L→R ハルカ(Vo&Gu)、ミユキ(Key&Cho)

L→R ハルカ(Vo&Gu)、ミユキ(Key&Cho)

【ハルカトミユキ】お互いにマグマ的
なものが絶対にある

フォーク・ロックユニット、ハルカトミユキの1stアルバム『シアノタイプ』が完成。ふたりの絶妙なバランスが織り成す、真っ直ぐに突き刺さる不協和音という矛盾をはらんだリアルは、間違いなく世の中をざわめかせるはず!
取材:高橋美穂

大学のサークルで出会ったそうですけど、サークルってたくさん人がいますよね? その中で、お互いをパートナーに選んだ理由って何かあったのですか?

ハルカ
サークルには100人もいて、しかもコピーバンドじゃなく作詞作曲もするサークルだったんで、さぞかし意識の高い人がいるんだろうと思っていたら、わりとワー!みたいな雰囲気で(笑)。最初にミユキと話した時は、こんな大人しい子が何でここにいるんだろうって思って、誰が好きなの?って訊いたら、カート・コバーンって答えたんですよ。今考えると、そのひと言を聞いて、この人は間違っていないって思えたんじゃないかと。その時は、変な人って思っただけですけど(笑)。

(笑)。逆にミユキさん、ハルカさんの第一印象は?

ミユキ
私は上京してきたばっかりだったし、もともと喋れないっていうのもあって。だから、話し掛けられた時は、“うわ、東京の人だ!”っていう( 笑)。初めて大学で話した人ですね。

そんな人と長らくユニットを組むなんて、運命的ですね。

ミユキ
今考えると(笑)。

結成した時から、やりたい音楽ってあったのですか?

ハルカ
とりあえず、変な音が好きだったんですよ。ギターはファズで歪ませて、ミユキのシンセの電子音とかも普通は使わなそうな音ばっか探して、曲みたいなものを作ったりしていて。ノウハウも知識もないし、ただの変な音で遊んでいる状態ですね。今は、変な音がちゃんとしたかたちになっているんですけど、当時から根本的な趣向は変わってないです。

デビューしたい気持ちはあったのですか?

ハルカ
私は大学入ること自体も、これから音楽をやっていくためみたいなものだったんです。4年の間に道筋を立ててやろうって思っていて、その時間を得るために受験したんですね。だから、サークルでも品定めじゃないですけど、そういう気持ちで。
ミユキ
私はまったく思っていなくて。ただ、サークルに入ったのは、音楽がやりたい、やるなら自分で作りたいと思ったからです。そうしたら、知らない間にソニーにCDが送られていて。とあるライヴが終わった時に、知らないお兄さんがソニーのなんとかですって言ってきて、誰!?って(笑)。
ハルカ
私が送ったんですけど、別に期待していなかったんです。そうしたら、すぐに次のライヴに来て。来ちゃったから、“ごめんミユキ、送っちゃった”ってそこで伝えて(笑)。
ミユキ
就活もしていたんですよね、その頃。でも、何の仕事をしたいっていうのもなく、髪は茶色にしていたいから、アパレルしかないじゃんって思って。でも、面接で、“私こういうCD作ったんです”って出したら、“だったら何でそっちに行かないの?”って言われて、就活しないほうがいいんだなって(笑)。

逆効果だったみたいですけど、今となっては良かったです(笑)。ハルカさんは、思い描いていた通りに進みましたね。

ハルカ
人生そんな感じなんですよね。こうなるだろうなって思ったほうに進むっていうか…こんなことを言うと変な人だと思われそうですけど(笑)。その時も、信じてはいなかったけど、やっぱり来た!って思いましたね。

思いが強いんじゃないですか? 楽曲を聴いていてもすごく伝わってくるものがあって、思いを吐き出したくて音楽を選んだのか、音楽をやりたくて何を乗せるかって考えたのか、どちらかなのかな?っていうのが気になったのですが。

ハルカ
それは完全に前者です。だから、もしかして音楽じゃなくても良かったのかもしれないですけど、でも、歌うことは好きだったし、広める手段として音楽を選んだっていう。

歌詞には思いがたぎってますけど、共有はしていますか?

ハルカ
歌詞に関しては、ほとんど説明はしないですけど、表面的な言葉というよりは、お互いにマグマ的なものが絶対にあって。それを私は言葉とギターで表現しますけど、ミユキは言葉じゃなくて表現していると思うんですよね。

ミユキさんは音で表現しているんですかね?

ミユキ
音かもしくは体? 突拍子もないことを言ってしまったり、やってしまうことがあって、自分でそれを悪いとか良いとか思っていなくて。本質的に私がマグマなのかも(笑)。

(笑)。音も、思いを表現するっていう基準で選んでいるように聴こえるんです。決まりごともないんじゃないですか?

ハルカ
ないですね。もしろ、この曲を壊してくれって言ったりとか。歌詞に沿われたりすると違う!って思うんです。

壊し屋のミユキさんとしても、躊躇なく?

ミユキ
殺し屋みたい(笑)。躊躇ないです。むしろ、やりすぎって怒られます(笑)。音が当たるのが心地良いんです。だから、3回聴いて、耳が受け入れられたらアリにしようとか。

逆にそういうほうが癖になったりしますよね。1回聴いていい曲って思うと、その後は聴かなくなったり。

ハルカ&ミユキ
そうですよね。

また、ハルカさんの歌声の美しさと歌詞のギャップが相俟って、ポップな曲であればあるほど印象的というか。「Hate you」なんて、こんな残酷なポップソングないですよ(笑)。

ハルカ
ありがとうございます(笑)。わざとミスマッチにしようとは常に思っているので。声と歌詞とか、曲調と歌詞とか。

歌詞からは全般的に生きづらさを感じたんですけど、根本的なテーマがあったりするのですか?

ハルカ
私も別に常に思っているわけではないし、誰でもじゃないかもしれないけれど、いろんな人が生きづらさは抱えていると思っています。あとは、マジョリティーに対する疑いとかはありますね。長いものに巻かれない性格というか。

そのスタンスでメジャーに行くことが頼もしいですが、だからこそっていうところもあったのですか?

ハルカ
ありますね。言いたいことを言って、やりたいことやって、絶対みんな思ってるだろうなって思うことをやっていても、少数に向けているだけでは意味がないから。
『シアノタイプ』
    • 『シアノタイプ』
    • AICL-2598
    • 2013.11.06
    • 3150円
ハルカトミユキ プロフィール

ハルカトミユキ:2012年終盤に突如現れた、歌人・ハルカと奇人・ミユキのふたり組。どこまでも言葉にこだわる時代錯誤の文藝少女のハルカと、ノイズとジャンクで踊る愛すべきフリークスのミユキ、ふたりの決して交わらないねじれの位置が生み出す音楽は、インディー流通でありながら鮮烈な印象を残し、13年11月にアルバム『シアノタイプ』でメジャーデビューを果たす。ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカ オフィシャルTwitter
ミユキ オフィシャルTwitter
ハルカトミユキ オフィシャルFacebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着