L→R KURO(Ba)、MASA(Vo)、YUK(I Gu)

L→R KURO(Ba)、MASA(Vo)、YUK(I Gu)

【Dear Loving】僕らが一番伝えたい
のはメッセージ

3年振りのアルバム『その手に未来を』のテーマは“生きる”ということ。“ポジティブでポップでロック=ポジポック”を掲げて活動してきたDear Lovingが、この時代に放つメッセージは限りなく温かくて力強い!
取材:山本弘子

結成20周年を迎えたDear Lovingですが、5月15日にリリースされる『その手に未来を』は約3年振りのアルバムになるんですよね。

MASA
ええ。ドラマーが脱退してから3年間、ずっとライヴだけをやってたんですけど、20年バンドやってても未だに“自分たちって何者なのかな?”って思うんですよね。Dear Lovingの1枚目はメッセージアルバムで、2枚目はラブソング集だったんですけど、時を経てやっぱり僕らはメッセージバンドやろうっていう結論になった。その間に東日本大震災もあったりして、自分らがやれること、やるべきことは何だろう?って考えた上で、今回のアルバムは“生きること”をテーマに作りました。ポジティブなメッセージだけじゃなく、生きていく厳しさや切なさを含めて。
YUKI
完璧です! コメント100点(笑)。

リード曲「その涙には意味がある」はテレビ東京系『ざっくりハイタッチ』のEDテーマとしてオンエア中で5月からはテレビ東京『音流』のEDテーマとしても流れるダブルタイアップ曲ですね。この曲にもMASAさんが言ってくれたメッセージが込められていると思うのですが。

MASA
そうですね。落ちてる時は悲しみに浸ることしかできないけれど、涙したことにもきっと意味があるって…もちろん辛すぎたり、救われない経験もあるとは思うんですけど、この曲を聴いて“そう言えば、あの時こんなことがあったけど、今の自分は笑っていられるな”って思ってくれる人がいたらいいなって。

まっすぐなメッセージが伝わってくる曲でもあり、メロディーもポップ、サウンドも突き抜けてますよね。

YUKI
そうなんですよ。明るさと切なさが同居しているメロディーで、演奏は疾走感とロック感を重要視してます。間奏ではかなり、はしゃがせてもらってギター弾いてるので、MVで映像から、はみ出しちゃったぐらい(笑)。
KURO
サウンドはスピード感とパワー感を重要視しましたね。なおかつライヴでノリやすくメッセージもちゃんと伝わるように考えて3人で制作していきました。

アルバムは聴かせるバラードもあれば、アッパーな曲もあるし、ポップチューンもあるし、とてもバラエティーに富んでいますね。Dear Lovingの新境地、もしくはプッシュしたい楽曲は?

YUKI
リード曲はシングルっぽい楽曲だと思うんですけど、2曲目の「CLIMBER」は一線超えたかな…ぐらいにロックで新境地ですね。MASAくんの作る曲はメロディーとメッセージが強く押し出されていて、僕はイントロが始まった瞬間、カッコ良い!って思える曲をイメージして作ってます。この曲はAメロ、Bメロを僕が作って、サビがMASAくんで、サビの歌詞は僕が魂で感じることを書いて…
MASA
それ合作って言えばよくない?(笑)
KURO
僕がプッシュしたいのは「FLASHBACK」ですね。曲の原案を自分が考えて、MASAくんと共作してます。Dear Lovingのロック担当はYUKIくんなんですけど、ライヴでノリやすい曲をアルバムに入れたいと思って作った曲です。
MASA
僕らのスタンスってアーティストっていうより、メッセンジャーに近いと思うんですよ。先に伝えたいことがあって音楽があるというか、今まで生きてきた結果、こう思うっていうことを曲にしている。だから、よくストレートだねって言われるんですけど、僕は日本の中で今、この時代に抽象的でアートな音楽をしたいとは思わないし。

何が本当なのか分からない時代にね…。タイトル曲の「その手に未来を」も生きてほしいって歌う祈りのようなバラードですもんね。

MASA
ええ。僕らのファンは思い悩んでいて、力をもらいにライヴに来る人が多いので、そういうファンの子らに何かできればいいなと思ったんですよね。僕らの音楽を必要としている人って、まだ日本中にいっぱいいると思ったし、出会ってない人たちに出会うために届けたかったメッセージですね。

音楽で少しでも元気になってほしい、笑顔になってほしいっていう想いが強いのですか?

MASA
そうですね。昔は幸せって自分が感じることなのかなって思ってたんですけど、今はそうじゃないやろって。僕らの音楽で誰かが笑ってたり、誰かがホンマに泣いてたりとか、そういうことに喜びを感じますね。ライヴに関しては、僕ら、むっちゃエンターティンメントなのでコントもするんですよ。“今、私、笑うような気分じゃないのに”っていう人が笑って帰ってくれたら嬉しいし。

結成20年、3人は中学時代からの幼なじみですよね。今さら照れ臭いかもしれないけど、お互いの魅力は?

MASA
ベースのKUROちゃんは童顔でかわいいキャラですけど、こう見えてめっちゃ力持ち。20年間、彼がずーっと機材車、運転してくれてるんですけど、ドアをバーンと締めるたびに僕ら、毎回、お尻浮きますから(笑)。YUKIくんはいるだけで場が明るくなる。
YUKI
モットーはテキトーなんでね(笑)。僕がこうして伸び伸びしていられるのもリーダーのMASAくんがいるから。
KURO
常に向上心があって、僕らをひっぱっていってくれる。よりモア精神があります。
YUKI
よりとモアって同じ意味やん(笑)。MASAくんは典型的なA型。もうMASAのMとSを抜いて、ダブルAにしてもいいぐらい几帳面(笑)。だから、ちょうどいいバランスの3人なんですよね。

なるほど。20周年イヤーは賑やかになりそうですね。

MASA
そうですね。3年振りのリリースで“また、ここから始まる”っていう気持ちもあるし、今まで培ったことを解き放っていきたいですね。
『その手に未来を』2013年05月15日発売POSIPOCK RECORDS
    • A-type(DVD付)
    • CYCR-10001 3500円
    • B-type
    • CYCR-10002 3000円
Dear Loving プロフィール

ディアラヴィング:当時同じ中学の同級生だった現メンバーにて結成。その後、BOØWYのコピーバンドを5年間続け(危うく本家よりBOØWY歴が長くなるところ…)、98年より大阪を中心にライヴ活動をスタートさせ、01年に独自のジャンル“ポジポック(ポジティブでポップでロック)”をバンドコンセプトに掲げる。結成16年目となる09年、ついにシングル「Fly high」でメジャー進出を果たした!Dear Loving オフィシャルサイト
MASA OFFICIAL BLOG
YUKI OFFICIAL BLOG
KURO OFFICIAL BLOG

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着