【赤色のグリッター×Shout it Out】
『うたごころ、結髪』2016年10月5日
at TSUTAYA O-WEST

撮影:西槙太一/取材:山口智男

 ひたすら真っ直ぐなShout it Out、ちょっと癖のある赤色のグリッター。それぞれに表現の仕方は違ったものの、両者が訴えかけたのは、“うたごころ、結髪”と題したツアータイトルにもある通り、それぞれの歌心だった。

 同世代のバンドとしてお互いに尊敬し合うと同時に、ライバル心も燃やしながら熱演を繰り広げた今回の5公演を通して、彼らの絆がさらに強いものになったことがそれぞれのMCからも伝わってきた。しかし、“(ツアーが)終わるのがつらいならこんなに仲良くならなきゃ良かった”と言ったShoutに対して、赤グリはShoutのメンバーをイジりながら縮まった距離を表現した。そんなところにも、それぞれの個性がしっかりと表れていたところも面白かった。

 先日の9月3日のライヴを最後にギタリストとベーシストが脱退したShoutは、このツアーからサポートメンバーを迎えていたが、山内彰馬(Vo&Gu)の両脇でエネルギッシュに動き回るサポートふたりのパフォーマンスはShoutのステージに躍動感をプラス。演奏がひとつになった時に生まれるグルーブという意味では、まだまだこれからながらも、それを期待させるという意味で、彼らはバンドの変化を伸びしろだと感じさせた。

 7月にリリースしたメジャーデビューシングル「青春のすべて」をはじめ、お馴染みの曲に加え、12月7日にリリースするニューシングル「DAYS」も披露。ファルセットを交えた歌が印象的な新曲をこの日はいつにも増して力強い歌声で披露した山内は、“バンドが歩き続ける意思表示。未来を歌った曲”と紹介した。

 一方の赤色のグリッターは、序盤、盆踊りパートも含む「海より」で早速盛り上げ、客席の温度を一気に上げると、“歌を最後までちゃんと歌いたいと思います”と佐藤リョウスケ(Vo&Gu)が宣言。その言葉通り、疾走感のあるナンバーからバラードまで、緩急自在のリズムをはじめ、それぞれに変化を付けた多彩な曲を披露しながら、1曲ごとにさまざまな感情を込め歌い上ていった。聞けば、この日は歌を聴かせる楽曲を多めに選んだという。その意味では、ダンサブルなビートに観客が手拍子で応え、大きな盛り上がりを生んだ「ラン・ロン・ロン」よりもむしろ胸を打つ歌が印象に残ったバラードの「小さな瞳」のほうが聴きどころだったと言えるかもしれない。

 ブレスが絶妙な佐藤のヴォーカルをはじめ、一見風変わりなバンドに思えるが、バンドそのものというか、その表現には太い芯が一本びしっと通っているようだ。変化球が多めの癖の強い演奏からも力強いグルーブが感じられた。

 何事にも終わりがあることを理解しながら、突然の別れに翻弄される気持ちを歌ったアンセミックな「風は突然に」ほど、ラストナンバーに相応しい曲はなかったと思う。もちろん、そこで終わるわけはなく、アンコールではここでしか観られない貴重なセッションも実現。赤グリの演奏で、佐藤と山内が一緒に歌った赤グリの「ハナミズキ」、そしてShoutの演奏で、山内と佐藤、さらには観客も一緒に歌ったShoutの「青春のすべて」で全5公演にわたるツアーは大団円を迎えた。

セットリスト

  1. 【Shout it Out】
  2. 1.一から
  3. 2.光の唄
  4. 3.若者たち
  5. 4.トワイライト
  6. 5.ハナウタ
  7. 6.列車
  8. 7.17歳
  9. 8.DAYS
  10. 9.逆光
  11. 10.生きている
  12. 11.青春のすべて
  13. 【赤色のグリッター】
  14. 1.君に会いに行く
  15. 2.わたしのほんね
  16. 3.海より
  17. 4.愛の舌打ち
  18. 5.指切りげんまん
  19. 6.息をとめる
  20. 7.クローバー
  21. 8.小さな瞳
  22. 9.泣くなよ
  23. 10.ラン・ロン・ロン
  24. 11.神様の涙
  25. 12.風は突然に
  26. <ENCORE>
  27. 1.ハナミズキ/赤色のグリッター
  28. 2.青春のすべて/Shout it Out
Shout it Out プロフィール

シャウト・イット・アウト:2012年4月、高校の軽音楽部のメンバーで結成。地元である大阪府堺市を拠点に活動中。15年の『未確認フェスティバル2015』では3,254組の中からグランプリを獲得。16年7月にシングル「青春のすべて」でメジャーデビュー。同年9月にメンバーの脱退があり、山内と細川のふたり体制に。18年7月から8月にかけて行なう初のワンマンツアーをもって解散することを発表している。Shout it Out オフィシャルHP

赤色のグリッター プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着