【長澤知之】生活に溶け込む子守唄の
ような作品を目指した

長澤知之が名うての演奏家たちと、作品性とライヴ感がうまく同居したニューアルバムを作り上げた。彼が思う“幸せのかたち”がたくさん詰め込まれたという今作。果たしてその深意は?
取材:池田スカオ和宏

今作は、これまで以上のライヴ感と作品性のうまい融合を感じました。最初はどんな着地点を目指してアルバム作りを?

ごく初期に描いていたのは、“子守唄みたいな曲が集まった作品”でした。以前、知り合いのラジオDJさんがくださった“長澤くん、子守唄みたいな音楽を作ればいいのに”という言葉が妙に引っかかって。“聴いていて気持ち良くて、耳障りの良い音楽っていいかも…”と漠然と思い始めたんです。いわゆるドスドス殴りかかる音楽じゃなく、幸せになれるような。“幸せで、自分が楽しくいられるアルバム”…そんな作品にしたくて。生活の中にスッと馴染む音楽とでもいうか…。

では、“幸せ”とはいえ、“ハッピー!”“ラッキー!!よりは、“ささやか”や“ささい”、聴き手の傍らにある幸せの類だと?

ですね。中には激しい言葉もあるけど、それをあえて違った類のサウンドと融合させることでマイルドさを出させたし。とはいえ、僕の特徴でもある“支離滅裂”さは、今回もきちんと生きてますよ(笑)。生活って幸せだけじゃないですからね。アップダウンや感情の起伏、バイオリズムもあるし。

歌詞はその場の思い付きで書いたものが多そうですね。

今回はとりわけ思ったことをバババッと反射的に入れ込んでます。言葉も楽器みたいな感じで入れてみたというか。それがさっきおっしゃった“ライヴ感のある作品”につながったとも思ってるし。レコーディングってある種のライヴだと自分では思っていて。思い付いたものをその場で入れ、作っていく。特に今作は再現性よりも偶発や突然性を大切にしたんです。

そのライヴ感は、もともと目指していたところ?

気付いたらそうなっていた…のほうが合ってるかな。各楽曲の最も幸せだと思える方法論やサウンド、長さを前提に作っていった結果、その辺りが表れていたというか。だから、今作にはアウトロが長い曲も多いけど、それも各楽曲が呼んでいた最も幸せな長さだと思ってるし。歌も今回は楽器的な見方をして、他の楽器と同等の位置に置いてみましたからね。

歌詞の面はいかがでしたか?

いつも通り、ごく個人的なことを中心に、フィクションのようであり、ノンフィクションのようなものばかり(笑)。自分の言いたいことを日常の愚痴のように言い、それを装飾するサウンドはあえて美しく、メロディーはきれいに。その整合性がとれていれば素敵だろうと思って作りました。

各曲、適材適所にさまざまな著名ミュージシャンが参加しているのも印象深いです。

今回はある意味、“絵を描くように音楽が作れた”と自分では思っていて。好きなペンで好きに色を塗る、そんな感じで各曲の世界観に合いそうな方々にお声掛けさせてもらいました。各曲参加してくれた方々の色でガラッと世界観が変わる、そんな作品も目指してましたから。

今回はこれまで以上に聴き手が共有や共感、共鳴できる作品になったのでは?

いろいろなタイプやシチュエーションの曲が揃いましたからね。それぞれの色を持つものがバラバラに入っていて、それらが合わさり、ひとつの人生が見えたらいいなと思ってます。

最後に、現時点での長澤さんの“黄金”を聞かせてください。

今だとそうだな…“描いている将来のビジョン”かな。まっ、現時点では“黄金”まではいかないけど、今後も磨き続け、いつかは“黄金”にしたいですね。
『黄金の在処』
    • 『黄金の在処』
    • ATS-047
    • 2013.11.06
    • 2500円
長澤知之 プロフィール

福岡県出身のシンガー・ソングライター。10歳でギターを始め、11歳で初めてのオリジナル曲を完成させる。18歳のときにオフィスオーガスタのデモテープ・オーディションで才能を認められ、その後は福岡や東京のライヴハウスを拠点としながらデモ音源を作成。2005年9月、東京・大阪で行なわれた『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2005』のオープニング・アクトを務める。2006年8月、シングル「僕らの輝き」でメジャーデビュー。甲高いアシッド・ヴォイスで孤独や哀愁を歌うさまをはじめ、ノスタルジックでエモーショナルな世界観も好評を博す。2007年3月に『PAPER STAR』、10月に『P.S S.O.S.』、2009年3月に『EXISTAR』と、立て続けに3枚のミニアルバムを発表。その楽曲のオリジナリティとクオリティの高さが評価されるようになる。同年4月に開催した東京、大阪、福岡でワンマンライヴ・ツアーでは、すべての会場でソールドアウトを記録。2011年4月、初のフルアルバム『JUNKLIFE』をリリース。2012年1月に2ndシングル「カスミソウ」を、6月にはミニアルバム『SEVEN』を発売。そして、同ミニアルバムを引っさげて弾き語りとバンドの2形態でのワンマン・ライヴを実施。2013年11月、2ndフルアルバム『黄金の在処』をリリースした。オフィシャルHP
Official Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着