L→R 原 琢矢 (Ba)、三浦明展(Dr)、西 勇輔(Vo&Gu)、森下大輔(Gu)

L→R 原 琢矢 (Ba)、三浦明展(Dr)、西 勇輔(Vo&Gu)、森下大輔(Gu)

【In 197666】理性で抑え切れない感
情がほとばしる

“インナイ”ことIn 197666にとってメジャー第二弾となるミニアルバムは、バンドの結束感と、潔いまでの“青臭さ”が渾然一体となった感情の塊だ。理性と本能が真っ向からぶつかり合う音に、偽善や嘘偽りはない。
取材:金澤隆志

前ミニアルバム『(NO) MY DESTINY』では、それぞれの曲が“運命”をキーワードとした異なったストーリーを描くというアプローチが取られていましたが、今回は?

西
タイトルの“│idea│”に関連するのですが、人間には“他者から見られている対外的な自分”と“自分の中にある本当の自分”が存在していて、誰しもが隠し持っている部分というのが必ずあります。それが出てしまう、ふとした瞬間をそれぞれの曲に詰め込みたくて。ふとした瞬間にポロッと出てしまう、抑え切れない本当の自分の思い。自分たちだけで好きなように音楽を制作していたアマチュアの頃には表現できたものが、今は制約があって表現できないがことあったりして、“本当に表現したかったことって何だったんだろう?”と思うことがあって。それで筆が走るままに任せて書いてみたんですね。曲になったものを聴くと、その時々に思っていた本心が出ているように感じたんです。捻り出そうと思って出した自分とは違う、内なる自分が出ていて。

1曲目の「Listen to me」は特に、抑え切れない恋愛感情というのが伝わってきますね。

西
僕たちは男子高出身なんですけど、これは男子高の男の子の心情をよく表している曲だと思います。好きな女の子ができたんだけど、女子と接点がない男子高にいるから付き合い方もよく分からない。ただ好きで好きでしょうがない気持ちがばかりが募るんだけど、それを伝えられずにどうしようどうしようという気持ちばかりが出てしまう。

もうカッコ付けて斜に構えていられない、という。

西
すごく人間的だなと思うんですよね。明らかに“明日があるさ”とか“大丈夫だよ”といったメッセージとは違うものなので、果たしてこういった歌を人々が求めるだろうかとは思うんですけど(笑)、ベクトルが自分に向いている分、人に見せたくないような人間臭さが詞に出ています。「音の無いメロディー」の曲名の青臭さもそう。高校生が“カッケーの思い付いた!”というのが、そのまんま付いちゃったという感じで(笑)。そこまで読み取ってほしいですね。“え? ダサくない?”で終わってほしくない。“あれ? インナイどうしちゃったの?”というところまで楽しんでほしいんですよ(笑)。

5曲全てがアッパーな曲で、まったく引く部分がないことも印象的でした。

それは自分たちにとっても驚きでした(笑)。『(NO) MYDESTINY』を引っ提げてライヴをやってみたところ、自分たちの中でも感じたライヴ感が足りていない、その部分を補っていきたいというマインドがあったので、それがそうなった理由のひとつかもしれないですね。おかげさまでBPMが全曲極めて早い、という(笑)。
西
CDって、その時々の気持ちのピークをかたちにするものがほとんどだと思うんですけど、このアルバムで表現されている感情というのは粗削りで、これから磨かれていく中で輝きを増していくように感じています。まだほとんどライヴでも演奏していない曲ばかりで、どういったパワーを持つかも分からないけど、ライヴアンセムになるのがイメージできます。
森下
サウンド的には、前作よりもシンプルなバンド演奏に近いかな。ギターのダビング数が前作よりも圧倒的に少ないのも、ライヴでの再現を想定している部分はありました。自分たちが馴染んできたテンポよりも高速にすることで、攻撃的な音にすることができたかな、と。
4人で完結させたいという気持ちがあったので、シンセのような、この4人以外が出す音はなるべく入れたくなかったこともライヴ感に関係しているのかもしれない。この4人でライヴをやった時、CDとあまり印象が変わらないようにしたかったんです。
西
どこかで尖りたいという思いがあったんでしょうね。“何かが足りない”とずっと思い続けていたんです。パワー感、テンション感がもっと欲しい、と。それで全員、戦闘モードのスイッチが入っているんですね。
ダウンピッキング感はまさにメタリカです(笑)。

自分の中の天使と悪魔の狭間で揺れる葛藤が描かれている「Another part of me」は、特にライヴ感を意識しているように感じました。

西
この曲は、お客さんと一緒に騒げるような曲にしたかったんです。でも、歌ってみると何かが変だと思えるような歌詞にしておきたくて。ものすごくポジティブな音で、ものすごくはっちゃけて演奏していて、ものすごく楽しそうにお客さんを参加させようとしているのに、“どうしようもできないじゃん、どうするの?”と歌っているという(笑)。もちろん“全て自分次第”という結論ではあるんですけど。そこに気付いてもらえると、ちょっと面白いかもしれないですね。

4色の“ ! ”マークをモチーフにしたアルバムカバーのデザインもイメージを喚起させます。どういった意味が込められているのですか?

西
僕たちはデザインの説明は受けていないんですよ。デザイナーの方に曲タイトルの意味とテーマを説明させてもらって、出来上がってきたのがこれというだけで。デザインの意味を訊くというのは、お笑い芸人の方に“なんでそれ面白いの?”って訊くのと同じことですからね。

最後に、このミニアルバムをそれぞれ色と表すと?

西
青ですかね。歌詞の青臭さも含めて(笑)。
自分も青系かな。「Listen to me」のPVで佐藤すみれさんが青のパーカーを着ていたし(笑)。
三浦
水色かな。
森下
僕も青のエッセンスを強く感じますね。
『│idea│』
    • 『│idea│』
    • CRCP-40352
    • 2013.10.09
    • 1700円
In 197666 プロフィール

イン ナインティーン セブンティ シックス シックス シックス:バンド名の由来はマーダードールズの楽曲「197666」の冒頭の歌詞からで、通称は“インナイ”。メンバーが高校在学中に結成され、精力的に活動を開始。独自の世界観のある歌詞と力強いヴォーカルをはじめ、クセになる激しいパフォーマンスが支持され、徐々にライヴバンドとして評価を得ていく。2011年12月にタワーレコード&amazon限定でリリースされたシングル「IQ:64(あいくるしぃ)/from Snow…」がタワーレコード渋谷店でデイリー1位を獲得し、一躍その名を知らしめる。全国各地でのライヴをこなすようになり、高い評価を得る中、2012年10月に1stアルバム『Stars Seed』をリリース。2013年4月には、ミニアルバム『(NO)MY DESTINY』でメジャーデビューを果たし、その収録曲「砂時計」は映画『共謀者』の日本版オリジナル・エンディングテーマに起用された。同年10月には、2ndミニアルバム『│idea│』を発表。オフィシャルHP
In 197666 Official Twitter
西 勇輔 Official Twitter
森下大輔 Official Twitter
原 琢矢 Official Twitter
三浦 明展 Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着