【FUKI】『FUKIワンマンライブ 「LO
VE DIARY」』2016年11月2日 at 渋谷
CLUB QUATTRO

取材:吉田可奈

 「キミがスキ」から始まった1stアルバム『LOVE DIARY』のリリースパーティー。伸びやかで張りのある、その歌声が聴こえた瞬間、フロアーの視線が一点に集中し、会場の空気がひとつになる。FUKIの歌声は一気にグッとその場の空気を変える力を持っているのだ。ミディアムチューンが中心だが、ライヴでは「泣きたいんでしょ」や「ホンモノの恋、はじめませんか?」などのアップチューンでフロアーの温度が上がるほど盛り上げる。今までは切なさ、美しさを表現し、“聴かせる”ライヴをしていた彼女の歌声だが、この日は“一緒に盛り上がろう”という気持ちがあふれているのも感じられた。きっと、ライヴの楽しみ方が少し変わってきたのだろう。フロアーのクラップの音に乗りながら気持ち良く身体を揺らし歌う姿には、また一歩、大きな一歩を踏み出す彼女の姿を想像することができた。

セットリスト

  1. キミがスキ
  2. LOVE DIARY
  3. 泣きたいんでしょ?
  4. ホンモノの恋、はじめませんか?
  5. 小さな恋のうた(cover)
  6. 星になるから
  7. ふたりいろ
  8. キミじゃなきゃ
  9. 365
  10. キミがスキ(LOVE DIARY Special Ver.)
  11. <ENCORE>
  12. キミへ
  13. すきだよ。
  14. With U
  15. LOVE DIARY
FUKI プロフィール

フキ:東京都出身。幼少の頃から歌と踊りに目覚め、ダンススクールに通う日々を過ごす。そこから次第にヴォーカリストへの想いを強く募らせ、オリジナル曲を書き、ライヴハウスで歌い始める。そこで平井大やシェネルを手掛けるプロデューサーのEIGOに見出され、本格的な歌手活動を開始。15年10月にデジタルシングル「キミじゃなきゃ」でメジャーデビューを果たした。FUKI オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着