L→R YUKKE(Ba)、逹瑯(Vo)、ミヤ(Gu)、SATOち(Dr)

L→R YUKKE(Ba)、逹瑯(Vo)、ミヤ(Gu)、SATOち(Dr)

【MUCC】開かれてるようなイメージと
思ってほしい でもすごい開いてない

今年5月にはメタルの祭典『OZZFEST JAPAN』に出演し、ライヴバンドとしての存在感を見せつけたMUCCが、約1年振りのシングル「HALO」をリリースする。ストレートかつ明快な楽曲の裏に秘めたメッセージとは…。
取材:舟見佳子

「HALO」を作った時のテーマって何だったのでしょう?

ミヤ
分かりやすいサビと簡単なギターリフ、これに尽きますね。で、サビ以外のところで、何かいろいろ含みを持たせたいなというか。サビでは何も説明しないっていうコンセプトで作ってました。もともと春に1回だけライヴでやっていて、その時はアレンジももうちょっとバンドっぽい感じだったんですよ。その感じがあったんで、あんまりゴチャゴチャしすぎないようには意識してましたね。

確かにライヴで初めて聴くお客さんでもノリやすいタイプの曲ですね。そういう意味では“開かれてる”曲というか。

ミヤ
“開かれてるようなイメージと思ってほしい、でもすごい開いてない曲”なんですよ。入口はすごい開いてても、中に入ると“あれ? なんかよく分かんない”みたいな。MUCC、昔って逆だったんですね。取っ付きづらいけど、中に入ってみると意外と面白いなっていう。でも、この曲はサビで“ハロー ハロー”しか言ってないから「HALO」っていう曲でしょ?ってくらいの分かりやすさがある。シンプルなギターサウンドと、シンプルなキーワード。それが表に出ていて、裏にいろいろ隠れてるっていう。

いろいろ隠されてる?

ミヤ
隠されてるっていうか…たぶん考えれば分かると思うんですけどね。説明したくないっていうか。世界のいろんなものが説明だらけで、それがすげぇイヤなんですよ。だって、考えなくていいってことは、退化すると思うんですよ、人間って。発信する側が説明しすぎでつまらない音楽もいっぱいあるし、映画もあるし。「HALO」って曲には、そういうことも含まれてるっていうか。だから、すごい負のオーラなんですよ、作ったきっかけが。もともとロックって負のオーラにみんなが共感するからすごいんであって、正のオーラに共感してもしょうがないっていうか、共感できて当たり前なんで。みんなが“あっ、こんなもの共有しちゃうんだ! ”っていうところから生まれてくるパワーがライヴの熱気だったりとか、楽しむ力になるポイントだと思うんですよね。

この曲のレコーディングはどんな感じでしたか?

逹瑯
結構ストレートな曲だし、新鮮でしたね。こういうストレートな勢いのある曲は好きだし。なんか、どんどんライヴで育っていきそうだなぁっていう感じもするし。
SATOち
すごくシンプルで伝えやすい曲だなと。リフレインの感じとか。そういう部分でもシングルらしいですよね。耳に残りやすい。しかも、言ってる言葉が“ハロー”だし。
YUKKE
でも、ちゃんと聴いてもらうと、例えばベースとかも結構ブロックブロックで場面がどんどん変化していく感じになってて。1回聴いただけだとあんまり分からないところかもしれないけど、何回か聴いてみてもらうと面白いなと感じてもらえると思います。

カップリング曲についてですが、「テリトリー」はラフな感じでガーンといっちゃう曲になってますね。

ミヤ
これは、演奏してる雰囲気をそのまま録音しただけなんで。リハでやってるような感じで録音したんで、それが一番デカいですね。せーのでやって、録り直しもしないで。

歌詞は、曲にインスパイアされて書いた感じですか?

逹瑯
そうですね。あんまりこう、ちゃんとした歌詞になってないほうがいいなぁみたいなイメージでしたね。単語単語がインパクトでポーンと飛び込んでくるような。

「Monroe」はYUKKEさんの曲ですが、コードの感じとか雰囲気とか、YUKKEさんらしい曲ですね。

YUKKE
曲からじゃなくて、“Monroe”っていうタイトルで曲を作ってみようって思って。そのタイトルに向かって作り出した感じですね。一個のかたちっていうか、それが見えやすかった感じがしました。だから、曲を作るのもそんなに時間かからなかったし、歌詞も苦悩することなく書けましたね。

では、今回のシングルが完成した今の手応えを。

ミヤ
MUCCを知らない人の、入口になれるような曲になってくれたらいいなと思ってますけど。やっぱり引っかかる音楽でありたいっていうのは思っていて、ずっと。そういう音楽をやってなんぼのバンドだと思ってるんで、そういうところを楽しんでもらえたらいいなと思ってます。
YUKKE
カップリングも2曲とも「HALO」とはまたタイプが違う曲だと思うんで、いろんなMUCCというか…それが全部ではないんですけど、自分たちの持ってる部分をいろんな角度から聴いてほしいですね。そこは入れられたかなと。
逹瑯
すごく覚えやすくて、キャッチーでストレートなようで、でも意外とマニアックな部分というか、クセがすごく強い部分が隠れてるから、いろんな人が楽しめるんじゃないかなと思いますね。タイトル曲もカップリングも含め。じっくり聴いてもらいたいなぁと思える曲が集まったかなと。
SATOち
いい名刺にもなったし、今までのお客さんも喜んでくれるようなカップリング曲もあるし。いいシングルになりましたね。ライヴで必ずやるんでライヴにきてください。

リリース後には、全国2デイズツアーが控えてますね。

逹瑯
アルバムツアーでもないし、結構遊べるツアーになると思います。“Hypnos”と“Thanatos”でいろいろ性格を変えると思うんですけど、どっちの日も楽しめるとは思うんで。
ミヤ
わりと二面性を持ってるバンドなんで、その感じを2日間違う内容で出せればいいなっていう。結構激しい曲が多いバンドなんですけど、“速い=激しい”じゃない曲も多いし。静かで激しい曲っていうのがすごい多いんで。そういう分け方をしても面白いかなぁって今はなんとなく思ってるくらいですけど。新曲もやれると思うんで。「HALO」はもちろんやりますけど、それ以外の新曲たちも。
『MUCC Tour 2012-2013 “ Shangri-La”
    • 『MUCC Tour 2012-2013 “ Shangri-La”
    • AIBL-9278~9
    • 2013.10.02
    • 6900円
    • 通常盤
    • AICL-2583
    • 1223円
    • 「HALO」
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • AICL-2581~2
    • 2013.09.25
    • 1575円
MUCC プロフィール

ムック:1997 年結成。日本人の心のメロディーを大事にしつつ、ロック、メタル、パンク、ダンス、ラップ、ミクスチャー…ありとあらゆるジャンルの音楽を飲み込み、常に新たなサウンドを追求し続け、“MUCC”というひとつの生命体のように、誰にも似つかない音を鳴らし続けている。国内外問わず結成以来、精力的に数多くの箇所、本数のライヴを行なっており、海外でもヨーロッパ・アメリカ・中国・ロシア・南米の計13 か国で公演を約150 本を実施。国内においても日本武道館、幕張メッセ、国立代々木競技場第一体育館などで単独ライヴを開催。また、国内外の大規模フェスにも出演し、大きな反響を得てきた。08 年には北米(34カ所)、ヨーロッパ(18カ所)を回る大型フェスツアー、『ROCKSTAR Taste of Chaos』TOUR にAvenged Sevenfold、ATREYU、Bullet for My Valentine、Story of the Year、As I Lay Dying などとともに参加。日本公演では堂々のヘッドライナーを務めた。世界を股にかけるタフなライヴバンドとして定評もあり、そのパフォーマンスへの評価は高い。MUCC オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着