古村
予定外だった、それは(笑)。

新境地を拓いたというか、まさに“パンドーラの箱”を開けたような感覚?(笑)

光村
(笑)。今回の新曲は、今、このタイミングでしか作らない曲じゃないかと思います。特に「ローハイド」はサビにくると、今までの歴史が、ね…。走馬灯のように蘇ってきて、演奏してて、なんかいろいろ込み上げてくるというか。

あっ、ヤバい! 武道館、もしかしたら、目のあたりから込み上げてあふれてくるものがあるかも…

光村
ヤバいな(笑)。「ローハイド」だけで新曲はいいんじゃないかっていう提案をみんなにした時に、俺はこの1曲だけで武道館は感動できる、と。そういう曲だと思ってるからベストは1曲で良いと思ってたところから、さらに「パンドーラ」っていう新しいものも生まれて。だから、武道館はお客さんの反応よりも、自分内反応っていうか(笑)。自分内化学反応がなんか起こるかもしれないなと、そういう状態に持っていきたいなっていう気持ちではいますけどね。
『ニコタッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト』2014年02月05日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD・Photo booklet付)】
    • KSCL2423〜4 3800円
    • 【通常盤】
    • KSCL2425 2800円
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着